こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本の職人がネコのために作ったハイクオリティの家具が話題に 海外の反応

日本の職人がネコのために作ったハイクオリティの家具が話題に 海外の反応

【ネコ家具できました】篇
https://www.youtube.com/watch?v=zILTkdBQvNY

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/10/22 17:50 ] 日本 | TB(0) | CM(4)

日本で目撃したカウンタック 海外の反応

日本で目撃したカウンタック 海外の反応
日本で目撃したカウンタック

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/22 08:45 ] 日本 | TB(0) | CM(29)

海外「素敵な試みだ」 日本に世界初「義足の図書館」がオープン 海外の反応

海外「素敵な試みだ」 日本に世界初「義足の図書館」がオープン 海外の反応
「義足の図書館」がOPEN 大人も子供も気軽に試走
 競技用義足を気軽に試着できるレンタル店「義足の図書館」が15日、東京・豊洲のランニング施設内にオープンした。

 カーボン製で軽い競技用義足は1本あたり約20万~60万円で、歩行用の義足よりも高価だが、利用者は1回500円で複数の種類で試走もできる。

 義足開発ベンチャー「Xiborg(サイボーグ)」の遠藤謙代表らが購入資金をクラウドファンディングで募り、子ども用から大人用まで24本の競技用義足やひざ継手(つぎて)をそろえた。日本で初めてのサービスという。

 この日の体験会に参加した小学4年生の斎藤暖太(はるた)くん(10)は「地面を蹴る感触が楽しかった」と振り返った。

 インターネットでの事前予約が必要。試着料の他に施設利用料がかかる。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/21 18:15 ] 日本 | TB(0) | CM(19)

超大型の台風21号 日本に接近中 海外の反応

超大型の台風21号 日本に接近中 海外の反応
【台風21号】2015年以来の超大型台風、23日に直撃
台風21号は今年初めて超大型に。23日(月)に本州にかなり接近・上陸の恐れ。朝の通勤・通学時は広く大荒れの天気となり、交通機関が大きく乱れる可能性もあります。

◆台風21号の特徴

台風21号は20日(金)現在、超大型で強い勢力となっています。超大型となるのは2015年の台風23号以来で、今年初めてです。台風の大きさは強風域の半径で決まり、超大型は800キロメートル以上です。それだけ広範囲に影響が及ぶ可能性があります。

22日(日)には沖縄に接近し、23日(月)には本州にかなり接近、上陸の恐れがあります。さらに本州の南岸沿いに停滞する秋雨前線の活動が活発になり、台風の上陸前から雨が強まる恐れもあります。

台風や前線の影響で非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、記録的な大雨となる恐れがあります。また、広い範囲で非常に激しい風が吹き、走行中のトラックが横転するような猛烈な風が吹き荒れる所もあるでしょう。大雨や暴風、高波、高潮などによる重大な災害が発生する恐れがあります。大荒れの期間は交通機関が大きく乱れる可能性もあり、交通情報にも注意が必要です。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/21 08:15 ] 日本 | TB(0) | CM(22)

海外「史上最強の乗り物だ!」 ホンダの「スーパーカブ」1億台生産達成 海外の反応

海外「史上最強の乗り物だ!」 ホンダの「スーパーカブ」1億台生産達成 海外の反応
ホンダの「スーパーカブ」1億台生産達成で記念式典
大手自動車メーカー「ホンダ」の創業者、本田宗一郎氏が開発を指揮し、およそ60年にわたって世界中で販売されているオートバイ「スーパーカブ」が今月、生産台数1億台を達成しました。これを記念してスーパーカブを生産している熊本県の工場で式典が行われました。
昭和33年に発売されたホンダのオートバイ、スーパーカブは、160を超える国や地域に普及し今月、オートバイでは初めて世界生産1億台を達成しました。

これを記念して熊本県大津町にあるホンダの工場では、八郷隆弘社長をはじめ関係者およそ1000人が出席して式典を開きました。

会場では国内外に普及するスーパーカブの歴史がまず映像で紹介されました。
そのあと八郷社長が「60年近く前の商品がいまだに若さをたもって世界中から愛されているのは、本当にすごいことです。カブのように愛されるものを作れるよう、志を1つにしてチャレンジしていきたい」とあいさつしました。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/20 17:50 ] 日本 | TB(0) | CM(29)

トランプ大統領 11月に天皇陛下に謁見か 海外の反応

トランプ大統領 11月に天皇陛下に謁見か 海外の反応
トランプ大統領 11月に天皇陛下に謁見か
トランプ米大統領は11月に訪日した際に、天皇陛下に謁見する可能性がある。17日、フィナンシャル・タイムズ紙が、消息筋の情報として報じた。

消息筋によると、トランプ大統領は11月6日に天皇陛下に謁見する予定。その前には安倍首相との会談が予定されているという。

日本外務省の情報によると、トランプ大統領の訪日スケジュールはまだ最終的には決まっていない。

なおフィナンシャル・タイムズ紙は、オバマ前米大統領が在任中の8年間で天皇陛下に謁見したのは2回だと指摘している。

先に米ホワイトハウスは、トランプ大統領の11月のアジア歴訪日程を発表した。トランプ大統領はアジア歴訪の最初の訪問国として11月5~7日の日程で日本を訪れる。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/20 08:20 ] 日本 | TB(0) | CM(77)

日本には豚のストレスを減らすため水の代わりに緑茶を与える養豚場が存在するらしい 海外の反応

日本には豚のストレスを減らすため水の代わりに緑茶を与える養豚場が存在するらしい 海外の反応
スレッド・今日学んだこと「日本のある農場はストレス解消、味、病気予防のために豚に水の代わりに緑茶を与えている」より

参考
緑茶飲ませ癖のない肉 静岡ブランド「TEA豚 」

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/19 18:15 ] 日本 | TB(0) | CM(21)

月のコロニー化が現実に? かぐやが月地下に巨大空洞を発見して海外大興奮 海外の反応

月のコロニー化が現実のものに? かぐやが月地下に巨大空洞を確認して海外大興奮 海外の反応
かぐや、月地下に巨大空洞を確認
JAXAなどのチームは2017年10月18日、月周回衛星「かぐや」のデータから月の地下に巨大な空洞があることを確認したと発表しました。

かぐやは電波レーダーや月レーダーサウンダーを利用し、月の火山地域の地下の数10mから数100mに、複数の空洞を確認。もともと月には巨大な縦穴があることが知られていましたが、そのうちの一つはこの縦穴を東端として西に約50km伸びる大きなものとのこと。
 
月には過去に溶岩が流れた跡となる「溶岩チューブ」の存在が予測されていました。今回の地下空洞はその溶岩チューブや月の進化の研究に役立つことが予測されます。さらに放射線を低減できる地下空洞は月基地の建設候補地としても期待できるのです。
 
かぐやは2009年に、マリウス丘にて直径深さ50mの縦穴を発見していました。そして月レーダサウンダーの反射から、今回の地下空洞の存在が判明したのです。ただし、このように地上に口を空けた地下空洞は少ないことも予測されています。

現在アメリカは月の有人探査を再開すると発表しており、日本でもアメリカと協力しての日本人宇宙飛行士の派遣が提案されています。ここに来て、再び人類の月進出への期待が大きく盛り上がってきたと言ってよさそうです。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/10/19 07:45 ] 日本 | TB(0) | CM(33)
スポンサードリンク
スポンサードリンク