こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

中国が次世代ステルス戦闘機「J20」 実戦配備 海外の反応

中国が次世代ステルス戦闘機「J20」 実戦配備 海外の反応
中国の次世代ステルス戦闘機「J20」、実戦配備
2017年3月10日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、中国国営中央テレビ(CCTV)は9日、中国空軍が次世代ステルス戦闘機「殲(J)20」を実戦配備したと伝えた。

J20は中国が米軍の戦闘機F22を意識して開発した国産戦闘機。中国国産輸送機「運20(Y20)」、大型爆撃機「轟6(H6)」とともに空軍に配備された。CCTVはJ20が雲を突き抜け、砂漠の上を飛行する映像を放映した。

J20は長距地弾頭、避雷レーダーなどを装備。中国軍の装備強化、西部への展開を象徴。広東省珠海で昨年あった航空ショーで披露されていたが、今回初めて官製メディアが空軍への配備を伝えた。中国は現在、世界で最も急ピッチで軍拡を進めている。英シンクタンクの国際戦略研究所(IISS)は先月発表した報告書で「中国の軍事技術は西側諸国をモデルにしている」と指摘していた。

中国は先週、今年の軍事費が前年比7%になると発表。米ブルームバーグ通信は、1991年以来最大の伸びと伝えた。中国の軍事支出は世界2位だが、首位の米国には大きく水を開けられている。

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/03/13 09:31 ] 中国 | TB(0) | CM(30)

「外交断絶も検討すべき」 中国、韓国でのTHAAD用地確保に猛反発 海外の反応

「外交断絶も検討すべき」 中国、韓国でのTHAAD用地確保に猛反発 海外の反応
中国、韓国でのTHAAD用地確保に猛反発 外交・貿易に影響も
韓国ロッテグループの系列会社が27日、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備が予定されている所有地の韓国政府への提供を承認したことを受け、中国国営メディアは韓国製品の不買運動を呼び掛けるなど猛反発している。

中国政府はTHAADは国家安全保障上の脅威であり、北朝鮮との緊張緩和につながらないとして、配備に反対している。

中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙である環球時報の英語版は28日付の社説で、ロッテは中国から撤退すべきだと主張。「中国社会は、韓国から輸入される製品や娯楽商品に対する制限の拡大に自主的に協力し、必要な場合には阻止すべきだ」と提案した。

同紙の中国語版は、韓国メーカーの自動車と携帯電話も制限対象にすべきだとし、「代わりは十分にある」と指摘した。

人民日報の海外版は27日遅く、無料メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」で、韓国との外交断絶も検討すべきと提案。「THAADが実際に韓国に配備された場合、中国と韓国は外交断絶に向かう可能性に直面する」とした。

国営の新華社は27日遅くに出した解説記事で、中国はロッテを「歓迎しない」とし、「中国の消費者は、『国家の安全保障』の見地から、このような企業やその商品を断固拒絶することができる」との見解を伝えた。


(海外の反応をまとめました)
[ 2017/02/28 17:45 ] 中国 | TB(0) | CM(18)

「日本製依存から脱却」 中国が悲願だったボールペンのペン先の国産化に成功 海外の反応

「日本製依存から脱却」中国が悲願だったボールペンのペン先の国産化に成功 海外の反応
中国がボールペンのペン先を自主開発、輸入依存から脱却へ―中国メディア
中国の製造業には長期にわたり、一つの問題が存在していた。李克強首相が指摘しなければ、多くの人がそれを知らなかったことだろう。中国のペン製造メーカーは3000社以上、従業員20万人以上、そして年間400億本以上の生産量という「ペン製造大国」になっているが、この誇らしい数字の裏側には、コア技術と材料が極度に輸入に依存するという苦境が隠されていた。ペン先に使われる大量の「ボール」を、輸入しなければならないためだ。

中国は製造業大国であるが、なぜ小さな部品さえ自国で開発・生産できないのだろうか。

寧波貝発集団品質部責任者の徐君道氏は「私がペン業界に入ってから、ボールペンのステンレス材料は日本から輸入していた。国内のみならず、海外のペンに使われるステンレス材料も日本製だ」と話した。

ボールペンの先端はボールと口金に分かれる。直径0.5~1.0ミリの炭化タングステンボールならば、中国は国内の生産の需要を満たせるばかりか、大量に輸出している。しかし直径2.3ミリのチップ径については、生産設備にせよ原材料にせよ、長期的にスイスや日本などの国が掌握する領域だった。中国は毎年、380億本を生産するため、1トン12万元(約200万円)の価格でペン先に使われる1000トン以上の鋼材を輸入し、1500万ドルもの外貨をその代金として支出していた。

中国は数百億本のボールペンに「中国のペン先」をつけるため、2011年にこの重点プロジェクトの難関突破を開始した。 …

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/01/12 09:46 ] 中国 | TB(0) | CM(108)

中国がついに国産ステルス機「J20」を一般公開 海外の反応

中国がついに国産ステルス機「J20」を一般公開 海外の反応
中国国産ステルス機「J20」、初の一般公開 大空を飛翔
中国軍の国産ステルス戦闘機「J20(殲20)」が中国・珠海市で始まった中国国際航空宇宙博覧会で初公開された。

J20は、米軍のF22やF35の対抗機となると目されている

中国国際航空宇宙博覧会は1日から6日までの日程で開催され、中国やロシアの防衛企業が参加する。

(海外の反応をまとめました)
[ 2016/11/01 18:16 ] 中国 | TB(0) | CM(25)

韓国警備艇沈没を巡り非難合戦 中韓の緊張が高まる 海外の反応

韓国警備艇沈没を巡り非難合戦 中韓の緊張が高まる 海外の反応

<韓国高速船沈没>中韓両国の緊張が高まる

中国漁船が韓国の高速船に体当たりして沈没させた事件で、中韓両国の緊張が高まっている。韓国政府は不法漁船に重火器を使用する強硬策を発表。中国は反発し、批判合戦となった。韓国の強硬姿勢の背景には、政権批判をかわす思惑や、在韓米軍の迎撃ミサイル配備問題で対中感情が悪化していることがある。

 13日、韓国国会の外交統一委員会で政府の対応が不十分との指摘が相次いだ。尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「(中国側の対応は)容認できない面も多いが……」と釈明に追われた。

 批判の発端となったのは、韓国北西部・仁川(インチョン)沖の韓国側の排他的経済水域(EEZ)内で7日、不法操業していた中国漁船が韓国海洋警備安全本部の高速船に体当たりし沈没させた事件だ。韓国政府は11日、中国の不法漁船にバルカン砲など重火器を使うことを容認。外務省は11日、邱国洪・駐韓中国大使を呼び、沈没事件について抗議した。

 中国外務省は12日、高速船が沈没した場所は「中韓の漁業協定で定められた水域だ」と主張。韓国外務省は12日、「公権力への挑戦に対する我々の措置は正当だ」と反論した。(後略)


(海外の反応をまとめました)
[ 2016/10/16 09:32 ] 中国 | TB(0) | CM(26)
スポンサードリンク
スポンサードリンク