こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本の小学生たちが神ワザでなわとび世界記録を更新! 海外の反応


これぞ神ワザ!日本の小学生たちが見事な足さばきで、なわとび記録を更新!
日本の学生たちが、またしてもなわとび(長縄8の字跳び)のスキルをみせつけ、ギネス世界記録タイトル「1分間でチームで単一ロープを跳んだ最多縄跳び回数|Most skips over a single rope in one minute by a team」を更新しました。

静岡で活動しているE-Jump Fuji(イー・ジャンフジ)は1分間という短いスパンで230回もジャンプ!これは前回、同じ静岡で達成された記録より5回多い結果となりました。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2018/05/26 16:40 ] 日本 | TB(0) | CM(11)

MLBが日本の一番いい選手を全部取って行くことに日本人は怒ってる? 海外の反応

MLBが日本の一番いい選手を全部取って行くことに日本人は怒ってるの? 海外の反応
MLBが日本のベストプレーヤーを全部取って行くことに日本人は怒ってるの?

(海外の反応をまとめました)


[ 2018/05/26 07:11 ] 日本 | TB(0) | CM(61)

トトロをテーマにした初のジブリ公認レストランがタイにオープン 海外の反応

トトロをテーマにした初のジブリ公認レストランがタイにオープン 海外の反応
トトロをテーマにした初のジブリ公認レストランがタイにオープン
日本の「ジブリパーク」はオープンまで数年ありますが、アジアのアニメファンは宮崎駿の世界を満喫できる別の場所を手に入れられるでしょう。間もなくタイにトトロをテーマにしたレストランがオープンしようとしています。

バンコクの「May’s Garden House Restaurant」は宮崎の傑作映画「となりのトトロ」をテーマにしたレストランで、世界初のジブリ公認レストランになります。

(海外の反応をまとめました)


[ 2018/05/25 18:45 ] 日本 | TB(0) | CM(17)

いまでも19世紀の製法で作られる日本の「ラムネ」に海外興味津々 海外の反応

いまだに19世紀の製法で作られる日本の「ラムネ」に海外興味津々 海外の反応
いまだに19世紀の瓶で出てくる日本の「ラムネ」
「ラムネ」として知られる日本の飲み物を開けるのはほとんど家具を組み立てるのと同じくらい複雑です。まずシール剥いで、蓋を取って、それを使ってビー玉という珍しい封印を押し下げる必要があります。ビー玉が滑り落ちる時、非常に心地良いシュワーという音が聞こえるでしょう。さあ次は蓋を捨てて飲みましょう。ビー玉が瓶の口を再びブロックしてしまわないように、ゆっくりとね。それはソーダと風船ガムが合わさったような味がするでしょう。

ラムネは日本で人気ですが、その特徴の多くはヨーロッパのものです。ラムネの原形は神戸に住んでいたスコットランド人の薬剤師、アレクサンダー・キャメロン・シムが考案しました。1884年、シムはレモネードを元にした新たな炭酸飲料の製造法を作成し、それを仲間の外国人に向けて販売しました。やがてコレラの治療薬として評判を集め人気が上昇し、日本語のレモネードに近いことからラムネという名前を付けられました。

当時の炭酸飲料の瓶にはイギリスの発明でビー玉とゴムリングを使ったコッド・ネック・ボトルしかありませんでした。しかし1892年にボトルキャップが開発された後にはそれは時代遅れになり、今では日本のラムネがその方式を使っている数少ない飲み物になっています。

瓶は古風なものですが、コーンスープやカレー、タコ焼きソース味など、ラムネは様々なモダンな味を取り揃えています。

(海外の反応をまとめました)


[ 2018/05/24 17:31 ] 日本 | TB(0) | CM(23)

インドでクリケットの夢を追う日本の元プロ野球選手 海外の反応

インドでクリケットの夢を追う日本の元プロ野球選手 海外の反応
インドでクリケットの夢を追う日本の元プロ野球選手
クリケット選手に転身した元広島の木村昇吾が、本場インドのメディアに登場し、話題となっている。インド紙「ムンバイ・ミラー」が「インディアン・プレミア・リーグ出場をかけたプロ野球選手の冒険」と題して、特集記事を掲載。将来的に世界最高峰のインドリーグでプレーする可能性もあると伝えている。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2018/05/24 10:10 ] 日本 | TB(0) | CM(14)
スポンサードリンク
スポンサードリンク