こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

オーストラリアでプレミアムな日本風ブラートブルスト(ドイツ風ホットドッグ)を食べたよ 海外の反応

オーストラリアで日本風ブラートブルスト(ドイツ風ホットドッグ)を食べたよ 海外の反応
スレッド「新鮮なワカモレ、蒸したご飯、テリヤキソース、パイナップル、紅しょうが、日本のマヨネーズ、ふりかけのトッピングされたプレミアム・ブラートヴルストを食べた」より

ブラートヴルストとは、通常仔牛肉、豚肉、または牛肉で作るソーセージである。- Wikipedia

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/06/13 18:45 ] その他世界 | TB(0) | CM(17)

女性の脳は男性に比べ小さく、知能指数も低いが記憶力は上であることが判明 海外の反応

女性の脳は男性に比べ小さく、知能指数も低いが記憶力は上であることが判明 海外の反応
女性の脳は男性に比べ小さく、知能指数が低い しかし記憶力は上であることが判明
 エラスムス大学(オランダ)が実施した男女約900人のMRIスキャンに基づく研究によると、男性の脳は約14%大きくIQは3.75ポイント高いことが判明した。また空間認識能力ではるかに上回った。
 研究を指導したDimitri van der Lindenは「男性の脳が女性の脳より大きいことを発見した。様々なテストで女性の知能が低いのはこのためであることを示している。我々は女性の脳の方がより機能的で情報処理を効率よく行うことができるかもしれないという研究を知っているが、今回の研究ではこの点は調査していない」と語った。
 女性は18枚の絵の順番を思い出すことを含む記憶力のテストで男性を上回ったが、全体的な知能に違いを生まなかった。
 ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの実験心理学教授ジョセフ・デブリン博士は「よく研究されているが、これとは反対を示す研究も多くあるので、男性の方が知的であるという主張には懐疑的であるべきだ」と語った。
 カリフォルニア大学の研究では女性の脳は小さいが脳細胞のつながりが男性よりも大きく処理が早いことが明らかになっている。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/05/07 19:15 ] その他世界 | TB(0) | CM(110)

フレグジット来る? フランス大統領選 マクロン氏とルペン氏が決選投票へ 海外の反応

フレグジット来る? フランス大統領選 マクロン氏とルペン氏が決選投票へ 海外の反応
フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ
23日に実施されたフランス大統領選の第1回投票は、投票終了直後に発表された出口調査で、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が5月7日の決選投票に進む見通しとなった。

妻の不正給与疑惑が打撃となり支持が伸びなかった中道右派・共和党のフィヨン元首相は敗北を認め、決選投票でマクロン氏を支持すると表明した。…

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/04/24 18:31 ] その他世界 | TB(0) | CM(40)

パリで中国人が怒りの抗議デモ、警官隊と衝突 海外の反応

パリで中国人が怒りの抗議のデモ、警官隊と衝突 海外の反応
パリ在住中国人が抗議デモ、警官が中国系住民射殺
 パリ19区に住む中国人男性が警官に射殺された事件を受けて、アジア人コミュニティーの住民が28日夜、同区の警察署前で抗議集会を開いた。

 「警察、人殺し!」と口々に叫ぶ参加者は、56歳で死んだShaoyo Liuの死を悼んで、現場近くの路傍に花束を捧げた。Liuさんは26日夜、大声でわめく声を聞いた隣人が「ケンカではないか」という通報で、アパートに踏み込んできた警官に撃たれて死亡した。

 Liuさんの死を巡っては、アパートの住民と警察の見解には相違がある。警察は、“刃物”で襲われた警官が発砲した正当防衛を主張。

 コミュニティの間では、Liuさんはハサミで子どもに魚の身を切り分けていただけで、だれも傷つけていなかったといわれている。

 この事件を受けて、中国外務省の華春瑩報道官は北京のフランス大使館の代表を外務省に呼び寄せ、フランス当局の「迅速な真相究明」を求めた。

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/03/31 09:15 ] その他世界 | TB(0) | CM(67)

ドゥテルテ比大統領「私にどうしろというのか。中国は止められない」 海外の反応

ドゥテルテ比大統領「私にどうしろというのか。中国は止められない」 海外の反応
南シナ海問題、「中国を止められない」ドゥテルテ比大統領
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は19日、中国はあまりに強大であり、フィリピンや中国が領有権を争う南シナ海(South China Sea)のスカボロー礁(Scarborough Shoal)で中国が進めている構造物建設を止めることはできないと述べた。

 2012年から中国が実効支配するスカボロー礁に関しては、西沙諸島(英語名:パラセル諸島、Paracel Islands)の永興(Yongxing)島(英語名:ウッディー島、Woody Island)に中国が設立した三沙(Sansha)市の市長が、環境モニタリング基地を建設すると語ったと伝えられている。

 この報道についてミャンマー訪問を前に記者会見で尋ねられたドゥテルテ大統領は「われわれは中国を止めることはできない」と述べた。

 さらに同大統領は「私にどうしろというのか。中国に宣戦布告をしろとでも。それはできない。(中国と交戦すれば)わが国は明日にも全ての軍隊と警察を失い、破壊された国となるだろう」と語り、中国に対しては「(問題の)海域を封鎖せず、わが国の沿岸警備隊に干渉しないよう」求めると語った。

 またドゥテルテ大統領は、明白なフィリピン領だと国連(UN)が認めている、ルソン(Luzon)島東部沖のベンハム隆起(Benham Rise)近辺で中国の調査船が目撃され懸念が生じていることについてもこれを一蹴し、中国への不満は「とるに足らないことだ」と表現した。

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/03/21 18:15 ] その他世界 | TB(0) | CM(81)
スポンサードリンク
スポンサードリンク