こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

連続殺傷事件の手記「絶歌」がベストセラーに 海外の反応

連続殺傷事件の手記「絶歌」がベストセラーに 海外の反応

連続殺傷事件の手記「絶歌」が週間売り上げ1位に 販売自粛の書店も

 出版流通大手のトーハンが16日発表した週間ベストセラー(7~13日)で、神戸市連続児童殺傷事件の加害男性による手記「絶歌」(太田出版)が総合1位となった。同書は11日に発売され、版元によると初版10万部。

 同書の販売については書店の対応も分かれ、東京都と神奈川県で38店舗を展開する啓文堂書店では被害者遺族の心情に配慮して、全店で同書を販売しておらず、客からの注文も受け付けていない。また通販サイト「丸善&ジュンク堂ネットストア」では16日正午現在、同書は「現在ご注文いただけません」と表示されている。担当者によると在庫切れの上、版元と連絡が取りにくい状況で入荷の予定がないためという。

 同書の出版をめぐっては、平成9年に男性に殺害された土師淳君=当時(11)=の遺族が同社に抗議し、回収するよう文書で求めている。


(海外の反応をまとめました)





■ ひどい話だ。



■ 被害者や家族への敬意がない。



■ インターネットって聞いたことがあるだろ?そこで発表すればよかったのに。



■ 彼は刑期を終えて自由。それでこの本を出版。彼のサイコパスでナルシストな面が出てると思う。連続殺人犯にとっては騒ぎや他人の苦しみは原動力。



■ 家族に事前に知らせてないだって…。死んだ人に敬意を。



■ この残忍さに刺激されて新たな10代の殺人者が現れても驚かない。自由になって自分の犯した罪でお金儲けをしているなんてひどい話だ。



■ 日本人は礼儀正しいとか道徳的だとか言うくせに、こういうものが飛ぶように売れるなんて。このような場合、欧米の方がより理解があって人間的だね。



■ 彼は更生したからこんな本を書けたのだという人がいるかもしれないけど、もし本当にそうなら、遺族に事前に連絡したはずだ。



■ この臆病者を吊るしておくべきだった。



■ 彼の居場所を特定して苦しみとはどんなものか教えてやるというのはどうだろう?

■ もう大人だし特定されるべきだね。




■ 被害者の家族に苦しみを与えただろうし、こんな本を何で読みたいなんて思う?お金のために出版した会社は恥を知れ。

■ 読んでみたい。なぜ検閲する必要がある?こういう人間の心を知って初めて犯罪を抑止できる。みんなが暴力的な人の心を知っていれば、似たような若者を特定できるかもしれない。

■ 彼は自分の悪魔的な行為から利益を得ているからな。




■ 少なくとも遺族は印税を払われるべき。



■ クラスメートを殺して食べてった男が本を書いてなかった?人を殺して本で全てを告白ってのが定番になっているようだ。



■ 大阪の本屋に行ったら少女が泣きながらバラバラに切り刻まれるコミックが置いてあったよ。日本には病的な面がある。



■ 買うよ。

■ お前は気持ち悪い奴だ。




■ 彼は政府から別名を与えられて普通の生活を送っているらしい。正義はどこにあるんだ?

■ ジェームス・バルガー事件で同じようなことはあった。今回の場合は事件をネタに利益を得ているのが問題だね。



ソース1
関連記事

[ 2015/07/03 10:17 ] 日本 | TB(0) | CM(21)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 48607 ]
日本人は、映画「ザ・コーヴ」への批判活動に対して言論の自由を標榜し弾圧した。
日本人に「絶歌」を批判する資格はない。
[ 2015/07/03 11:01 ] [ 編集 ]
[ 48608 ]
アメリカだったらもっと売れたでしょw
対策法案があるくらいだし
なんとかの息子法だっけ?
[ 2015/07/03 11:06 ] [ 編集 ]
[ 48609 ]
48607
弾圧なんかされてないし、この件と関係ないだろ低脳(笑)
[ 2015/07/03 11:10 ] [ 編集 ]
[ 48610 ]
言論うんぬんはともかく、
こんな心のイカレた残虐なことをした人間の精神を
覗いて見ようと思う連中が多いことの方に驚くよ。

取り扱いを間違って腐って異臭を放つ食品の臭いを
わざわざお金払って嗅ぎにいく人たち。うーむ理解できんな。
[ 2015/07/03 11:18 ] [ 編集 ]
[ 48611 ]
本を買い犯罪者の心理を知りたいひとは明日は我が身だと感じたり他人事に思えないと感じてる人もいる。収入が著者に入るのは気に入らないが 事件に無関心になっていくのもどうかな。
[ 2015/07/03 11:32 ] [ 編集 ]
[ 48612 ]
私が遺族ならこんな本の印税いらないからそっとしておいてほしい
こんな本買う奴も出版社も少年Aもくるってる
[ 2015/07/03 11:33 ] [ 編集 ]
[ 48613 ]
ヘイトスピーチが言論の自由の象徴であるように、この本も同じだ。

マスゴミが記事を捏造して儲ける自由が在る様に、誰にでも出版の自由はある。

在り来りな本よりも、こういう類の本が売れ、それで儲ける出版社の商魂こそ称賛すべきだ。
[ 2015/07/03 11:34 ] [ 編集 ]
[ 48614 ]
>>日本人は礼儀正しいとか道徳的だとか言うくせに、こういうものが飛ぶように売れるなんて。このような場合、欧米の方がより理解があって人間的だね。

ジャッ プの二面性はWW2で明らかなのに今更だな
加藤の乱の被害者や鉄道自殺のマグロに写メの為に群がるジャッ◯の写真など
枚挙に暇がない
[ 2015/07/03 12:00 ] [ 編集 ]
[ 48615 ]
自己紹介乙
[ 2015/07/03 12:06 ] [ 編集 ]
[ 48616 ]
サムの息子法って言って、アメリカで殺人犯が自分の体験談を映画にするみたいなのが横行しちゃったから
規制法作られてるんだよ向こうでは
どの国でもそう言う輩は出てくる、被害者のためにそれらの利益を没収する法律を日本でも作るしか無い

犯罪で得た不法利益は没収するという規定事態はあるのだからこれを過大解釈すれば、犯罪行為を利益化するのも不法収入としてみることだって出来るはず
[ 2015/07/03 12:08 ] [ 編集 ]
[ 48618 ]
>アメリカだったらもっと売れたでしょw

↑少なくともそこは草生やすところじゃねーなあ。規制があるということは、犯人の殺し得を許さないと社会の良心が働いたということ。翻って日本はどうだ?規制も何もないんだぞ。お前みたいに他国の揚げ足取るだけの役立たずはたくさんいるがな。
[ 2015/07/03 12:45 ] [ 編集 ]
[ 48623 ]
アメリカでは、殺人被害者の実話を映画化とか多いけどね。
あれは、どうなんだろ?
『ボーイズ・ドント・クライ』とか、『BULLY』とか。
あのように、性的嫌がらせとか、虐めで正当殺人とか。
そういったのを面白おかしく映画化はOKなの?
あれだって、被害者家族は知りたくないと思うけどね。
外人って、極端だな。自分達は良くても、日本はダメとか。
そもそも、司法取引で殺人犯を無罪とかするくせに、
そっちの方が、本当に変な国と思うぞ!
[ 2015/07/03 16:05 ] [ 編集 ]
[ 48624 ]
この本に触発されてつぢの犯罪者が出ないことを祈るばかりだよ。
この本が専門家で無い一般の人や特に青少年の目に触れることは害悪でしかない。
[ 2015/07/03 16:24 ] [ 編集 ]
[ 48625 ]
なにが可笑しいって、心情的な観点から死刑賛成派がほとんどのこの国で凶悪犯が出した本がベストセラーになること
死刑賛成派がいかに偽善的であるのかがよく分かる
[ 2015/07/03 17:00 ] [ 編集 ]
[ 48628 ]
太田出版だよな、小学館以上に許さん
みなさんも不買運動よろしくお願いします
[ 2015/07/03 18:18 ] [ 編集 ]
[ 48629 ]
48609
絶歌とザ・コーヴが関係ないってw
低能って言葉を1000回音読してみろ
[ 2015/07/03 18:51 ] [ 編集 ]
[ 48632 ]
48607
48629
砂糖水飲む?
[ 2015/07/03 21:19 ] [ 編集 ]
[ 48639 ]
 
犯罪者の心理を知りたいから、この本を購入するっていうのは単なる言い訳。あんな自己憐憫のマスターベーションみたいな本なんてなんの意味もない。
少年犯罪はなくならないし、他人の心の闇なんて理解できるわけがない。
[ 2015/07/03 22:26 ] [ 編集 ]
[ 48646 ]
48632
頭の悪い煽り方w
[ 2015/07/03 23:30 ] [ 編集 ]
[ 48712 ]
>48623
実録の凶悪殺人をモデルにした映画なんて日本にだってあるよ。そもそも根本的に勘違いしてるようだけど、絶歌は殺人犯本人が犯した罪を金儲けの道具にしようとしてるから問題になってんの。映画を撮るったって殺人犯本人が主役を演じたり、メガホン取る訳じゃないだろ。何を勘違いしてアメリカ批判してんのかね、極端なのは君だよ。
[ 2015/07/05 15:47 ] [ 編集 ]
[ 48739 ]
48607
こいつ低脳だろw
誰も「ザ・コーヴ」の話をしろって言っていないのに
勝手にペラペラと話している時点でダメだわ
[ 2015/07/05 22:43 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク