こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

村上春樹がノーベル賞を逃すのを見守ることが伝統になりつつあると海外で紹介 海外の反応

村上春樹がノーベル賞を逃すのを見守ることが伝統になりつつあると海外で紹介 海外の反応

春樹ファン、今年もがっかり=「また来年楽しみに」-ノーベル文学賞

 村上春樹さんがノーベル文学賞受賞を逃した8日夜、東京都内のブックカフェに集まって発表を待ったファンからは、「今年こそはと思ったのに」「残念」と落胆の声が上がった。
 
 東京都杉並区のカフェ「6次元」では2008年の開店以来、世界各国から村上作品のファンが集まって定期的に読書会を開いている。この日も国内外のファン約10人がシャンパンを用意して発表の中継映像を見守ったが、ベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチさんの受賞が決まると、「だめだったか」とため息が漏れた。
 同店店主のナカムラクニオさん(44)は「アレクシエービッチさんの受賞は当然過ぎて驚きはない。今年が彼女なら、村上さんの番も限りなく近いはず」と来年以降に期待。毎年、同店で発表の瞬間を迎えているという板橋区の渡辺奈央さん(37)は「今年は取れるかもと思っていたので残念。また来年が楽しみです」と前向きに話した。


(海外の反応をまとめました)





■ つまり彼はノーベル文学賞版のレオナルド・ディカプリオってわけか。



■ 現代の日本で一番過大評価されてる作家だと思う…。

■ 世界で。




■ オバマは世界を爆撃したことでもらえたのにおかしなことだね。



■ 彼のおかげで毎年賭けができる人がいる。



■ 彼の作品は1作読めば十分。違うキャラで同じストーリーを使いまわしてるだけだ。彼の問題はそれだけじゃなくて、話の筋には大きな穴があるし、言葉遣いも単調で辟易とするし、効果的でない。彼はあらゆる賞に値しない。

■ ノルウェイの森を読んだけど、鬱で退屈だった。彼に対する騒ぎが理解できなかったよ。他にも味わいのある作品を書いてる作家はいる。

■ フィクションだけが村上のすべてじゃないけどね。




■ 人々がもっと実験的になれば来年こそは村上が獲れるよ…。神の加護がありますように…。



■ 日本人は中国人が獲ったから機嫌が悪いのだ。

■ 川端と大江が獲ってますが…。




■ 彼は諦めるべきじゃない。次がまたあるさ。



■ 日本は文学の素晴らしさをとやかく言う前にやるべきことがある。彼はおじさんだし退屈だ。前向きなエネルギーも感じられないし、ファンじゃないな。



■ 飛行機で彼の本を読んだな。



■ 目標に向かって進んでね!



■ 彼はノーベル選考委員会じゃなくて読者の心を勝ち取ったのだ。作品の価値を証明するためにノーベル賞は必要ないと思う。



■ 私も今年は村上さんに獲ってもらいたかった一人だよ。アレクシエーヴィッチさんおめでとう。



■ なぜ受賞者に注目しない…。



■ 彼にノーベル賞はいらない。彼は隠者みたいなものなんだ。



■ 村上のファンで彼の小説はみんな持ってるよ。



■ 彼に対する称賛のほとんどは無意味なものだという証明だな。



■ 彼の昔の小説は私にとって聖書みたいなものなんだけど。



■ 彼の最新2作はノーベル賞獲得には貢献しなかっただろうね。



■ 宮崎駿はどう?



■ 私の一番好きな作家だ。彼が受賞しないのはおかしい。彼が一番人間の心への洞察を持っているのに。


ソース12
関連記事

[ 2015/10/11 20:15 ] 日本 | TB(0) | CM(17)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 53777 ]
>■ 現代の日本で一番過大評価されてる作家だと思う…。

やめてくれ・・・
[ 2015/10/11 20:26 ] [ 編集 ]
[ 53778 ]
好きな作品もあるけど、基本軽いよね。
親近感のある題材をオシャレっぽく知的っぽく書く大衆向けの作家。文学的にどうとかの枠外のひと。
そんなに叩かれるほどひどい作家ではないけど、
ハルキストは気持ち悪い。心底嫌悪するわ。
[ 2015/10/11 20:42 ] [ 編集 ]
[ 53779 ]
毎年この時期が来ると、今年も晒し者だなーと思う
[ 2015/10/11 20:45 ] [ 編集 ]
[ 53780 ]
正直言って俺も好きじゃない
焦点をぼかすことがファッショナブルで幻想的で詩的で奥深いと思っているようだけど
実際にはごく単調なことを退屈かつまどろっこしく描いているだけ
[ 2015/10/11 20:45 ] [ 編集 ]
[ 53781 ]
毎年、世界で話題にしようと思ったら、とてつもない広告費がかかるけど、それを無料でやってくれるんだから、村上も出版社もおいしいと思ってるよ。がっかりしてるわけない。村上ノーベル賞ならず、というニュース聞いて、そういえば読んでなかったな、とか、もう一度ノルウェイの森読もうかなって人は、絶対にいるからね。
[ 2015/10/11 20:45 ] [ 編集 ]
[ 53782 ]
そもそも文学賞とか言うお遊びやめーや
こんなん母国語じゃない翻訳で伝わるわけ無いねん
受賞者もほんとんど英語圏の作家だろどうせ

吾輩は猫であるがアイアムアキャットやぞ
これじゃ文学も絵本になるがな
[ 2015/10/11 20:45 ] [ 編集 ]
[ 53783 ]
春樹は要らんからウンコ先生にやってください
[ 2015/10/11 20:49 ] [ 編集 ]
[ 53784 ]
管理人さん、近江になってますよ
[ 2015/10/11 20:58 ] [ 編集 ]
[ 53785 ]
海外でも評価が分かれるんだね。良かった。
日本では唯一無二かも知れないけど海外じゃ似たような作家いっぱい居るからな。ヴォネガットのスタイルを継承している一群の中では飛びぬけて退屈。
[ 2015/10/11 21:33 ] [ 編集 ]
[ 53786 ]
お洒落に書いたポルノ小説な
[ 2015/10/11 21:41 ] [ 編集 ]
[ 53787 ]
やれやれ
[ 2015/10/11 22:03 ] [ 編集 ]
[ 53788 ]
ハルキスト歓喜
(また来年、シャンパン飲みながらテレビ出たるで!!)
[ 2015/10/11 22:13 ] [ 編集 ]
[ 53790 ]
賞は一回取ったらそれで終わりだから
次こそはという期待を継続させる村上の手法
[ 2015/10/11 22:56 ] [ 編集 ]
[ 53791 ]
今年は既に2人が受賞したからもう良いよ、他の受賞が無い年に受賞してくれ
因みに選考は母国語の作品が英語に訳され、それが更にスウェーデン語に訳され、それで選考される(大抵の外国作品の場合)
だから本来の味など殆ど無くなっている、それで選考するのだからいい加減と言えばいい加減
[ 2015/10/11 23:41 ] [ 編集 ]
[ 53793 ]
第2第3の大江健三郎なんてイランから。
パヤオで間に合ってるから。
[ 2015/10/12 00:29 ] [ 編集 ]
[ 53797 ]
>53782
仕掛人藤枝梅安なんてニンジャジャスティスですぜ。
ニンジャスレイヤーのスピンオフか何かかよ?

ん?永劫の噛ませ狗?どうでもエエがな。
[ 2015/10/12 09:58 ] [ 編集 ]
[ 53835 ]
ノルウェイの森だけ読んだけど主人公がおばちゃんとやる話だったということしか思い出せない

毎年マスコミとハルキストがこんな感じなだけで他の日本人は冷めてるんだよな
しかも毎年イギリスのブックメーカーもノリノリで村上出すからな
[ 2015/10/12 23:59 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク