こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

MRJ、初飛行へ準備完了 海外の反応



MRJ、前輪ふわり…地上走行で時速220キロ

 愛知県営名古屋空港(豊山町)で行われている国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の地上走行試験で、MRJの速度が6日、初めて時速220キロ・メートルに達した。

 離陸時と同じ速度で、9~13日の期間中に予定している初飛行に向けた準備はおおむね整った。

 午後1時過ぎ、MRJが滑走路で加速すると、揚力で初めて前輪が一瞬、浮き上がった。その光景に空港の展望デッキに詰めかけた航空ファンは歓声を上げた。今回の走行試験で技術的には「いつでも飛べる」(関係者)状況という。初飛行日は天候の状況をみながら、前日までに決めるとしている。


(海外の反応をまとめました)





■ アジアが来てるな。



■ 過去4,50年、飛行時間は変わっていない。トロントからバンコクに行くまで乗り換えも含めて19時間半かかっている。これは40年前と同じだ。誰かが物理的にこれをこれを変えられたら、連絡してくれ。

■ 目的地により早く快適に安全に運んでくれるのなら、誰が作った飛行機でも構わないよね。もっとおいしいジュース出して欲しいけど。




■ 日本はアメリカにこれ以上依存しなくていいように航空機産業を復活させようとしているみたいだ。賢い動きだな。



■ エアバスとボーイングとロシアのスホーイ・スーパージェットにとっては強敵が現れたな。中国のCOMACに日本の三菱が自分たちで飛行機を作れるようになった。中国は300,400席の飛行機にとりかかっている。アジアは航空産業が発展しつつあって、これらはぴったりな動きだ。



■ 本当にかわいいな。日本に幸運を。



■ ようやくか。長い年月待たされて、ようやくMRJが旅立つのか。



■ ジェット機を作る能力のある国は、みんな独自のジェット機を開発すべきだ。



■ 翼のデザインは既に時代遅れ。

■ 君が日本にもっと現代的な翼のデザインをアドバイスすればいいよ。




■ 日本が滑走路に現れた。



■ 日本はよくやった。でも西洋が世界の頂点であり続けるだろう。



■ アジアはもう欧米の航空機を買いたくない。俺たちはアジアだ。



■ エアバスに似てるね。何が違うの?

■ 一つにはかわいい日本のスチュワーデスが乗ってて、もう一つには醜いヨーロッパのギャルが乗ってる。

■ エアバスとボーイングも似てるよ。

■ MRJとエアバスのどこが似ていると感じるんだろうか?




■ 本当に良さそうに見えるよ。

■ 日本製だというのは信頼性も高いということでもあるね。




■ 昔はYS-11というターボプロップ機もありました。



■ タイヤが破裂した?



■ 素晴らしい。ぜひ乗ってみたいな。


ソース12
関連記事

[ 2015/11/09 08:05 ] 日本 | TB(0) | CM(7)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 55314 ]
aaa
MRJは欠陥機、翼の先端が曲がってる!!
[ 2015/11/09 09:28 ] [ 編集 ]
[ 55315 ]
荷物積んでないから軽すぎてすぐ浮いちゃうのかな
[ 2015/11/09 09:54 ] [ 編集 ]
[ 55316 ]
安全確実は良いけれど、まだ飛んでなかったんだな
これで良いのか遅いのか、俺には解らん
[ 2015/11/09 10:05 ] [ 編集 ]
[ 55321 ]
※2
これ、機首上げだけするクソ焦れったいテストだよ
意図的に機種をちょっと上げただけ
[ 2015/11/09 18:51 ] [ 編集 ]
[ 55325 ]
遅れに遅れて何かもう、当初吹聴していた複合材の使用率も下がって
何の特色もない、普通の飛行機が出来上がったな。
うん十年ぶりの事業なんだから慎重なぐらいで丁度いいのは分かるけど。
[ 2015/11/09 22:23 ] [ 編集 ]
[ 55326 ]
まだ飛んでなかったのかw
[ 2015/11/09 22:48 ] [ 編集 ]
[ 55330 ]
いまだにあんなでなかいものが宙を舞うのが信じられん
[ 2015/11/10 01:00 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク