こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

いとうけんいちさんが四足走行で世界記録 海外の反応

いとうけんいちさんが四足走行で世界記録 海外の反応

ギネス世界記録の日、各地で驚きの挑戦

 11月12日は「ギネス世界記録の日」。今年も、驚くような挑戦が世界各地で行われています。

 南米ペルーからは、ブルドッグのオット君が、スケートボードに乗って何人の人間の股をくぐれるかに挑戦です。股の下をさっそうと走り抜けて行くオット君。30人の股をくぐり抜けたところで、見事、記録達成です。

 日本では、人間も負けじと、両手両足で100メートル先を目指します。挑戦者のいとうけんいちさんは、サルの走りに憧れ、独学で研究すること11年。見事、15.71秒の世界記録を達成しました。

 バスケットボールの本場アメリカでは、目隠しをした選手がロングシュートに挑戦。世界最長21メートルの記録を打ち立てました。

 12日は、各地で世界一に挑戦するイベントが開かれます。(12日09:13)


(海外の反応をまとめました)





■ 日本は文明の地平線を広げてくれるな。



■ 日本は新記録のジャンル発明がうまいな。



■ 今まで見た中で最も愚かな映像。次はヘソのボクシングでもやる?



■ 2本の恵まれた健全な足があるのになぜ4足で走る?もし私が彼を斧を持って追いかけたら彼はどうするだろうか?もし彼が4足で逃げたら、私は笑い過ぎて追いかけるのを諦めるだろう。



■ 今日でもサルと呼んで彼を一段下に見なければならないのは悲しいこと。



■ なぜかわからないけど3回見ても笑いが止まらないよ。



■ ポストモダン時代にはこうやって走るのかな。



■ ロシアはこのテクニックを使ってごまかそうとするだろう。



■ 新たな無駄な記録。



■ あんな走りで彼が自分に向かってラッシュして来たら怖いよね。



■ 人間の想像力にはいつも驚かされる。オンリーインジャパン。



■ レーンをはみ出したから失格!



■ 危険なほど多くの奇妙な行動が全世界で記録されているようだ。

■ 奇妙なことを報道するというニュース新時代の到来だな。




■ なぜ4足歩行だけにした?4足かつ背面で走ればよかったのに。中途半端な記録だな。



■ 一番になりたければ、誰もやっていないこと、やりたくないことを選んでやればいいだけ。



■ 狂気だな。



■ 12秒で走る人を知ってるよ。ポニーボーイは4足で本当に早かった。

■ チーターボーイならもっと早い…。




■ 彼の方が私より早そうなのは心配なところ。私は不健康だ!



■ 彼らが普段何してるのか疑問がわいてきた。



■ 原人にはまだまだ及ばないな。


ソース12
関連記事

[ 2015/11/13 08:56 ] 日本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク