こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

MRJ初納入、4度目の延期 海外の反応

MRJ初納入、4度目の延期 海外の反応

MRJ初納入、1年延期=改修、試験項目追加―三菱航空機

 三菱航空機(愛知県豊山町)と親会社の三菱重工業は24日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、開発スケジュールの見直しを発表した。主翼や胴体を一部改修し強度を高めるほか、試験項目を追加するため、2017年4~6月に予定していた量産初号機の納入時期を1年程度延期し、18年半ばとした。
 三菱航空機の森本浩通社長らが24日、愛知県春日井市で記者会見して明らかにした。開発責任者の岸信夫副社長は「50年ぶりの旅客機開発で想定に甘いところがあった」と述べ、今回で4回目となる初納入延期に苦渋の表情を浮かべた。
 岸副社長らによると、初飛行とその後の2回の飛行試験で得られたデータ解析などの結果、機体の基本特性は良好と確認した。ただ、これまでに判明した主翼の付け根や胴体の強度を高める改修を行っているほか、飛行試験が本格化する前に耐久性能などを測る地上試験を増やし、機体の完成度を高めるよう計画を見直した。日米で実施する飛行試験は、従来通り計2500時間を予定している。
 両社は初飛行をきっかけにMRJの受注拡大に弾みをつける考えだったが、納入先延ばしによる影響が懸念される。量産初号機の納入先である全日本空輸は延期に理解を示しているとし、森本社長は25機の購入契約に「キャンセルはない」と述べた。


(海外の反応をまとめました)





■ 設計してから納期通りに飛ばせられないのはボンバルディアだけではないようだ。



■ 売るためにボンバルディアの認可を急がないことを願うね。



■ YS-11はそんなに成功したわけじゃないけど、ピードモント航空が70年代に運用してた。だから彼らにとって第2次大戦後初の旅客機というわけではない。



■ 三菱自動車のひどい安全記録を見ると、このジェット機に乗る気にはならない。

■ GMよりは君の命を大事にしてくれると思うよ。




■ ゼロ戦では良くやったのに。



■ 三菱は十分な強度を得るのに苦労しているのだろう。もう一つの遅れの原因はプラット・アンド・ホイットニーのエンジンにあるのだろう。



■ 新機体開発で1年の遅れはこの業界ではそんなに悪いことじゃない。

■ これが最後の遅れだとすればね。

■ この飛行機は2014,15年にアメリカのキャリアに納入される予定だったのを知って言ってる?この飛行機は遅延にとりつかれている。

■ 飛行試験、システムや機体の認可がどれだけ難しいことか知って言ってる?

■ 既に数回遅れてて、全部で6年ほど遅れている。




■ こうなるとみんな思ってた。そしてこれが最後じゃないのも確かだ。



■ 自動車業界みたいに彼らはこの業界も支配するだろうね。



■ アメリカ軍艦を沈めるための自殺用戦闘機の納入はどういうわけか遅れなかったのに。



■ 機体強度を上げる必要があるってのは素人の私には深刻な問題に聞こえる。機体の構造的一体性を保証できないと言っているようだ。MHIはあらゆる支援を受けられたのだから、疑問には答えてくれないとね。



■ 「さらなる補助金を得てリージョナルジェット市場で競争力を得るまで延期」というタイトルにした方が良かった。



■ 707から始まってボーイングのほとんど全てのジェット機も遅延している。新しいテストされていない技術を生み出しながらだからね。787は新技術とアウトソースのやり方のせいで、一番遅れてしまった。



■ 世界に向けてさんざん宣伝した後にこれかよ。



■ 遅延という話にはもううんざり。



■ 完璧主義の日本人はカメラでは成功できても飛行機ではできない。あまりに多くの製造工程のトラブルで彼らの頭は爆発してしまう。



■ これは素晴らしい飛行機だと確信してる。三菱のエレベーター、エスカレーターに乗ったことない?アメリカ製と違ってうるさかったりぶつかったりしない。絹のようにスムーズに動く。

■ 三菱はいろいろ作ってるね。多様な会社だよ。個人的にはトヨタや日産より良い車を作ってると思うし、3台持ってる。




■ 最初から失敗した計画なんだ。もし飛べたとしても利益は産まないと思う。



■ 新しい飛行機は全て生みの苦しみを味わう。コンピュータではシミュレートできなくて実際飛んでわかる問題があるんだ。



■ 思ったより簡単ではないということだな。


ソース1234567
関連記事

[ 2015/12/26 08:56 ] 日本 | TB(0) | CM(9)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 57734 ]
納入してから故障、事故を起こしてしまっては元も子もない。
怪しい箇所をしっかり直して日本製ブランドに傷を付けないようにしないといけないね。
[ 2015/12/26 09:45 ] [ 編集 ]
[ 57735 ]
正直、残念だけどMRJは会社としても日本としても最初で手探りからなのだから、ある程度しようがないのかなと思う
YS11とは型も次期も違いすぎてあまり参考にはならなかった
次の新型ではこのようなことにはならないだろう
[ 2015/12/26 10:50 ] [ 編集 ]
[ 57737 ]
あんまり遅れるのはどうかとも思うが
より完璧さを求めて、実際に納入が始まったら、もっとも安心して乗れる機体で、時代遅れにならないのならそれで良しだよ
[ 2015/12/26 12:13 ] [ 編集 ]
[ 57739 ]
あんまり完璧、頑強なものを作ると次の製品が育たないというw

って家電くらいなら言えるけど事故ったら即死の飛行機なら、そりゃ慎重になるわな
[ 2015/12/26 13:48 ] [ 編集 ]
[ 57742 ]
何十年も休んでいた業界への参入なのだから試行錯誤になる。

この機体が市場競争に負けようが関係ない。

日本は安全保障上、自国で防衛兵器を開発出来るまで政府が支援をやり続けなければならない。
自前航空技術の火種を消さない為に日本は後がないんだよ。
[ 2015/12/26 18:40 ] [ 編集 ]
[ 57748 ]
>>完璧主義の日本人は〜

完璧主義だから遅延してるんだよ。
[ 2015/12/27 04:21 ] [ 編集 ]
[ 57888 ]
 
軽量化したよ、燃費が良いよ!

軽量化は間違ってた、強度を見直す
[ 2015/12/28 23:21 ] [ 編集 ]
[ 57891 ]
ユダヤ金融資本は、日本の飛行機市場への参入をよしとしていないという事。三菱内部の創○(ユダヤの犬の朝鮮カルト)信者を使っていろいろ妨害してんだろ。
[ 2015/12/29 00:12 ] [ 編集 ]
[ 58677 ]
羽の根元の強度が弱いから致命的なんだよな。
このまま2年遅れて売れる飛行機は500機。採算は1000機だから
大赤字だと予想される。ほぼ、間違いなくそうなる。
デザインカッコイイし本当に残念だけどね。
[ 2016/01/13 14:57 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク