こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

片付け本が米国でベストセラー、近藤麻理恵さんがNYで講演 海外の反応

片付け本が米国でベストセラー、近藤麻理恵さんがNYで講演 海外の反応

「片付けで世界平和を」=近藤麻理恵さんがNY講演

 片付けに関する著書が米国でベストセラーとなっている「片づけコンサルタント」の近藤麻理恵さんが21日、ニューヨークの日米交流団体ジャパン・ソサエティーで講演し、集まった300人近い聴衆に部屋の片付け方や衣服の畳み方などのノウハウを実演を交えて紹介した。
 
 近藤さんは「物を一つひとつ触ってみて、それに心がときめくかどうかを(処分の)判断基準にしてほしい」などと説明。その上で「片付けとは捨てることではなく、自分にとって一番大切な物を残すこと。大切な物が分かる人が増えれば、最終的には世界平和につながる」と訴えると、会場は笑いと拍手に包まれた。
 講演を聞きに来たニューヨーク在住のネッド・クレインさん(26)は「講演は素晴らしかった。米国人は物を持ち過ぎて悩んでいるので、近藤さんの方法がもっと広がればよい」と話した。


(海外の反応をまとめました)





■ 私は散らかってる方が好きだけど、彼女の言う事も尊重するよ。



■ 私は全ての物に心がときめくのでスペースが足りなくなるんだ。それが問題。



■ 彼女は本を売って散らかすのではなく、図書館で貸し出すべきだった。



■ 何でも片づけずにそのままに置いておいた方がいいよ。彼女の本も買ってそのままにしておく。ベッドに通じる道さえ確保できればいいんだ。



■ 彼女の本を読んだよ。何が自分にとって必要なものか、何を捨てるべきか、整理するのに本当に役に立った。多くのものを間違った理由で所持し続けていた。よりシンプルで散らかってない人生を送りたいと思ってる人にとっては役に立つ本だと思う。何を買うかについてもものすごく慎重になったし。



■ 彼女の本を今読んでいるけど、自分の読んだ本を捨てられる自信はないよ。



■ 彼女のファンだよ。それで衣装ダンスにはほとんど何もなくなっちゃった。残ったのはきれいでかっこいいものばかりだけど。



■ 彼女は私にとっての英雄。



■ たくさんの素晴らしいヒントが書いてあるよね。



■ 私の夫はあまりにも多くのことに心がときめいてしまう。それが大問題。



■ 雪かきショベルを見てもときめかないけど、捨てるわけにはいかないんだ。



■ 彼女の靴下整理法を1か月前から実践してる。とても気に入ってるよ。



■ 彼女の本を読んでモノをどんどん捨ててる最中だ。



■ 彼女のやり方は私には合った。そしてがん治療のことも忘れさせてくれた。



■ この本じゃなくて、彼女の最初の本はものすごくひらめきを与えてくれたよ。



■ 私は散らかす家族の出身だから、整理整頓の助言は歓迎なんだけど、彼女のやり方は強迫神経症に近いと感じてしまう。



■ わざわざ本で学ばなくても、狭い場所に住んでいるなら整理整頓するのは常識だろう。



■ 掃除機を見ても心はときめかないけどね。



■ こんまりのやり方で今まさに後片付けをしてる最中だよ。これはとても助かってる。ブログの「生活の知恵」なんかと変わらないと思うけど、こんまりの本の方がよりシンプルで洗練されてると思う。



■ 彼女は強迫神経症だと思うのは私だけだろうか?



■ 豊かすぎる社会ではモノがあふれるのはしょうがない。



■ 彼女の本を読み終えたばかり。まるで軍隊の訓練教官のようだと感じた。後片付けと人生をシンプルにすることが心を癒してくれるなんて思いもしなかった。気に入った。



■ 彼女の本はあっという間に読めたよ。そして次の日に片づけをしたんだ。彼女の方法は単にモノを捨てるだけじゃない何かが含まれている。ぜひ読んでみるべき本だよ。まあ、既に人気だけど。



■ 彼女の本は良かった。もし夫に収集癖がなかったら家中整理したのに。自分の洋服を整理するだけに終わってしまった。もっと後片付けがしたい…。



■ 片付けでセレブになれるとは知らなかった。俺は散らかすことでセレブになれるかな?



■ 彼女の家をぜひ見てみたいものだ!


ソース1
関連記事

[ 2016/01/25 17:35 ] 日本 | TB(0) | CM(21)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 59262 ]
雪かきシャベルのコメントが最高だった
[ 2016/01/25 18:09 ] [ 編集 ]
[ 59267 ]
あほ丸出しのコメントが多いな…
[ 2016/01/25 18:55 ] [ 編集 ]
[ 59268 ]
こういう、新しい考え方を知ってうれしくなるのが人生の醍醐味の一つじゃないでしょうか。もちろん、「つまらない」と思う人もいるでしょうが。
[ 2016/01/25 19:00 ] [ 編集 ]
[ 59270 ]
大沢 あかね?
[ 2016/01/25 19:26 ] [ 編集 ]
[ 59271 ]
鬼畜こけし
[ 2016/01/25 19:28 ] [ 編集 ]
[ 59273 ]
コレクターパパ達の肝が冷える音が聞こえてくるなぁ
[ 2016/01/25 20:51 ] [ 編集 ]
[ 59274 ]
あくまで片付けが目的なのであれば所さんのやり方のほうがよさそうだが
まず一番価値のあるものをその価値がわかる人にあげちゃうってやつ
それで気持ちが吹っ切れて後は本当に所有欲のあるものしか手元に残らない
[ 2016/01/25 21:35 ] [ 編集 ]
[ 59279 ]
この人のごり押しは全世界でやってるの?
[ 2016/01/25 22:16 ] [ 編集 ]
[ 59307 ]
雪かきシャベルは、ときめかなくても自分にとって大切なものだと確信してるんだから捨てる必要ないでしょうw

必要なのか必要じゃないのか処分に悩むモノの時に、ときめくかどうかで判断すればいいって話だよね?たぶん。
本読んでないから知らんけど。
[ 2016/01/26 02:59 ] [ 編集 ]
[ 59310 ]
ダンシャリとかいう捨てまくれー!っていう流行のあとに、
もう少しマイルドに判断しましょうっていう感じだよね?俺も本を読んでないが評判的に。
時代の流れを読むのがうまい人だと思うわ。
世界を巻き込みだしてるってのも興味深い。
[ 2016/01/26 07:49 ] [ 編集 ]
[ 59315 ]
読まないのはまぁ良い
買えと強要は出来ないから

ただ、中身も要点も理解しないで非難や称賛コメントするのは愚かとしか言いようが無い

そんな外人にこう言うよ

理解もしないで何かについて語るなんて安っぽい行為を行うあなたは、本当に安っぽい人間なんだね
[ 2016/01/26 10:28 ] [ 編集 ]
[ 59317 ]
>ベッドに通じる道さえ確保できればいいんだ。
ウチと同じだw
[ 2016/01/26 11:04 ] [ 編集 ]
[ 59331 ]
この人の本はアメリカではミリオンセラー

どちらかと云えばインテリ層や、
その系統のメディアに受けている傾向がある

アンチも発生しているが、それだけ注目度も大きいということ

[ 2016/01/26 17:01 ] [ 編集 ]
[ 59353 ]
 
 
「世界平和」
日本おとしめ系の奴かよ



 
[ 2016/01/26 21:32 ] [ 編集 ]
[ 59370 ]
翻訳ではわかんないけど、皮肉のコメントが多そうだね
ま、英語まったくわかんないから元スレ見る気ないけど
自分もこういう啓発系の本とか読んでその気になるけど、三ヶ月ともたない
[ 2016/01/26 22:15 ] [ 編集 ]
[ 59374 ]
コレを茶化したり皮肉を言ってるレスから
片付けられない自分を擁護してる雰囲気が醸し出されて面白い
そういうタイプが感じる片付けられないのは良くないという強迫観念は世界共通なのか
[ 2016/01/26 22:30 ] [ 編集 ]
[ 59377 ]
自分が片づけられないことは棚に上げて、「この本、読んだけどものに心が宿るとか、頭おかしいとしか思えない、誰か、彼女にいい精神科紹介してあげなよ。結局家の中、片付かなかったし」とかいうコメントが
あっちのアマゾンにあって、びっくりしたわ。
こういう連中が多いことw
[ 2016/01/26 22:49 ] [ 編集 ]
[ 59388 ]
散らかすのは誰にでも出来るからそれで億万長者になれるのならそれはそれで発明だと思う。
[ 2016/01/27 06:17 ] [ 編集 ]
[ 59419 ]
脅迫神経症というか、大なり小なり、日本人女性は潔癖症的な面を持ってる人多いから。

でも、綺麗好きなほうが良いと思うけどね。
世の男性諸君は、"片付けられない症候群"(←こっちのほうが病気かも)の女と暮らしたいかね?
[ 2016/01/27 15:39 ] [ 編集 ]
[ 59420 ]
これからの若い人はこうゆう商売でしか成り上がれないのだろうか。
[ 2016/01/27 16:09 ] [ 編集 ]
[ 59749 ]
その内「私が片付けられないのは貴女の本の内容が悪いからよ!これは詐欺よ!」って訴えられる、確実に
[ 2016/02/03 23:14 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク