こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像

・この素晴らしい写真は明治末期に日本で働いていたハーバート・ゲディースによって撮られた。

・この時代は教育、鉄道、技術が急速に進歩し、日本の風景を永遠に変えている最中であった。

・彼の写真集には息をのむほど静けさと労働者の美しさが凝縮されている。

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応1

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応2

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応3

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応4

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応5

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応6

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応7

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応8

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応9

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応10

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応11

1908年に撮影された日本の景色と働く人々の画像が美しい 海外の反応12


(海外の反応をまとめました)





■ 見とれちゃうね。今日との一番の違いはみなが生産活動をしているという事。みんな何かの仕事をしているようだ。何もしてないで突っ立ってるか快楽の追及ばかりしている100年後の今日とは大違いだ。今の方が有意義だとは思わないね。



■ 日本人は自分たちの遺産と人々を大事にする。



■ クールな写真だ。門の写真が気に入った。



■ 素晴らしい。白黒写真に着色をしたものに見える。どこかで展示会をやってるのかな?日本の美はシンプルだけどエレガントで洗練されている。細部へのこだわりが見える。



■ でも33年後にアジア太平洋を支配しようとしたことは止められなかったんだね。

■ それはイギリスが世界の大半を支配して大帝国を築いた後だけどね。




■ 素晴らしい写真だ。これがどこなのか特定されてないのは残念だけど。



■ 美しい日本。いつでも東洋の宝石だ。



■ 銃剣で捕虜を扱ったりマシンガンで市民を撃たない時は素晴らしい人々だね。

■ それはみんなだろ?




■ ああいうベッドで寝たら起きた時、首が痛くなっちゃう。



■ 多くの産業が似たような産業に進化した。例えば日本刀を作ってた人たちは素晴らしい包丁を作るようになった。芸者は髪型を維持するためにああやって寝てるけどあれは結構硬いんだ。よく眠れたなと思う。



■ 興味深いね。



■ ブルドーザーで過去を消し去って進歩と呼ぶ。良くなることはめったにない。



■ 過去が見られてうれしいのと、多くの伝統が失われてしまったのが悲しい。当時の生活ははるかに厳しかっただろうけど、今日より複雑じゃなかったはずだ。それに国を破壊する原発もなかったしね…。

■ 当時は厳格な身分制の時代で農民はモノ扱いだよ。




■ 日本は今日でも社会に一体感のある数少ない国だ。

■ 若い男性が社会の重圧に苦しんでいることを除けばね。




■ 違う時代を覗けるのはいいね。若い男の写真は今の若者みたいだ。



■ 愛すべき社会だね。オーストラリアやイギリス、アメリカの捕虜に残酷な行為をする人間を育てたのと同じ社会だ。



■ ちょうど今娘がEPQで日本文化を学んでいるところだったのでちょうどよかった。日本の歴史は面白いけどイギリスでは本がほとんどないんだ。


ソース1
関連記事

[ 2016/02/06 10:16 ] 日本 | TB(0) | CM(21)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 59919 ]
■ でも33年後にアジア太平洋を支配しようとしたことは止められなかったんだね。

■ 銃剣で捕虜を扱ったりマシンガンで市民を撃たない時は素晴らしい人々だね。

■ 愛すべき社会だね。オーストラリアやイギリス、アメリカの捕虜に残酷な行為をする人間を育てたのと同じ社会だ。

Daily Mail読者の一部のイギリスの方々は、とっても人権意識の高いんですね!
ところで1908年といえば日英同盟の6年目・日露戦争の3年後・WW1の6年前だけど
この撮影時期の日英同盟期間中にあった日露戦争とWW1についての御意見は?
[ 2016/02/06 10:48 ] [ 編集 ]
[ 59920 ]
 
アジア、中央アジア、アフリカの問題の大半がイギリス由来だろうが。
[ 2016/02/06 10:55 ] [ 編集 ]
[ 59921 ]
人間性はずっと変わらんぞ
その日本人を追い詰めたのはペリーを始めとした
当時の先進国だよ
第一次大戦後、戦勝国であった日本の有色人種差別撤廃提案を
英米が蹴った時点で第二次大戦のタネになってる
この辺第一次大戦に負けたドイツと一緒
[ 2016/02/06 11:10 ] [ 編集 ]
[ 59922 ]
戦争と関係ない写真見てネガティブなことを言う人達はろくな人生送ってないんだろうな。

>銃剣で捕虜を扱ったりマシンガンで市民を撃たない時は素晴らしい人々だね。
マシンガンで市民撃ったって、また作り話?
[ 2016/02/06 11:20 ] [ 編集 ]
[ 59923 ]
>オーストラリアやイギリス、アメリカの捕虜に残酷な行為をする人間

人間ハントしてきた先祖をもった奴等がよく言えるわな
[ 2016/02/06 11:59 ] [ 編集 ]
[ 59924 ]
残虐な白豚がいなかったら日本は戦争しないで済んだのに
[ 2016/02/06 12:21 ] [ 編集 ]
[ 59925 ]
まるで歴史上で日本だけが、残虐行為を行った国という言い方だ。
[ 2016/02/06 12:50 ] [ 編集 ]
[ 59926 ]
>日本の歴史は面白いけどイギリスでは本がほとんどないんだ。

そりゃ第二次大戦後の英連邦圏は伝統的に反日教育指向してるからな。ナメた人たちだよ、全く。
[ 2016/02/06 12:53 ] [ 編集 ]
[ 59927 ]
先住民や現地人、奴隷を動物扱いしてた白人が被害者ぶってて笑えるわー
道に食べ物撒いて現地の子供達に拾わせてた当時の映像見たよ。同じ人間にすることじゃ無いよね
[ 2016/02/06 13:10 ] [ 編集 ]
[ 59928 ]
日本は歴史上民間人への虐殺がないので、
世界中の文明で唯一、有史以来人口が激減した事がない。

WW2でだけ急に日本人は虐殺を始めたのかな?

誰かが嘘をついてるねw日本以外の文明で民間人への虐殺で人口が激減しなかった国はないよwww
[ 2016/02/06 14:12 ] [ 編集 ]
[ 59929 ]
至高の白人様のコメントは、皮肉にまみれていますねぇ。

イスラムとアジアンが虫のように湧いてるからイライラと恐怖で耐えられないんでしょうな。

ざ ま あ
[ 2016/02/06 14:51 ] [ 編集 ]
[ 59930 ]
ほんと自身を省みないなしろんぼは
[ 2016/02/06 14:55 ] [ 編集 ]
[ 59931 ]
白人は散々悪事を働いてきただろうが!
[ 2016/02/06 15:23 ] [ 編集 ]
[ 59932 ]
せっかくのいい写真なのに
興ざめする無関係な話題出すやつって洋の東西を問わんのな

それにしても、門の写真なんてあったか?と思ったら、そりゃ鳥居だよ
[ 2016/02/06 15:40 ] [ 編集 ]
[ 59933 ]
今日もいちいち関係ない馬鹿なコメントを抽出してくれてありがとう
[ 2016/02/06 15:58 ] [ 編集 ]
[ 59935 ]
流石 世界の人口を激減させるほどの冊陸行為をしてきた白豚様
言う事がウイットとユーモアにあふれエスプリが効いてるなあwww
[ 2016/02/06 17:21 ] [ 編集 ]
[ 59937 ]
農民の身分って位は高かったよね
[ 2016/02/06 18:16 ] [ 編集 ]
[ 59940 ]
最後の写真に写ってる道具はまだうちの納屋にあるよ
じいちゃんが何かの種を選別するために使ったのを見たけど、わりとよく出来た道具だった
[ 2016/02/06 19:08 ] [ 編集 ]
[ 59946 ]
あれ、同じ人がコメントしてるようなものがちらほら・・・。
まあ突っ込まれてるけど
[ 2016/02/06 23:07 ] [ 編集 ]
[ 59951 ]
有色人種を家畜位に思っていた人達が良く言うよな
やられた事ばかりでは無く自分達が何をしてきたかを
振り返って反省するべきだよ
[ 2016/02/07 04:42 ] [ 編集 ]
[ 59974 ]
>Daily Mail読者の一部のイギリスの方々は、とっても人権意識の高いんですね!

いつから、そういうキャラに変わったのか知りませんが、
英国のサイトはたいてい、皮肉が多くて、日本人にとって不快な内容が多かったんだけど、、
もしかして、ネットの監視団から指摘されて改善されたのかな?
[ 2016/02/07 13:47 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク