こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本の科学者が通説を覆すペットボトル分解細菌を発見 海外の反応

日本の科学者が通説を覆すペットボトル分解細菌を発見 海外の反応

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名

 ペットボトルや衣服の素材であるPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌を、小田耕平・京都工芸繊維大名誉教授や木村良晴・同名誉教授、吉田昭介・元慶応大理工学部助教らのグループが見つけた。分解メカニズムも解明しており、PET製品のリサイクルなどにつながる。米科学誌サイエンスで11日発表する。

 堺市で採取した試料から得たことにちなんで、細菌の名称を「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けた。この細菌は、ペットボトルなどに比べて結晶化の度合いが弱いPETフィルムの表面に張り付いて分解する。


(海外の反応をまとめました)





■ プラスチックを分解する新しいバクテリアもいいけど、完全にリサイクル可能なプラスチックの開発をしてみてはどうだろうか?



■ 埋立地の最強の有機化合物を分解できる細菌?歓迎すべきなのか恐れるべきなのか判断できない。



■ 整形ビジネスは終わりだな。これまで手術を受けた人たちが無事でありますように。



■ 全てのプラスチックを食べた後、バクテリアは何を食べるんだ?



■ これは素晴らしいニュースだ。



■ このバクテリアたちはこれから忙しくなりそうだな。



■ かなり有益なもののようだ!プラスティックを食べる細菌のうんこが何になるのかは分からないけど。



■ このスーパーバクテリアを食べてくれるバクテリアはいるんだろうか?



■ 凄く興味深いね。美しい地球のために難しい問題を解決できる方法を生み出せればいいね。



■ 天才だ。



■ 石油やガス漏れも分解してくれればいが。



■ 注意深く見守る必要があるね。



■ 人類は現在のプラスチックに変わるより環境に優しい製品を積極的に導入すべきだね。



■ 副産物は何だろう?何も出ないわけはないから。



■ ロボットにとってはこれは自分たちの肉体を食べるウイルスの登場と同じことだろう。かわいそうなロボットたち。



■ 自然は素晴らしいね。人間がそれを役立つことに使えることを願おう。ほとんどがプラスチックでできている電気製品や日用品を分解してくれることを願う。



■ ウォーキングデッドが現実になる時代が来たようだ。



■ 食べ物のラップや医者の手袋や医療のペットボトルなど、人間は無数のものでPETを使ってるけど、この細菌を放てばそれらへの影響はどうなるんだろう?



■ がん細胞を食べてくれる細菌も開発できるかもね。



■ バイオハザードのプラーガみたいにならなければいいが。



■ 新種の致命的な病気をこの細菌が運ぶことになるかもしれない。



■ 船や車や電車や飛行機を分解しないようにちゃんとコントロールできるの?



■ でも新しい細菌を環境に持ち込むことの影響はどうなんだろう?良い終わりにはならないと思う。



■ ここから新しいSF映画が始まる。



■ よくやりました。


ソース1234
関連記事

[ 2016/03/11 19:05 ] 日本 | TB(0) | CM(9)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 61531 ]
ノーベル賞やろこれ
[ 2016/03/11 19:54 ] [ 編集 ]
[ 61532 ]
サンドイッチマンのおじさんが行方不明に
[ 2016/03/11 20:09 ] [ 編集 ]
[ 61535 ]
ああ やっぱりこんなもんか
[ 2016/03/11 21:36 ] [ 編集 ]
[ 61537 ]
プラスチックを醸したら石油が出来たりして
[ 2016/03/11 22:44 ] [ 編集 ]
[ 61538 ]
服だけ溶ける液体…
[ 2016/03/11 22:47 ] [ 編集 ]
[ 61539 ]
ヒト遺伝子に合成できれば、プラスチックを消化できるようになるかもな。
[ 2016/03/11 23:33 ] [ 編集 ]
[ 61540 ]
これが存在するってことは他にもいそうだな
もしいたとして
電気製品や自動車で増殖されると大変なことになりそうだ
まあ自然的にはまずそんなことは無いんだろうけど
研究次第ではいろいろな妨害行為に使えそうだな
[ 2016/03/11 23:52 ] [ 編集 ]
[ 61541 ]
副産物はたしか水と水素だっけか。
[ 2016/03/12 02:55 ] [ 編集 ]
[ 61542 ]
分解するといっても、温度や湿度等環境を整えなくてはならない
元々自然の環境ではそれ程繁殖しないから、今まで発見されなかった
通常の船体等が分解される可脳性は低い
[ 2016/03/12 03:47 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク