こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

モンゴルの侵略を2度撃退した嵐を日本は神風と呼ぶことにしたらしい 海外の反応

モンゴルの侵略を2度撃退した嵐を日本は神風と呼ぶことにしたらしい 海外の反応

スレッド・今日学んだこと
「日本はモンゴルの強大な軍隊に2度侵略されたが、どちらも嵐によって救われ、この嵐を神風と呼ぶようになった」より



(海外の反応をまとめました)





■ 面白ことに日本が第2次世界大戦で負けた直後、アメリカ艦隊は大きな嵐に見舞われ本当に損害が出たんだ。日本がすでに降伏しててよかった。



■ 雨季には攻撃するなってことだな。



■ 日本にはカミカゼってカクテルがあって、これを飲むと超泥酔状態になっちゃうよ。アメリカでも飲めるよ。



■ Kamiが神でKazeが風だとは知ってたけど、この二つを一つにしようとは思わない。



■ モンゴルのヨーロッパ征服も数々のことが起こって止まったけど、これも面白いことと思う。モンゴルは出くわす者は粉々にしては何回か侵入を試みたけど、ジンギスや他の大物が死んだりして退却を余儀なくされた。そのおかげでヨーロッパには長く続く影響が残らなかった。

■ それでもモンゴルは退却する前にヨーロッパ最大の軍隊を破った。だから後に続く影響は残しているよ。少なくともハンガリー王国に関してはね。

■ ダン・カーリンのハードコアヒストリーにモンゴルに関する素晴らしいオーディオがある。その中でもしモンゴルが中東をずたずたにしてなかったら今の中東はどんな姿だったろうかって興味深い問いをしているよ。




■ 日本を救ったのは嵐だけではない。中国海軍が新指導者であるクビライのために戦うのに消極的だったことも要因だ。

■ 多くの船が川船から作られた急造船で、海での航海には向いてなかったこともね。




■ これに出て来るな。https://www.youtube.com/watch?v=Mh5LY4Mz15o

■ 新入生の世界史の授業で実際にこれを見せたよ。(ダウンロードしていくつか修正したけど)。生徒たちはすぐに飲み込んだよ。

■ 驚きじゃないね。楽しいし情報が詰まってるからね。

■ 修正したって?不適切なところはないと思うけど。

■ Fuckとかは9年生には不適切だと思ったんだろう。

■ この人にはもっとビデオを作って欲しい。アメリカ史なんかすごくいいと思う。

■ それってアメリカ合衆国の歴史?先住民の歴史?合衆国の歴史は短いから。




■ モンゴルは日本侵略を急いでて中国で利用できる船は何でも徴発したと聞いた。ほとんどが川船で竜骨もなく海には耐えられなかった。内陸の騎馬民族に海の専門知識を期待はできないよね。



■ これは数万の軍隊をボロボロの木船で移動させるのはとても難しいという教訓を残しただけだな。イギリスがナポレオンやヒトラーの侵略を耐えたのもこの部分が大きい。海を大軍で渡るのは難しいんだ。仮にやったしても補給路が必要になって来る。こいうことを考えるとD-dayのすごさが良くわかる。日本が初めて負けたのは第2次大戦だけど、だから最後のたのみとして カミカゼにすがるようになった。

■ ナポレオンやヒトラーの船は海に耐えられなかったわけじゃない。彼らを撃退したのはロイヤルネイビーであって海があったからじゃない。イギリスが有力な海軍を持ってない時代にはローマの占領やノルマンの征服が起こってるし。




■ そもそも彼らは海での戦いに向いてなかった。


ソース1
関連記事

[ 2016/03/17 07:45 ] 日本 | TB(0) | CM(40)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 61758 ]
別に風が吹かなくても日本が勝ったぞ
あくまでとどめをさしたに過ぎない
[ 2016/03/17 08:03 ] [ 編集 ]
[ 61759 ]
せやろか
[ 2016/03/17 08:08 ] [ 編集 ]
[ 61760 ]
まず一神教の君達が
神風における「神」を理解出来るのか?
そこからだろう
[ 2016/03/17 08:13 ] [ 編集 ]
[ 61761 ]
西洋人って、
産業革命以前の時代も西欧諸国が強かったと勘違いしてるよね。
[ 2016/03/17 08:14 ] [ 編集 ]
[ 61762 ]
・上陸戦はもともと難しい
・日本軍は弘安の役では上陸させなかった
・元軍は大軍だが食料を補給できなかった⇒兵糧攻めと同じになった
・暴風雨期まで日本に粘られて負けた
[ 2016/03/17 08:15 ] [ 編集 ]
[ 61763 ]
そもそも撤退したから神風に遭遇したんやで
[ 2016/03/17 08:19 ] [ 編集 ]
[ 61764 ]
かの国が作った船沈まないわけが無い
[ 2016/03/17 08:26 ] [ 編集 ]
[ 61765 ]
学者も否定してるデマいつまで続くのか
[ 2016/03/17 08:32 ] [ 編集 ]
[ 61766 ]
そして、昨日のモンゴル人による隠岐への攻撃に繋がるわけだw
[ 2016/03/17 08:34 ] [ 編集 ]
[ 61767 ]
だから上陸できなかったからそうなったわけだろ?
あほか
有史以来、日本に手も足も出なかったツナチEンが必死に広めてる臭いな
[ 2016/03/17 08:47 ] [ 編集 ]
[ 61768 ]
1度目、文永の役にも内陸に拠点を作らせなかったし
2度目の弘安の役に至っては
被害は出たものの、日本優位の趨勢は終始揺るがなかったろ

いつまで
「日本は弱かったが、偶然の台風によって一発逆転したのだ」
みたいな捏造が蔓延ってるんだよ
春先に攻めてきて、数ヵ月後も海岸に拠点があったのは
何でだと思ってるんだ?
[ 2016/03/17 09:09 ] [ 編集 ]
[ 61769 ]
陸地に陣地築けずに夏場で何ヶ月も海の上にいりゃ、そりゃ台風も来るわな
[ 2016/03/17 09:27 ] [ 編集 ]
[ 61771 ]
-
上陸できなかったから、船にいたんだよ。
で、風のせいで沈没しちゃった。大事なのは上陸できなかったこと。
[ 2016/03/17 09:41 ] [ 編集 ]
[ 61772 ]
※61768
日教組が必死に広めてるんじゃね
なんてったってあいつら北朝鮮が楽園とか抜かす組織だしな

日本に手も足も出なかったから、悔しいんじゃないか?
[ 2016/03/17 09:46 ] [ 編集 ]
[ 61773 ]
そもそもフビライが家臣の日本兵は凶暴な上に兵数が多いので
遠征は無理っていう意見を押し切って行った無謀な遠征だからな
鎌倉幕府の当時の兵力は30万で攻める元は20万
仮に上陸が成功したとしても本州に無傷の本隊がいる状況だったし
[ 2016/03/17 09:48 ] [ 編集 ]
[ 61774 ]
はいはい、神風"が"撃退したって思ってる奴は完全に洗脳されてますねw
実際は追っ払って敗走したところに嵐が来て沈没したが正解
そしてしきりに日本に攻撃をしようと提言してるのは朝鮮の忠烈王
[ 2016/03/17 10:05 ] [ 編集 ]
[ 61775 ]
あと船が急造っだったからっつってるのもいるけどそれも嘘
数年前に当時の沈没船が見つかってるが竜骨が太くて船体が2重底の立派なもんだったってよ
歴史は簡単に捏造できることが証明された
そして日本人だけではなく外人もすぐに騙される
[ 2016/03/17 10:10 ] [ 編集 ]
[ 61776 ]
・モンゴル人窃盗団を空き巣で逮捕
・渋谷にて鷹(鷹匠)を使ったカラスを追い払う実験
・キルギスで鷹匠復活
つい最近の、何か関連あり気なニュース3本。

そしてこのreddit。
[ 2016/03/17 10:11 ] [ 編集 ]
[ 61777 ]
震災や津波、原爆などの惨禍の中に
神社の鳥居だけがポツンと立ってる写真がたくさんある。
人しれない何かの力を思うことがある。
[ 2016/03/17 10:40 ] [ 編集 ]
[ 61778 ]
韓国は壱岐や対馬を侵略して住民を虐殺した事の謝罪と賠償をしなさい。
[ 2016/03/17 10:41 ] [ 編集 ]
[ 61779 ]
20年くらい前の認識のままって感じだな
神風及び蒙古襲来の実態は
「鎌倉幕府は1192年に出来た、は間違い」
と同じくらい内容変わってるぞ

具体的に言えば、二回襲来のうち最初は明らかに偵察で
二回目は移住者や商人まで乗せてたガチ侵略目的だったとか
撃退自体は地方藩の軍事力(防塁建設など)が理由だが
撃退した手柄に対して幕府が出せる褒美がなかった
(防衛だけでなにも奪えてないから当たり前)ので
神風のおかげ、という話をでっちあげ手柄をボカした上に
さらに集客に困っていた神社がそれに乗っかった結果
庶民に「神風によるまぐれ勝利説が定着した」、とかな
[ 2016/03/17 11:05 ] [ 編集 ]
[ 61780 ]
てか、撃退の戦果を矮小化したのは室町幕府だろ
[ 2016/03/17 11:06 ] [ 編集 ]
[ 61781 ]
どっちにしろ大昔に船で渡ってきて攻撃って無理があるよな
[ 2016/03/17 11:40 ] [ 編集 ]
[ 61782 ]
まあ蒙古に日本はてつはうとかでやられまくりけど神風と手抜きの船によって日本が蒙古を撃退できた、と教えられた子供時代にも、そんなに蒙古が強かったら何でさっさと上陸せずに船ですごしてたんだって疑問はあったな
[ 2016/03/17 12:14 ] [ 編集 ]
[ 61783 ]
なんで日本に到着したあとも長期間陸上ではなく、海上で停泊せざるを得なかったのか考えたらわかるだろうに。
[ 2016/03/17 13:00 ] [ 編集 ]
[ 61785 ]
はっきりしているのは、当時から半島の蛮族は敵だったという事
[ 2016/03/17 13:27 ] [ 編集 ]
[ 61786 ]
そもそも教科書にも載せてるこの有名な元寇絵巻も反日左翼の意向で
日本兵が苦戦している絵柄だけをクローズアップしていて
カットされてる部分はモンゴル兵が逃げ回っているだろ。
[ 2016/03/17 14:11 ] [ 編集 ]
[ 61787 ]
現代と違って、当時は宗教が戦場で物理的な力を持つと信じられていたから、総力挙げて加持祈祷をやった寺社の「われわれが嵐を呼んだのだ」という訴えをのけるわけにもいかなかった、という理由もある。

現代に至るまで検証が不十分だった結果、最近まで俗説が幅を利かせていた。
[ 2016/03/17 15:13 ] [ 編集 ]
[ 61788 ]
最後のところ、ナポレオンやヒトラーが悪で、イギリスが被害者みたいに発言してるけど、
その二人の独裁者を合わせても、イギリスの数々の侵略の歴史のほうがはるかに大きい。
それがあったから、ドイツからもフランスからも独裁者が生まれたのかもよ?
[ 2016/03/17 15:25 ] [ 編集 ]
[ 61790 ]
定期的に繰り返すなこれ
外人はモンゴルにやられまくったから日本が実力で勝ったことを認めたくないんだろうか
[ 2016/03/17 17:02 ] [ 編集 ]
[ 61791 ]
勝利は神風のお蔭とか言うけどさ。
そもそも、中国も韓国も台風に関しては熟知してるはずだろ?
なぜ、それが分からない?台風の時期は知ってるはずなのに?

特に中国は、風水において自然災害などの研究をやってた。
地震も同じく、日本以上に被害が大きいのに、
未だに、それを理解出来ずに何の対策もやらない。
古代中国人も現代の中国人もアホなのかい?
[ 2016/03/17 17:08 ] [ 編集 ]
[ 61793 ]
外人はソースが古いな
最新の研究では日本の兵隊は普通にモンゴルを返り討ちにしていたんだよ
そしてその負け戦の帰りに嵐が起こってモンゴルがさらに災難に見舞われただけ
ま、いわばモンゴルにとっては泣きっ面に蜂が正解だね
[ 2016/03/17 18:09 ] [ 編集 ]
[ 61797 ]
元の戦艦にはちゃんと竜骨が付いていたんじゃ無かったっけ、海から引き上げられているよね。
何で嵐で沈んだのかは、日本側が小舟を使い、夜中にコッソリ襲撃して、船底に穴開けたり、舵壊したり、足止めした為、それで長期間身動き出来なくて台風のシーズンが到来しただけね。
[ 2016/03/17 21:59 ] [ 編集 ]
[ 61801 ]
初めて負けたのは白村江の戦い
唐と新羅に敗北した
次が文禄慶長の役
明と朝鮮に敗北した
[ 2016/03/17 22:40 ] [ 編集 ]
[ 61803 ]
文禄慶長の役は敗戦してないよ
秀吉以外にやる気がなかったから、休戦→決裂→朝鮮の頭越しに明と講和で終了 
講和後に追撃してきた李舜臣を島津が返りうちにして李舜臣戦死
[ 2016/03/17 23:50 ] [ 編集 ]
[ 61805 ]
鎌倉幕府は恩賞として与える土地がなかったから台風のおかげで勝ったことにしただけ…
[ 2016/03/18 00:01 ] [ 編集 ]
[ 61819 ]
外国に神風の使い方までやんや言われるの
[ 2016/03/18 11:56 ] [ 編集 ]
[ 61822 ]
※61797さん
それって、敵の援軍要請とか不可能にする行為だよね。
情報の遮断を行った行為でもあるよ。
まさに一石二鳥、ご先祖様はヤルな。
海を隔てた遠距離では、通信の手段が頑丈な大船の往来しか無い時代だもんね。唯一有った通信手段である、島伝いの狼煙も届かないわな。
[ 2016/03/18 12:51 ] [ 編集 ]
[ 61874 ]
そもそも朝鮮で足りない船を調達したのも間違いだが、日本に向かう前に侵攻したベトナムにフルボッコにされた影響も大きかったらしい
[ 2016/03/18 22:30 ] [ 編集 ]
[ 61905 ]
太平洋戦争中、アメリカ軍は台風で大損害出してるけど?

一度目の神風は1944年12月18日のフィリピン東方沖で米側呼称でコブラ台風と呼ばれる。

二度目の神風は1945年6月4日沖縄戦の真最中、米側呼称バイパー台風。

アメリカ軍じゃなければ戦争継続が困難なレベル。
[ 2016/03/19 11:02 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク