こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本政府が若年貧困層に商品券のプレゼントを検討中 海外の反応

日本政府が若年貧困層に商品券のプレゼントを検討中 海外の反応

若年の低所得者層に商品券 政府が新たな消費刺激策 28年度補正予算案の目玉

 政府は23日、景気刺激のため編成する平成28年度補正予算案の目玉として、若年層の低所得者対策を盛り込む方針を固めた。生活必需品などの購入にあてられる商品券の配布を検討する。1月に成立した27年度補正予算は高齢者への臨時給付金が柱だったが、若年層の消費の落ち込みが目立つため、ピンポイントでテコ入れを図りたい考えだ。

 これまでの低所得者対策は「賃金引き上げの恩恵が及びにくい」(菅義偉官房長官)などを理由に高齢者向けが主だった。しかし、1月の家計調査(2人以上世帯)では、34歳以下の若年層の消費支出が前年同月比11.7%減と大幅なマイナスで、全世帯平均の3.1%減と比べても落ち込みが目立った。

 政府は低迷する個人消費の底上げを図るためには、若年層の消費刺激策が欠かせないと判断。貯蓄に回る可能性が指摘される給付金ではなく、商品券の配布を検討している。低所得者の対象や事業規模などの細部は4月から詰める。

 内閣府の調査によると、21年度に配られた定額給付金は、高齢者世帯よりも子育て世帯の方が受給額から消費に回す割合が多く、今回の措置は消費底上げに一定の効果が見込めそうだ。


(海外の反応をまとめました)





■ 企業が何十億の利益をちゃんと給料として支払っていれば、政府がこんなことをしなくても済んだんだ。税金は豊かな国、豊かな個人だけから取るようにしたらしい。



■ 日本は征服による勝利をあきらめ、文化的勝利を目指す方向へと舵を切ったようだ。



■ 欧米諸国では自国民にますます少ししか与えなくて、そのお金を軍事費に使っている。それとは対照的だな。



■ この世にただのものなんてないよ。



■ これによって小売店は消費者が買ってくれるから利益になる。消費者は現金がもらえて買いたい物を買える。でも日本政府はどうやって利益を得るんだ?



■ お金をばらまくことが消費刺激になるのかは分からないな。特に日本の場合はね。これまで同様貯金するだけだよ。そういう文化だから。



■ ロシアが2002年か4年ごろにこれをやった。でも起こったのは広範な物価の上昇だった。国民は1週間くらいは喜んだけど、すぐにしぼんでしまった。日本にやるなとは言わないけど、期待しすぎるなと言いたいね。



■ これは結局どこに行きつくだろうか?世界の大半はベーシックインカムになってしまうのだろうか?



■ 日本やアメリカの若者は社会と関わりを断って、貯蓄ばかりするようになっている。買うのはせいぜい食べ物くらいだ。だから彼らが突如としてスノーボードに行ったりレストランで外食をするようにはならないんじゃないかな。



■ 日本政府がお金を使えばいいだろうに。高校生に携帯電話を買ってやるとか、ソーシャルワーカーにパソコンを買ってやるとか、警察に車を買ってやるとかね。



■ 労働時間を減らして家族や友人と自由に使える時間を確保してあげた方がいいと思う。仕事中は消費なんてできないからね。



■ 税金を配るのではなく、生活費を押し下げて可処分所得を増やしてあげればいいのに。



■ こんなことをして副作用は出ないだろうか?



■ アメリカ以外の先進国ではベーシックインカムは人気の考えのようだ。アメリカ人は共和党支持者を中心に反対のようなんだ。



■ マレーシアもやったけど、何も改善しなかった。消費を増やしても心がむなしくなるだけだ。貧乏人と金持ちを分けているのは心の持ちようだ。日本はお金を教育や高齢化に備えるために使った方がいい。



■ イギリスも犯罪的な銀行を救済するのではなく、国民に税金を配るべきだったのに。



■ 素晴らしい動きだ。



■ 世界一借金漬けの日本がこんなことしていいのか?



■ アメリカではトリクルダウンなんて言って貧困層への分配とは正反対のことをしている。



■ 日本にも所得の不平等の問題はあるのか?



■ 欲望に負けて買い物ばかりするから貧しくなるというのに。



■ 日本は給料を上げるべきなんじゃない?



■ 貧困層にとってはいい考えだ。


ソース123
関連記事

[ 2016/04/11 19:31 ] 日本 | TB(0) | CM(12)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 62890 ]
トリクルダウンなんてありえないのは同意だが
トリクルダウンしかありえないのも事実

貧乏人から儲けが回る政策なんてありえない
金持ちから下にどう回りやすくするかどうかしかない
古今東西富裕層が仕組みを作るのに下から優遇なんてするわけがない
[ 2016/04/11 20:05 ] [ 編集 ]
[ 62893 ]
※62890
全く意味不明なコメ。こんな連中の口車で失敗国家米国があんだろ
80年代レーガンやサッチャーみたいな政策を推進しろって言うのかな
「あり得ないけど、しかない」なんて低レベルの言葉遊びはやめとけ
[ 2016/04/11 20:45 ] [ 編集 ]
[ 62894 ]
アホな日本の富裕層は金に埋もれて底辺を味わえ!
増税するたびに、外食はじめ食い物がどんどんまずくて高くなってくる。
日本の食が他国に比べ良かったのは、食に金を出す舌の肥えた分厚い中間層が居たから。
いまや貧困層ばかりで食に金を掛ける層が居なくなった。
そうなると美味い食い物を出す料理屋もなくなる。
何故なら、金持ちも貧乏人も一日に食べる量は変わらない。
百倍金持ってる金持ちが百倍食べてくれる訳ではない。
となれば、外食に金を掛けない貧困層ばかりになると、客が来なくなるから大半の料理屋は潰れるしかない。
料理屋がつぶれて数が少なくなれば、料理屋同士の競争も、切磋琢磨も無くなる。
すると、食のレベル全体が下がる。
そうなると、金持ちが幾ら金を出しても、この国では美味い物が食えなくなる。
格差社会になった国では、金持ちでも不味いものしか食えない。
イギリス、そしてアメリカしかり。
日本も中間層が消えつつある。
日本から美味い物が絶滅するのも時間の問題だ。
もしも金持ちが美味い物を食い続けたいなら、この国の中間層を、もとに戻して太らせないと駄目だ。
だが日本の金持ちは、それに気が付くレベルにまだ到達して居ないから駄目だ。
アメリカの富裕層は、流石に自分達が不味いものしか食えなくなってるのに気が付いてきた。
それでサンダースとかが支持される余地が出て来た訳さ。
少しは中間層に厚みが無いと、富裕層の生活レベルも一緒に下がって金を持っている意味がなくなる。
それに気が付かない日本の富裕層はアホだ。
不味いものしか食えなくなって、失望すれば良い。
金なんか幾ら持ってても、無いものは手に入らないし永遠に食えないと知れ!
[ 2016/04/11 21:25 ] [ 編集 ]
[ 62895 ]
保育所を増やすための交付金をはやく地方にまとめて渡せ!!

自民党は本当に頭悪い!!

今は保育所随時入所不可で4月入所までは待たなければならない。一月で30万稼げる人が、保育所にまたされて復帰できない。そのぶん払う税金もへる。
三ヶ月で一人百万近い収入がないものになってるんだけど。十人で1000万なんだけど。

給付は一年しかでないじゃんか。働ける人を強制無職にするのやめてくれ
[ 2016/04/11 21:57 ] [ 編集 ]
[ 62896 ]
企業の内部留保金に税金をガッツりかければよい
役務のみで利益を上げている企業の場合、税率をさらに高く
[ 2016/04/11 22:25 ] [ 編集 ]
[ 62897 ]
こんなアホなことやるくらいなら消費税を全廃しろやクソが
こんなアホな政府でもヨーロッパに比べたらマシという……
絶望しかない
[ 2016/04/11 23:59 ] [ 編集 ]
[ 62901 ]
んん?
若年層に商品券配布しなければならないくらいに、つまり基本的に政策が失敗している
ということやん
小手先でチマチマやっとらんと、『子供の世話にはならん』みたいな意味不明なプライドもった老害の価値観をなんとかしなさいよ
老人が適切にリタイアして、若者にステージを譲る
『子供の世話にはならん』などと、下手気に老人が残るから若者のステージが狭まるのだろうに
いわゆる団塊の世代という方々は、日本の高度成長を支えた感謝すべき方々ではあると同時に、連続性ある日本家庭の有り様を破壊した唾棄すべき方々でもある
[ 2016/04/12 04:33 ] [ 編集 ]
[ 62903 ]
>景気刺激のため
この時点でアベノミクスとやらは失敗してると認めろよwww
[ 2016/04/12 06:38 ] [ 編集 ]
[ 62904 ]
前と一緒で公明党の案件だろ。
[ 2016/04/12 08:30 ] [ 編集 ]
[ 62972 ]
氷河期って34歳より上だろ・・・
若者は単に貯金したりしてるだけだぞ
[ 2016/04/12 20:42 ] [ 編集 ]
[ 63023 ]
貧困層対策なんて意味無いだろ
地方との格差対策しろよ
[ 2016/04/13 22:39 ] [ 編集 ]
[ 63451 ]
※62972
それより下はさらなる氷河期だって知ってるかオッサン

でもこの政策は微妙。だって商品券配るのにまた無駄な人件費がかかるし
[ 2016/04/23 00:45 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク