こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本に世界最高齢の大学卒業生が誕生 海外の反応

日本に世界最高齢の大学卒業生が誕生 海外の反応

96歳で大卒「学びは楽しい」ギネス認定最高齢、通信で陶芸

 京都造形芸術大(京都市)の通信教育で陶芸を学び、3月に卒業した高松市の平田繁実さん(96)がこのほど、最高齢の大学卒業生としてギネス世界記録に認定された。3日に自宅で報道陣の取材に応じ「素直にうれしい。学ぶということは、何歳になっても常に楽しい」と笑顔を見せた。

 ギネス記録認定証を手に「長生きは運命みたいなもの。周りの人に恵まれた」と振り返り、「次の目標は100歳まで生きること。そのときに元気だったら大学院に行くことも考えたい」とおどけて見せた。

 平田さんは広島県北広島町出身。戦時中は海軍に従事し、戦後は香川県の労災病院などで働いた。


(海外の反応をまとめました)





■ 何かを学び始めるのに歳を取りすぎということはないということだね。

■ 脳は常に神経回路を作ってるからね。

■ 事実だけど、歳を取りすぎていてせっかく学んだものを意味のあることに使えないということはある。




■ アメリカの多くの州の公立大学では老人は授業料を免除される。自分は教室でそのような二人の人を見たことがる。一人は海軍でエンジニアの助手をしていた60代後半の女性で、もっとエンジニアのことを理解したいと言っていた。もう一人はリチウムバッテリーを開発していた男性で、ソフトウェアを学びたいと言っていた。彼らの人生を聞くのはいい経験だったよ。



■ ワオ、それは驚きだ。



■ 残りの人生で奨学金を返さなくちゃいけないなんてかわいそうな人だ。

■ 日本でも奨学金は問題になってるの?




■ すごいな。日本も日本人も偉大だ。



■ 自分もオンラインの大学で勉強している熟年だから、これは勇気づけられる。



■ 学びは素晴らしいことなんだけど、アメリカではすっかり商品にされてしまったよ。

■ アメリカだけじゃないよ。多くの人が学びは金儲けの道具になっていると感じている。




■ 平田さんには勇気付けられる。自分も大学に戻って日本語と日本文化のコースを修了させたい。シングルマザーでケニア人の場合、どうやったら支援や奨学金を受けられるんだろう?



■ 物事は後でやった方がうまく行くという証明だ。



■ 一生学び続ける。彼は正しい。



■ いつでもどこでも人は学ぶことができる。例えばトイレ掃除を通して世界経済を学ぶことだってできる。学校だけが学びの場じゃない。証書をもらえる場所に過ぎない。



■ 日本のお年寄りたちが長寿を楽しんでいるだけでなく、エネルギッシュで情熱的に過ごしているというニュースを多く目にするね。彼の作品を見て、彼の作品に対する情熱を見てみたい!



■ 教育に年齢制限はない。



■ 彼は素晴らしい。人生とは心を豊かにして、より良い自分に成長することだもんね。


ソース12
関連記事

[ 2016/06/05 08:11 ] 日本 | TB(0) | CM(1)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 65381 ]
同級生は仏さま
[ 2016/06/06 00:03 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク