こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

鹿島とJAXA、月と火星での建設用機械の開発開始 海外の反応

鹿島とJAXA、月と火星での建設用機械の開発開始 海外の反応

鹿島/月・火星の有人滞在施設建設へ遠隔施工システムの研究開始

 月と火星に有人の滞在施設を建設-。近未来に月や火星で必要となる宇宙探査技術と地上技術との共通課題の解決に向けた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究提案募集で、鹿島が開発した建設機械の自動運転などを核とした次世代の建設生産システム「A4CSEL(クワッドアクセル)」による遠隔施工の提案が採択された。月や火星では人が現場に常駐して作業することは難しく、無人化・自動化された建設作業の実現を目指す。
 JAXAは、異分野の人材・知識を集め、これまでにない新しい体制や取り組みを推進することを目的に、昨年4月に新組織「宇宙探査イノベーションハブ」を設置。宇宙探査イノベーションハブが15年度の研究提案を「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」をテーマに募った。
 鹿島は、クワッドアクセルの開発を手掛けた技術研究所の三浦悟プリンシパルリサーチャーが「遠隔操作と自動制御の協調による遠隔施工システムの実現」という研究名で応募。今年1月に自動・自立型探査技術の研究課題「拠点建設を実現する遠隔施工システム」部門の課題解決型提案として唯一、単独で採択されたという。
 JAXAの建設シナリオでは、2040年ころに火星に6人が長期間滞在可能な拠点の実現に向け、30年ころに月に4人が長期間滞在可能な拠点を構築することを想定。対象範囲数十メートル四方のゾーンを整地した上で構造物を置き、遮へいも行う。構造物は、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の与圧モジュール(外径4・4メートル、長さ11・2メートル)と同規模に設定した。
 研究期間は3年以内、資金は総額1・5億円以下。同社はJAXAと研究チームをつくり、遠隔施工手法を前提に、現地と地上の通信時間の遅れに対する自動・操作支援機能などを検討する。JAXA施設での屋内フィールド試験は17年4月以降となる。
 クワッドアクセルは、衛星利用測位システム(GPS)やジャイロセンサーなどを搭載した建機に、タブレット端末を介して指示を出して建機が自動で稼働する。熟練オペレーターの操作データを収集・分析した制御プログラムを取り入れ、高い作業精度を確保できるのが特徴。ダムの堤体建設工事で振動ローラーとブルドーザーに適用済みで、本年度はダンプトラックを対象に加え、試験適用を予定している。


(海外の反応をまとめました)





■ 近頃の技術はすごくなったもんだ。



■ 「鹿島とJAXAは次の10-25年でソフトとハードの完成を目指す」
典型的な鹿島のやり方だな。

■ バカみたいな行政の都合でそれが35年になって、予算は50パーセントオーバーとかになるんだろうね。




■ やめてくれ。俺が何年も前から温めていたアイディアだ。俺も頑張らないといけないのかな。

■ 彼らと協力すればいいと思うよ。




■ コミュニケーションは衛星ではなくラジオになると思う。GPSを使うつもりなら衛星も必要になるけど。建設用の機材を動かすのに、どれだけ太陽エネルギーが必要になるのか想像もできないよ。電池の補給所が並ぶことになるのかな。それはともかく、こんな計画がまじめに考えられているというだけでも驚くべきことだ。



■ また日本企業がクレイジーなSF計画を立ち上げたってこと?大林のように。



■ 火星のバスか。それに乗って小さい火星人が火星の都市で仕事に行く姿が目に浮かぶようだ。



■ まずは地球上の建設産業を自動化するべきだろ?

■ 地球には安い代わりのもがあるからね。彼らが開発しようとしているのは真空に近くて放射線濃度の高い場所での高度に専門的な機械で、開発に何百万ドルもかかる。




■ JAXAがパチンコマシーンの開発をするなて言い出さないことを願おう。



■ この計画には大量のメタルギアが必要になりそうだ。



■ 月と火星の建設作業員は銀河系労働組合から派遣されるの?



■ この建設機械たちは合体して大きくて破壊的なマシーンになれる?



■ 次の4年以内にJAXAと鹿島はスペースXとパートナーを結ぶことになると思う。



■ 賢い人なら3Dプリンターを火星に送ってそこで手に入る資源を使って機械を作る。従来ロケットで巨大な金属製の機械を火星に送るのはコストがかかりすぎる。もし火星に十分な金属がないのなら小惑星の一つか二つを利用すればいい。



■ 火星建設ロボットが退屈そうにしてるところが激写されるところが待ちきれない。



■ Kojimaは火星で何をやってるんだ。


ソース1
関連記事

[ 2016/06/21 08:21 ] 日本 | TB(0) | CM(7)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 66009 ]
Kojimaじゃねーよ鹿島だよ
[ 2016/06/21 08:56 ] [ 編集 ]
[ 66010 ]
一方米国は戦場の最前線で自動で工事を行う工作機械を開発していた。
[ 2016/06/21 09:17 ] [ 編集 ]
[ 66011 ]
>賢い人なら3Dプリンターを火星に送ってそこで手に入る資源を使って機械を作る。

金属の鉱石の鉱脈を探し、採掘して、精錬して、やっと地金が出来た後だよね、それ
アンタ、賢くないだろ?www
[ 2016/06/21 09:20 ] [ 編集 ]
[ 66012 ]
鹿島はこんな実現するかも怪しい技術よりも基本の技術を磨けよ。
マンションの施工ミスで全壊しだの、海底トンネル崩落で死亡事故だの基本をおろそかにして夢みたいなことばかり語ってまるで半島の企業みたい。
[ 2016/06/21 09:52 ] [ 編集 ]
[ 66015 ]
こんなのより、小惑星探査機械のが将来性はあるだろ?アステロイドベルトで、金属探査。地球のどっかに落とす。このエネルギーをどこから調達するかが、結構難しいが、水素があればなんとかはなる。基本の電気は太陽光で賄える。生産を宇宙でできるか?というとこを解決すれば…
[ 2016/06/21 11:53 ] [ 編集 ]
[ 66046 ]
あー、メタルギアって何かと思ったら鹿島と小島をかけてるのかw
[ 2016/06/21 21:41 ] [ 編集 ]
[ 66049 ]
アントラーズすげー
[ 2016/06/21 22:26 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク