こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

ロス五輪で怪我した山下泰裕の足を狙わず敗れたエジプト人柔道家が話題に 海外の反応



スレッド・今日学んだこと
「1984年ロス五輪柔道決勝で、エジプトのモハメド・アリ・ラシュワンは右足の肉離れを起こしていた山下泰裕に敗れた。ラシュワンはフェアプレーではないと山下の右足を狙わなかった。これにより彼は国際フェアプレー賞を受賞した」
より


モハメド・ラシュワン - Wikipedia


(海外の反応をまとめました)





■ 国際フェアプレー委員会なんてものが存在するなんて。それ自体が「今日学んだこと」にぴったりだ。



■ 怪我をした手や足を攻撃するのは武道らしくないもんね。



■ 今のエジプト人柔道家は試合後に握手すらしないのに。



■ ラシュワンはカラテ・キッドを見てなかったらしい。(エジプトではリリースされなかったのかな?)



■ 最近のオリンピックで選手が見せたスポーツマンシップにすごく感動した。ラシュワンの行動こそオリンピックの目的だと思う。



■ 山下は怪我した足にイスラエルの国旗を描いていたに違いない。



■ 今ではラシュワンはエジプト柔道連盟と国際審判のメンバーなのか。リオ・オリンピックでの「スポーツマンらしくない行動」について彼はどう思ってるんだろうか?それとこれとは別の話だろうか?



■ ラシュワンよりイスラエル選手との握手を拒否したエジプト人の方が好きだな。



■ 彼は山下の右足を攻撃してるよ。むしろ最初の攻撃から右足を狙ったし。



■ モハマドとアリという名前の人にはいい人が多いみたいだ。



■ 俺ならフェアプレーメダルより金メダルの方が欲しい。



■ これぞオリンピック精神。イスラエル人との握手を拒んだあのエジプト人は恥じるべきだ。

■ オリンピックはお金がすべて。あるいは勝利こそすべてだ。ラシュワンが山下の右足を攻めなかったのはそうした方が彼にとってお金になると判断したからだろう。




■ こういうイスラム過激派なら歓迎なんだけど。



■ 何てことだ。彼は最初の攻撃で山下の右足を攻撃してるじゃないか。



■ MMA・UFCのファンだけど、トレーナーがファイターに「奴を切り刻め!」って何度も叫んでるところを見ると、本当に気分が悪くなる。



■ 山下は柔道の神様だから、足を怪我してたとしてもエジプト人が勝つには難しい相手だったと思うよ。



■ 格闘技はスポーツマンシップにあふれている。



■ そして2016年、エジプト人はイスラエル人対戦相手との握手を拒否した。進歩してるな。



■ そんなの気にするな。足を蹴れ!



■ ユダヤ人との握手を拒否したエジプト人柔道家のことを恥じてエジプトがプロパガンダを始めたのだろう。



■ 怪我した足を狙うのは確かに卑怯だ。でも怪我をしていない足を狙うのも相手の動きに影響を与えるからフェアとは言えないと思う。



■ 柔道や格闘技がどうあるべきかの最高の例だ。この件については知らなかったので、今回教えてもらってうれしいよ。柔道の根本にある精神の一つは「互恵」だ。この件はそれをいい形であらわしてると思う。



■ 彼はイスラエル人相手にも同じことをしただろうか?

■ 当時はカーターのおかげでエジプトとイスラエルは同盟国だったから。



ソース1
関連記事

[ 2016/08/23 08:06 ] 日本 | TB(0) | CM(29)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 71725 ]
これも色々調べると、それほど美談でもなかったというのが実情みたいね
[ 2016/08/23 08:29 ] [ 編集 ]
[ 71726 ]
山下さんは、彼は怪我した足を攻めてきていたって話してるよね。映像でも残ってるし。ただ、山下さんは、全力で勝ちに来る姿勢を評価して称えてた。足を出来るだけ攻められない様にしていたってのが、本当のところだね。
[ 2016/08/23 08:32 ] [ 編集 ]
[ 71727 ]
いや本気でやるなら攻撃しろよ
はじめの一歩でそんなのやってたじゃん
[ 2016/08/23 08:37 ] [ 編集 ]
[ 71728 ]
実際どうだったかは置いておくとして
怪我してる足を攻めないって攻撃の選択が狭まって不利になるわけだし、攻めて当然だよな
出る方も当然攻められる事を覚悟して出るんだし
それでフェアプレーってのはなんつーか普通に右足攻めた人が可哀想な気が
[ 2016/08/23 08:57 ] [ 編集 ]
[ 71729 ]
またこの話か。これ嘘なんだよ。間違い。この試合のあとに日本のマスコミが「ラシュワンは山下の痛めていた足を攻めなかった」と言い出してそれがあっという間に全マスコミに拡大したんだよ。でも実際はラシュワン選手は普通に痛めたほうの足を攻めている。マスコミのでっち上げた美談。
[ 2016/08/23 09:12 ] [ 編集 ]
[ 71730 ]
今だに勘違いしてる奴いるのかよ
[ 2016/08/23 09:26 ] [ 編集 ]
[ 71731 ]
ラシュワンさん奥さん日本人で近所に住んでたけど、
今どないしてはんねやろ。
[ 2016/08/23 09:27 ] [ 編集 ]
[ 71732 ]
なんだ、美談だと思ったのに
書き方伝え方次第で善にも悪にもなる事をマスコミは自覚してくれ
[ 2016/08/23 09:41 ] [ 編集 ]
[ 71733 ]
俺、山下と乱取りして投げた事あるんだぜ
柔道やってて唯一の自慢w
[ 2016/08/23 09:51 ] [ 編集 ]
[ 71734 ]
武道家なら当然狙うわな
手負いとはいえ山下相手に手加減とかそっちの方が相当に失礼

最初に足を狙われて、それ以降足を攻めさせなかった山下と勝負に徹してを挑んだラシュワン、でいい話
[ 2016/08/23 09:55 ] [ 編集 ]
[ 71735 ]
これたとえ右足を狙わずに左足を狙ってたとしても逆に右足に負担がくる
五輪選手がそうだったか知らないけど俺が現役のときはいつも練習でそう感じてたから相手の友達には普通にしてくれって頼んでた
[ 2016/08/23 10:00 ] [ 編集 ]
[ 71736 ]
こんな話またやってんのか。ああ、最近あったからなあ
[ 2016/08/23 10:17 ] [ 編集 ]
[ 71737 ]
これデマで、実際は右足を狙っていた模様。
[ 2016/08/23 10:24 ] [ 編集 ]
[ 71738 ]
右足を潰すつもりで執拗に攻撃してたんならスポーツマンとしては問題
逆に武道家として怪我を気遣いして攻撃しなかったのであればそれはそれで問題

五輪はスポーツだからそれで良いんだろう
[ 2016/08/23 10:39 ] [ 編集 ]
[ 71739 ]
また古い話しだな。
それに今のJUDOにはこの頃の柔道はもうないな
[ 2016/08/23 10:45 ] [ 編集 ]
[ 71740 ]
>■ ユダヤ人との握手を拒否したエジプト人柔道家のことを
>恥じてエジプトがプロパガンダを始めたのだろう。

これか。
[ 2016/08/23 11:06 ] [ 編集 ]
[ 71741 ]
こういう美談いらんわ
怪我してるやつはそれを承知で出てるんだから、相手に手加減させるのは失礼だよ
[ 2016/08/23 11:12 ] [ 編集 ]
[ 71742 ]
実は嘘だった。というところまで含めて有名な話だよね。
山下のラシュワン評まで含めて「いい話」だと思う。
ウソをでっち上げたマスコミは許さないが。
[ 2016/08/23 11:41 ] [ 編集 ]
[ 71743 ]
実際最初に右足攻撃しててあとからは単純に攻撃できなかっただけだとしても、日本人が攻撃しない良い柔道家だという認識もってるから良いんじゃねーの
逆にそれによって意識が変わったかもしれんし
[ 2016/08/23 11:50 ] [ 編集 ]
[ 71744 ]
映像みるとしょっぱなからガシガシ攻めてるように見えるんだよな実は
[ 2016/08/23 11:53 ] [ 編集 ]
[ 71746 ]
握手拒否したエジプト人も以前から、そのイスラエルの選手と対戦するなと
国の政治団体から脅しをかけられてたんじゃなかったっけ
[ 2016/08/23 12:34 ] [ 編集 ]
[ 71747 ]
実際は違ったんだろw

足攻めてたって、確か本人が言ってると思うがwww
[ 2016/08/23 12:58 ] [ 編集 ]
[ 71748 ]
足は狙ってた模様
そもそも弱点をつかないのは逆に失礼
たとえ怪我をしていても畳に上がった時点で万全だという証明だから
[ 2016/08/23 13:05 ] [ 編集 ]
[ 71749 ]
今も昔も日本のマスコミは日常茶飯事で捏造していたということか。
よくも長年に渡って騙してくれたな。
相手のラシュワンにも迷惑だろうが。
[ 2016/08/23 13:19 ] [ 編集 ]
[ 71750 ]
日本のマスコミが作り出した嘘が未だに広がり続けているんだな
[ 2016/08/23 13:24 ] [ 編集 ]
[ 71751 ]
当時のエジプトのコーチの中に日本人が居たんだよ。
そのコーチが「山下の右足を狙わない方がいい」と言った。
最初ラシュワンは「日本人を勝たせる為にそう言ってるのか?」と思ったそうだ。
しかしコーチの話を最後まで聞いたら、山下がその動きの隙を間違いなく狙ってくる事が分かって恐ろしくなったと言ってる。
結局山下の右足が気になった自分の負けだと笑ってインタビュー受けてたのを覚えてる。

ラシュワンの言う正々堂々というのは右足を狙わないではなく、いつも通り戦うという事だったらしい。
[ 2016/08/23 14:52 ] [ 編集 ]
[ 71752 ]
攻めたかったけど効果的な攻撃をさせてもらえなかった
それ見た間抜け文屋が「攻めなかった」と勘違いして
美談に仕上げた・・・売れさえすりゃ良い商売だから
それが悪いとはゆわんけど
山下は山下で武道家としての品位を保つためにあえて
美談を否定しようともしなかった・・・機会があれば
事実だけを述べた
って感じ?
[ 2016/08/23 18:34 ] [ 編集 ]
[ 71768 ]
事実がどうであれ、そういうのをフェアプレーっていうのか?
勝負の世界なんだから敵の弱点を攻めるのは当たり前の戦術だろうに
[ 2016/08/23 21:18 ] [ 編集 ]
[ 71774 ]
でっちあげの美談はもうお腹一杯。
[ 2016/08/23 22:03 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク