こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

一個で日本の発電量の約50年分 台風エネルギーを電気に変える『台風発電』に挑む日本企業 海外の反応

一個で日本の発電量の約50年分 台風エネルギーを電気に変える『台風発電』に挑む日本企業 海外の反応

強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型

 チャレナジーは2014年創業の研究開発型ものづくりスタートアップ企業だ。東京都墨田区の助成金プロジェクトで採択されたモノづくり拠点「Garage Sumida(ガレージスミダ)」(関連記事)を本拠としている。

 同社が板金加工企業の浜野製作所などと実現に取り組んでいるのが、プロペラのない風力発電機である「垂直軸型マグナス風力発電機」だ。
 風力発電は再生可能エネルギーとしては効率が高く、世界の再生可能エネルギーの中でも発電量は水力に次いで2番目に多い。しかし、日本の場合は太陽光発電に偏重しており、風力の比率は非常に低い状況が続いている(関連記事)。この日本で風力発電の普及を妨げてきた要因にはさまざまなものがあるが、要因の1つとして日本では風が一定に吹き続けている場所が少ないという点が挙げられる。

 風力発電は、風が吹けば吹くほどよいというように思われがちだが、実は台風などの強風が吹く状況では、ブレードなどが破損する可能性があるため、発電を行えない。チャレナジーの取り組む垂直軸型マグナス風力発電機はこれらの課題を解決し、台風などの強風時でも発電を行える他、従来設置できなかった小さな環境にも設置することを目指したものだ。(後略)


(海外の反応をまとめました)





■ グリーン・再生可能エネルギーのボトルネックはバッテリー・貯蔵なんでしょ?1個の台風で日本の電力消費の50年分を集められるというのはいいけど、まとめて電気を貯めておく信頼性の高い術がないと意味がない。

■ ネットでAnkerの商品をフォローしてれば、いつでも安い製品を手に入れられると思う。

■ 1年でも貯めておければ十分なんだけどな。50年というのは目を引くけど、もっと小さい貯蔵量でも十分実用的だと思う。

■ バッテリーだけが電力を貯蔵しておく方法だというわけではない。電力網内で貯蔵するということもできる。

■ アメリカ最大手の電力取引会社に勤めてるけど、電力網貯蔵はまだ実用化されてない。今急速に進歩してるところだけどね。

■ 一番安上がりなのは電力を重力にしておく方法だ。貯水池の水を高いところに上げておいて、風がなくなったらそれで発電すればよい。簡単だ。

■ 余剰な分は近隣諸国に輸出すればいい。あるいは密度の高い液体を高い場所に揚げておくことに使えばいい。

■ 確かに他の潜在エネルギーに変えておかなければならないのだろうけど、それだと損失が大きくなりすぎる。簡単ではないんだ。




■ ハリケーンや台風のような熱帯ストームが来るところならどこでも使えそうだ。これがうまくいけばいいね。再生可能エネルギーが増えるのはいいことだ。



■ もし予知できてるようになって送電網や貯蔵施設も作られたのなら、地震こそ最大の電源になると思う。



■ 考えは素晴らしいと思うけど、その技術はあるんだろうか?



■ タイフーンタービンって言葉がすごくかっこいいと思うのは俺だけだろうか?



■ 日本人なら台風を手なずけて電力を取り出せるようになるさ。今までで最高の日本発のアイディアだ。



■ ただただすごいね。



■ なぜ福島の前に考え付かなかった?



■ 日本人は天才だから成し遂げると思う。



■ 台風には風力がたくさんあるからね。



■ 日本人は革新を起こそうとする精神を持っている!



■ 電力の貯蔵が課題だね。



■ そんなにたくさん発電しても貯蔵できないんだから、余った電力はレーザービームに変えて北朝鮮に向けて欲しい。



■ みんな貯蔵はどうするんだと言ってるね。しばらく前に運動エネルギー貯蔵という記事を読んだことを覚えている。50年回り続ける巨大な石臼のイメージは素晴らしい。これには核や化学的な危険がない。1年だけしか持たないとしてもすごいと思う。



■ タービンが何個あれば十分な大きさの列になるんだ?



■ これが大成功しますように。


ソース12
関連記事

[ 2016/09/29 09:35 ] 日本 | TB(0) | CM(35)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 75558 ]
そりゃもう台風ペットにしてフー子なんて名前つけてた小学生がいたくらいですから( v^-゜)♪
[ 2016/09/29 09:42 ] [ 編集 ]
[ 75559 ]
今はできないから~なんて言ってたら何も生まれない
[ 2016/09/29 09:52 ] [ 編集 ]
[ 75560 ]
フランスは洋上で大規模な風力発電をする予定だったけど、その計画は頓挫してしまった
[ 2016/09/29 10:02 ] [ 編集 ]
[ 75561 ]
実現したらスゴイね。

余った電力は、水素に変換して貯蔵すればいいんじゃん?
もっと水素インフラを広めてさ。
[ 2016/09/29 10:13 ] [ 編集 ]
[ 75563 ]
売電したらええやん
[ 2016/09/29 10:23 ] [ 編集 ]
[ 75564 ]
完成しても、中韓には輸出するなよ!
パクられんぞ。
[ 2016/09/29 10:30 ] [ 編集 ]
[ 75565 ]
一軒屋をまかなえるほどの大きさの蓄電池が爆発すると一軒屋を軽く吹き飛ばす破壊力になるからなぁ。

蓄電は容量もだけど安全性の問題もまだまだ大きい。
[ 2016/09/29 10:40 ] [ 編集 ]
[ 75566 ]
バッテリー高い上に劣化も早いもんなぁ
無劣化リチウムがもうすぐそこまで来てるらしいが
[ 2016/09/29 10:40 ] [ 編集 ]
[ 75567 ]
台風発電が上手くいけば輸出できる資源になるかな?
[ 2016/09/29 10:42 ] [ 編集 ]
[ 75568 ]
素晴らしいけど、安定して発電できるシステムじゃないと使いづらいんだよなぁ。

電力を無駄なく保存できる方法が出来れば完璧だけど。
[ 2016/09/29 10:45 ] [ 編集 ]
[ 75569 ]
実現・安全運用可能になって欲しいな

石油やガスみたいに安定供給は出来ないだろうけど
一気に資源国家にのし上がれるじゃん

[ 2016/09/29 10:48 ] [ 編集 ]
[ 75570 ]
夜間の余ってる電気で水を汲んで必要に応じて昼間発電に使うのはあちこちでやってるよ
[ 2016/09/29 10:58 ] [ 編集 ]
[ 75571 ]
はい
[ 2016/09/29 11:13 ] [ 編集 ]
[ 75572 ]
発電より蓄電のほうが厄介
[ 2016/09/29 11:20 ] [ 編集 ]
[ 75573 ]
>一個で日本の発電量の約50年分

この50年分って台風全体を風力として回収した場合のネルギー規模のことで一度の台風でで約50年分の電力が作れるってことでは無いよね。
(開発当時のテレビを見てたけど微風でも回転するだけで、そこまで驚くほど発電効率の高いものではなかったような・・・違ったかな?)
[ 2016/09/29 11:23 ] [ 編集 ]
[ 75574 ]
50年分どころか、1ヶ月分も無理や
[ 2016/09/29 11:50 ] [ 編集 ]
[ 75575 ]
安易に危険性の高い原発に飛びつかずに
最初から水力、風力、太陽光に全力をそそいでいれば
今頃放射能なんて気にもしなくていいクリーンな国になってたろうに
[ 2016/09/29 11:57 ] [ 編集 ]
[ 75576 ]
日本に持って来いの技術じゃん
[ 2016/09/29 12:07 ] [ 編集 ]
[ 75577 ]
>一番安上がりなのは電力を重力にしておく方法だ。貯水池の水を高いところに上げておいて、風がなくなったらそれで発電すればよい。簡単だ。

いや、もうそれ既にやってるから
揚水発電ってやつ
[ 2016/09/29 12:19 ] [ 編集 ]
[ 75578 ]
ななし
これが完全に完成された途端に台風が来なくなります^^
[ 2016/09/29 12:54 ] [ 編集 ]
[ 75579 ]
北朝鮮に電力分けても、日本にミサイルを撃ち返してくるだけw
[ 2016/09/29 13:26 ] [ 編集 ]
[ 75580 ]
マグナスの力は現代の人間にはまだ早いとサイジックの魔術集団が言っている。
[ 2016/09/29 13:30 ] [ 編集 ]
[ 75581 ]
蜘蛛の糸も製品化したし、日本人なら電力を蓄える技術もそのうち開発しそう
それにしても最近はベンチャー頑張ってるね。ロボットベンチャーも多いし、将来は家電に変わる産業になりそうだね
[ 2016/09/29 13:50 ] [ 編集 ]
[ 75582 ]
※75575
その3つはいざという時安定供給出来ないという欠点がある。
工業にとってはとんでもない足枷になる。
その3つを主軸にするのは過去の時点では無い選択。需要が満たせない。
原発廃止には行って欲しいけど原発の開発は続けて欲しい。
[ 2016/09/29 13:57 ] [ 編集 ]
[ 75583 ]
再生可能エネルギーはまだまだ研究が必要やね
未来に期待だな
[ 2016/09/29 14:06 ] [ 編集 ]
[ 75584 ]
※75575
君、新興宗教とかキャッチ販売
ありていに言えば詐欺に弱そうだね
[ 2016/09/29 14:10 ] [ 編集 ]
[ 75601 ]
んなことより台風の進路をばれない様に北西に流す装置を考案しろ。
[ 2016/09/29 14:52 ] [ 編集 ]
[ 75607 ]
これの試作品だったのかな?
何年か前にテレビで見たこと有る。
このタイプは全周囲(360°)から風を受けられるってやってたな。
微風でも発電できるとも。
換気扇とかに使われてる円筒型の羽のタイプだったら自作できる。
[ 2016/09/29 15:11 ] [ 編集 ]
[ 75618 ]
※75575
たらればなんて誰でも言える
[ 2016/09/29 16:25 ] [ 編集 ]
[ 75671 ]
三橋貴明▲『安倍政権の「外国人受け入れ拡充」に反対する』
【ユダヤ マフィア】=【ハザール マフィア】≒【原油メジャー = 莫大な利益】 
≒ 【イルミナティ】 ≒ 【フリーメーソン】

2011-07-12
■水で走る車が 発明された! しかし、この発明家 は殺された! 
>1992年、殺される前の貴重な水で走る車をすべてを解説した映像を見つけました。
【白木正四郎のブログ】 ttp://masashirou.exblog.jp/15932719/
2012年09月27日
■水で走るエンジン 発明者は 抹殺せよ。 
【大摩邇(おおまに)】 ttp://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1722813.html

と、「無料エネルギー」が公開されると、上記の「世界の真の支配者」らは
全世界で年間、数十兆円~は利益を失う・・・・・ということになる。

ただ、数年前、アメリカ海軍が「これからはアメリカ軍の軍艦は、海水を利用し
走らせる」と発表したが、これが民間にまで広がることを、はたして上記の
世界の支配者らは認めるのかどうか?
[ 2016/09/29 22:02 ] [ 編集 ]
[ 75679 ]
強風下発電こそが風力発電の本命であることは前から言われてたし、飛行機がプロペラやファン(ジェット旅客機の推進力はほとんどファンで得ている)で飛んでいるのだから原理的には出来ることも分かっている。

台風時の余剰電力を使って海水を電気分解し(効率的な電気分解の技術開発競争を期待できる)、風のないときにはその水素を使ってコージェネ型燃料電池(これもまた開発が進んでいる分野だ)で発電して送電すればよい。

強風下風力発電システムの良い点は、効率をあまり考えなくても良いことだ。エネルギーは有り余っているのだから。
[ 2016/09/29 22:38 ] [ 編集 ]
[ 75682 ]
>最初から水力、風力、太陽光に全力をそそいでいれば
>今頃放射能なんて気にもしなくていいクリーンな国になってたろうに

ここで取り上げている強風下風力発電は別にして、水力や太陽光では容量的に無理があるかと・・・

まあ、家庭用だけなら太陽光発電でもできないことはない。
今主流の1kwタイプが200万円ぐらいだが、2kw型でないと自立することはできない(不足する時がある)。一方、4人家族の電気代を年間10万円ぐらいと仮定すると、10年間で償却するとして100万円以下でなければならない。

ということは、現状200万×2kw=400万円ものが1/4の値段にならなければならないことになる。2kwモジュールが工事費込みで100万円になったら、全家庭を太陽光発電に変えることができる。

こういうふうに実現の為にはどれだけの数値が必要かを考えるのが、真のサヨク(急進改革派)というものだw
アベシネとか戦争法反対とか騒いでいるのは、急進している気分になってアヘっている愚か者にすぎない。

[ 2016/09/29 22:54 ] [ 編集 ]
[ 75688 ]
垂直軸型マグナス風力発電機は大昔からあるよ
メリットは風向きがどの方向からでも発電できる事
偏西風じゃなくて季節風に頼ってる日本ではわりかし実用的。
[ 2016/09/29 23:45 ] [ 編集 ]
[ 75692 ]
電力貯蔵なら、真空化と磁力浮上で摩擦によるエネルギーロスを無くした"リニア式フライホイール蓄電池"なんかできないかな?
海や湖等の上なら、揚水発電的な蓄電池。冷却に使う電力が割に合うなら、超電導コイルを使った蓄電等も良さげ。
(発電羽?にも溝を付けて効率UP?)
[ 2016/09/30 00:45 ] [ 編集 ]
[ 75695 ]
電力は回転エネルギーで貯蔵だろうな
でも金がかかる
[ 2016/09/30 01:19 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク