こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

中国がついに国産ステルス機「J20」を一般公開 海外の反応

中国がついに国産ステルス機「J20」を一般公開 海外の反応
中国国産ステルス機「J20」、初の一般公開 大空を飛翔
中国軍の国産ステルス戦闘機「J20(殲20)」が中国・珠海市で始まった中国国際航空宇宙博覧会で初公開された。

J20は、米軍のF22やF35の対抗機となると目されている

中国国際航空宇宙博覧会は1日から6日までの日程で開催され、中国やロシアの防衛企業が参加する。

(海外の反応をまとめました)





■ 中国は無防備で不注意なアメリカのコンピュータネットワークをハッキングして技術を盗んでコピーしたに違いない。あるいはスパイをしたのだ。



■ 餓えてる人もいるんだ。人類を壊すものじゃなくて平和に投資しようよ。

■ アメリカに言え。彼らこそ軍拡競争を仕掛けているのだ。




■ 多くの人が中国を過小評価してる。今や地上にあるほとんどすべての製品が中国製だ。中国人は天才だ。口数は少なく、行動で示す。本当に尊敬してるよ。この戦闘機はF-22に対抗するために作られたものだが、基本的には防衛用のものだ。



■ J-20は良い飛行機だが、航空優勢戦闘機にはなれない。あのひょろ長の機体見てみろ。爆撃機かよ。F-22レベルの飛行機ではない。J-20はF-22の視界には入れないだろう。その前に腕のいいアメリカのパイロットに撃ち落とされる。



■ 恐らくJ-20はF-22には及ばないのだろう。米中の技術差は大きいが、自国が少しずつ進歩する姿は誇らしいものだ。



■ 中国のパイロットは長いこと実戦を経験していない。世界のトップガンたちと対峙したことがないのだ。



■ 中国がコピーしたと文句を言うのはやめろ。戦争になればどこからコピーしたかなんてどうでもよくなるんだよ。アメリカを物量で上回ることができるかどうか、物を言うのはそこだ。



■ わが国は軍縮をやっているのに、中国は軍拡をやってる。中国おめでとう。

■ 軍縮?毎年6000億ドル以上も使ってるくせに。




■ ラプターより劣るのだろうが、中国は100倍の数を用意するだろう!



■ コピーしたというけど、F-22やF-35とは似ても似つかないぞ。



■ ヒラリー・クリントンの違法で無防備なサーバーから情報を盗んだんだろうね。



■ 俺は無人のステルス戦闘機こそソリューションだとずっと言い続けてる。



■ アメリカは毎日のように秘密兵器を公開してるだろ。CNNはそれも伝えろよ。



■ 中国人パイロットがお上手なのは輸送機の操縦だけだ。



■ 中国製は長持ちしない。これが墜落するまで何時間だろう。



■ 中国の軍事力がアメリカに追い付いてきたな。



■ これは戦闘機ではなくミサイルだ。中国製だからいつ爆発してもおかしくない。



■ 中国の問題は空母を持っていないことだ。いや、一隻あったか。



■ 中国人は超大国になるためなら何でも吸収する!



■ F-22やF-35は問題だらけで何兆ドルもした時代遅れのガラクタだ。



■ F-22をコピーしようとしたが技術力が足りず、エンジンも弱いものを使わざる得なかったのだろう。中国は強さを見せようとするが弱い。彼らの唯一の空母は20-25分に一機しか発進できない。アメリカのフォード級は45秒に一機だ。



■ ステルス機だと自称したとしてもそれが本当にステルスとは限らない。



■ 不細工だな。



■ 第2次冷戦がまさに始まりつつある。



■ よさげだね。でもラプターには勝てそうにないね。


ソース1
関連記事

[ 2016/11/01 18:16 ] 中国 | TB(0) | CM(25)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 78688 ]
Gが飛んでる
[ 2016/11/01 19:07 ] [ 編集 ]
[ 78689 ]
>中国製は長持ちしない。これが墜落するまで何時間だろう。
中国製なら墜落前に爆発することが必要だな。
[ 2016/11/01 19:18 ] [ 編集 ]
[ 78691 ]
それで尖閣に来てスクランブル掛けられなかったら捨留守かどうか判るよ。
[ 2016/11/01 19:24 ] [ 編集 ]
[ 78692 ]
もう有人じたい無駄でしょ。
先に無人機実用化した所の勝ちですよ。
その為には宇宙事業が必須ですね
[ 2016/11/01 19:27 ] [ 編集 ]
[ 78693 ]
かっけえ・・・・
中国人民はさぞ誇らしかろうな
宇宙ステーションの件といい、もう地球のリーダーは中国に交代だね
[ 2016/11/01 19:41 ] [ 編集 ]
[ 78694 ]
 
日本終わった、ついに量だけではなく質でも圧倒される時代が来た。極東のパワーバランスは変わってしまった。よりにもよって、新たに覇権を握るのがあの中共とは、生まれる時代を間違ったよ。ああ、いやだ。
[ 2016/11/01 19:55 ] [ 編集 ]
[ 78695 ]
これがレーダーにガンガン映るという第5世代戦闘機か
[ 2016/11/01 20:01 ] [ 編集 ]
[ 78696 ]
黒煙吐くやつか?
[ 2016/11/01 20:02 ] [ 編集 ]
[ 78697 ]
え、てか結局ステルスなのにカナード翼なん??
[ 2016/11/01 20:15 ] [ 編集 ]
[ 78698 ]
そもそもクリントンが中国の犬だし。

[ 2016/11/01 20:28 ] [ 編集 ]
[ 78699 ]
中国ありがとう
これでまた次世代機の開発予算が貰えるぞ

byRM
[ 2016/11/01 20:36 ] [ 編集 ]
[ 78701 ]
カナル翼ってww
[ 2016/11/01 20:44 ] [ 編集 ]
[ 78702 ]
カウンターステルス装備してるE2Dの前ではもはや過去の技術。
先に作らなくてはならないものほったらかしで(つーか中国に作れる能力無いけど)今さらこんなもんでドヤされてもフーンとしか言えない。
[ 2016/11/01 20:45 ] [ 編集 ]
[ 78703 ]
ステルス機能あるか実験するレーダーが中国製なら映らないだろうな
[ 2016/11/01 20:46 ] [ 編集 ]
[ 78706 ]
 
何このイカ
[ 2016/11/01 22:01 ] [ 編集 ]
[ 78707 ]
ペンドラルフィンがある時点で胡散臭い
[ 2016/11/01 22:59 ] [ 編集 ]
[ 78709 ]
そんなに数は作らないらしいし、とりあえずステルスっぽいのを作りましたってだけで、次世代機が本命でしょ。
[ 2016/11/01 23:15 ] [ 編集 ]
[ 78710 ]
エンジンがアメリカのコピーレベルでも機体設計でなんとかなるというのは堀越二郎が証明してるんだけどな
どれくらいのレベルのものなのか分からんのに舐めてかかったら戦前の米軍の二の舞いになるぜ
[ 2016/11/01 23:48 ] [ 編集 ]
[ 78712 ]
>>78691
逆に余程この戦闘機のステルス性能に自信があると言う訳ではない限り、尖閣や日本の防空識別圏に飛ばして来ないんじゃないかな。最新鋭のステルス機が来たからスクランブルかけてやったとか発表されると中国側のダメージ測り知れないでしょ。
[ 2016/11/02 00:14 ] [ 編集 ]
[ 78713 ]
ステルス云々よりも数にものをいわせての飽和攻撃が怖いが、旧ソ連の潜水艦みたいに蓋を開けてみたら数ばっかりでほとんどが運用可能な状態じゃなかったりしてな。
[ 2016/11/02 00:37 ] [ 編集 ]
[ 78714 ]
ロシアですらクソミソに叩いたな
[ 2016/11/02 01:06 ] [ 編集 ]
[ 78732 ]
ドックファイト前提のステルス戦闘機って時点で中国の軍事技術の程度が知れると思うが、中国共産党のお歴々は何考えんだか?
[ 2016/11/02 10:04 ] [ 編集 ]
[ 78783 ]
相変わらずイカのままだな
[ 2016/11/02 22:25 ] [ 編集 ]
[ 78785 ]
※多くの人が中国を過小評価してる。
今や地上にあるほとんどすべての製品が中国製だ。
中国人は天才だ。

パクリの天才ではあるw
今中国で作っているいろんな製品や技術の殆どは
日本企業が中国に工場を作って
中国人の工員に教えてんだけどw
[ 2016/11/03 03:01 ] [ 編集 ]
[ 78810 ]
カナードやベントラルフィンがどの程度ステルス性に影響あるかは解らんが、
制御技術が低いのを補う為の苦肉の策っていうのは間違い無いからな
[ 2016/11/03 14:03 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク