こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

葛飾北斎にささげられた美術館が墨田にオープン 海外の反応

葛飾北斎にささげられた美術館が墨田にオープン 海外の反応
すみだ北斎美術館が開館 所蔵1800点、初年度20万人来場目指す
 江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の作品を集めた「すみだ北斎美術館」(東京・墨田)が22日午前、開館した。100年以上行方が分からなかった幻の肉筆画「隅田川両岸景色図巻」など1800点近くを所蔵。浅草や東京スカイツリーにも近い両国の新たな観光スポットとして、初年度は20万人の来場を見込む。

 墨田区は北斎が生涯の大半を過ごしたゆかりの地。設計は世界的に知られる建築家の妹島和世さんが手掛け、総工費は約34億円。開館記念展「北斎の帰還」では代表作「冨嶽三十六景」や隅田川両岸景色図巻を含む約120点を展示する。

 22日午前の開館式典で墨田区の山本亨区長は「北斎芸術の素晴らしさを堪能していただきたい」と強調。名誉館長を務めるオリックスの宮内義彦シニア・チェアマンは「美術館を誇りに思い、大事にしてほしい」と話した。

葛飾北斎にささげられた美術館が墨田にオープン 海外の反応2

(海外の反応をまとめました)





■ 北斎は最高だ。



■ ちょうど先週、娘に彼の富嶽三十六景の小さい本をプレゼンしたところだ。娘の絵は固くパターン化してきていたので彼女はこの本を気に入ると思う。

■ 版画は過小評価された芸術様式だと思う。彫っているのに2次元が生まれるところが好きだ。私も子供のころ富嶽三十六景の本を持ってて好きだったな。嵐の日に東京湾から船で出たのはすごい経験で、彼の版画のことを思い出したよ。

■ 本当に日本まで行ってそれを見るなんてすごいな。




■ 少年のころ学校の図書館でぼろぼろの古い本に出くわして、それが北斎のスケッチブックだったな。北斎はまるでカメラを与えられた子供のように何でも描いた。ありのままの人々やヌード、動物を様々なポーズで描いた。北斎時代の日本の生活を垣間見たみたいで魅了されたよ。ハーバード大学のオンラインミュージアムにそれがある。
http://www.harvardartmuseums.org/art/202270

■ 素晴らしいな。




■ いろいろな感情を引き起こす作品だ。



■ 北斎の作品はボストンで見たことがある。本当に素晴らしかった。



■ 絶対見ないといけない場所だね。



■ 枯れることのない才能を持った素晴らしい絵師。



■ 偉大なアーティストの別の側面が見られそうだ。



■ 北斎の作品を所蔵する美術館としてこれほど不適切なビルは想像できない。こういう超モダンギャラリーはもはや退屈だ。

■ 同感。伝統的な建物でこそ北斎の真価が発揮できたと思う。この中では彼は周囲から完全に隔離されてしまったように見える。

■ この美術館が建設されるところを見たけど、二人とも全然間違ってる。これは幻想的なほどに面白いビルで、周辺住民も誇りに思ってるし、絶えず魅了してくれる。曇りの日には完全に消えたようになって、トリッキーだったりする…。北斎が自身の作品で使った視覚トリックとかみ合わないことはないと思う。北斎は彼の時代のモダン・ガイだったことを心にとどめつつ、実際に行ってみると良いだろう。




■ 自分もこれらの版画は大好きだな。特に「神奈川沖浪裏」がね。うちの廊下に堂々と飾ってるよ。



■ 彼は本当に天才。色の使い方やラインアートの感じをどこでミックスさせればいいか本当によくわかってる。



■ 北斎も凄いけど、彼の娘の作品も見てみてよ。

■ もしMiss Hokusaiという映画がなかったら、彼に娘がいたことすら知らなかったと思う。

■ 北斎に娘がいてその人も絵師だったなんて知らなかったよ。北斎の絵は素晴らしかったから彼女がどんな作品を描いたのか知りたいね。




■ 間違いなく史上最高の芸術家の一人。彼の構成力は完璧だ。



■ 今度日本に行く時はここに行こうと思う。グレートウェーブのコピーは前に日本に行った時手に入れてリビングルームに飾ってあるよ。



■ 「蛸と尼」もあるのかな?



■ 1日ずれて逃してしまった…。また日本に行く理由ができた!



■ 北斎とゴッホが自分の好きな二大アーティストだな。彼らの作品なら絶対見ることにしてる。


ソース1234
関連記事

[ 2016/11/25 09:03 ] 日本 | TB(0) | CM(18)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 80315 ]
北斎の娘、お栄については、杉浦日向子の『百日紅』が好き。
完全なフィクションで、事実ではないけど、
日常を切り取った軽い描写の中に、18世紀の日本人の真実があると思う。
[ 2016/11/25 10:28 ] [ 編集 ]
[ 80316 ]
グレートウェーブって趣きもクソもないな。
[ 2016/11/25 10:29 ] [ 編集 ]
[ 80317 ]
海外が評価してくれなかったら
日本人にはここまで評価を受けなかっただろう
文化は必ずしも生まれた国が残すものじゃない
皮肉だが有り難いことだ
[ 2016/11/25 10:40 ] [ 編集 ]
[ 80318 ]
俺も思ったわ
なんで和風の外観にしねーんだよ
[ 2016/11/25 10:50 ] [ 編集 ]
[ 80319 ]
外観、ずんぐりした感じだな…
[ 2016/11/25 10:53 ] [ 編集 ]
[ 80320 ]
※80317
北斎は生前から高く評価されて人気だったぞ
大名から製作依頼とか来てたくらいだし
[ 2016/11/25 11:04 ] [ 編集 ]
[ 80322 ]
北斎は自分の人気が嫌で30回も名前を変えまくったというへそ曲がりの人だし
なぜ人気がないと思った
[ 2016/11/25 11:45 ] [ 編集 ]
[ 80323 ]
※80317
当時から普通に超有名だったけど

ただ、浮世絵はあくまでポップカルチャーだったので、アカデミックな世界の人達から見下されていたのは事実だね。芸術ではなくあくまでエンタメと思われていたということ。
[ 2016/11/25 12:13 ] [ 編集 ]
[ 80324 ]
※80317
死後有名になる画家は多いが、北斎は当時から売れっ子の人気者だった。
アホなこというな。
今回、関東大震災で焼失してしまった名画復元ができたのも、戦前にその当時の一流写真家などによって資料を残しておいてくれから。
北斎の日本での評価は一貫して高い。
[ 2016/11/25 12:55 ] [ 編集 ]
[ 80325 ]
浮世絵自体の評価が日本で低かったのは確か
それこそ海外から評価されてやっと目を向けはじめた
西洋が自身の芸術を研究するほどに浮世絵の研究はされてないのでも分かる
浮世絵は確実に日本人より欧米での評価のほうが高い
[ 2016/11/25 13:01 ] [ 編集 ]
[ 80326 ]
>北斎は彼の時代のモダン・ガイだったことを心にとどめつつ、実際に行ってみると良いだろう。
画狂老人卍、鉄棒ぬらぬら、紫色雁高は1990年代くらいの(エロ)漫画家っぽい響き
[ 2016/11/25 13:04 ] [ 編集 ]
[ 80327 ]
浮世絵って当時は大量に出回ってたから西洋に送る陶器を包む緩衝材として使われていたらしいね
陶器と一緒に海を渡って、西洋人が見たこともない緩衝材を観賞
なんつって
[ 2016/11/25 14:15 ] [ 編集 ]
[ 80328 ]
画狂老人卍

ピカソもこれを使っている。

[ 2016/11/25 14:38 ] [ 編集 ]
[ 80332 ]
北斎の良さを知ることができない現代に生まれた自分が恨めしい
本当の意味でこれを理解できるのは当時の人間だけなのだから
[ 2016/11/25 16:52 ] [ 編集 ]
[ 80337 ]
今コミケにいる絵師たちもこの北斎の流れにいる
俺は同人誌を浮世絵のつもりで買って読んでいる
[ 2016/11/25 18:39 ] [ 編集 ]
[ 80339 ]
驚かして喜ばして感動させて銭を取る、日本画も北斎も人を驚かす構図で描いた。江戸の文化の特徴は極端なのです。だから、150年以上も経つのに色あせない。
[ 2016/11/25 19:00 ] [ 編集 ]
[ 80364 ]
>>80332
お前が鈍いだけ
絵から受ける感情に本当も嘘もあるか
[ 2016/11/25 20:56 ] [ 編集 ]
[ 80454 ]
世界で最初の触手エロ絵師。初めて知った時にはたまげたなあ。
墨田か、行ってみようかな。…大蛸は別にしても。
[ 2016/11/26 23:37 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク