こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

「彼にノーベル賞を!」村上春樹さんの4年ぶり長編小説に海外も大興奮 海外の反応

「彼にノーベル賞を!」村上春樹さんの4年ぶり長編小説に海外も大興奮 海外の反応
村上春樹さん、来年2月に4年ぶり長編小説 全2冊
 作家の村上春樹さん(67)が来年2月、新作長編小説を出すと、新潮社が30日発表した。書き下ろしで400字詰め原稿用紙2千枚に及び、全2冊。タイトルや発売日は未定という。
 長編小説としては「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文芸春秋)以来4年ぶり。複数巻に及ぶ大作は「1Q84」(BOOK1~3、新潮社)以来7年ぶりとなる。

 童話作家アンデルセンにちなむ「ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞」の授賞式でデンマークを訪れた村上さんは11月1日、読者との交流で次作について問われ、「『海辺のカフカ』より長く、『1Q84』より短い小説。とても奇妙(ストレンジ)な物語になります」と語っていた。

 村上さんの長編小説は、「海辺のカフカ」(2002年、新潮社)が400万部超、「1Q84」(09~10年)が840万部超(いずれも単行本・文庫合計)の社会現象とも言えるヒットとなっている。

(海外の反応をまとめました)





■ 自分が一番好きな現代文学作家の一人だ!



■ 前の作品ほどひどくなければいいが…。



■ 待ってますよ。



■ よかった。当然買います!



■ いいね。ところでその本は日本語?英語?



■ 彼は素晴らしい作家であり、マラソンランナーだ。



■ 彼にノーベル賞を!



■ ネタバレ。これは20-30歳の人の物語だ。おっぱいの大きな女の子が出てくる。何者かが謎の理由で現れたり消えたりする。奇妙なことが起こるが、大量の文章の割にはほんの少しの内容しかなく、謎は明らかにされない。そしてもちろん人々はこの作品を愛し、彼にノーベル文学賞をとって欲しいと思うだろう。

■ ハハハ。皮肉っぽいけど真実だ。私は村上のファンではない。




■ ほとんどの日本人作家は英訳されないから村上だけが世界的に人気になってる。でも例えば「半沢直樹」の池井戸潤や「永遠の0」の百田尚樹なんかの方が日本ではより人気が高い。



■ 英語版はどうなんでしょう?



■ 英語版は前の作品から考えると2018年の夏ごろになるんじゃないかな。

■ 長さによるんじゃない。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は9か月で英訳されたよ。望みのない楽観論かもしれないけど。

■ wikipediaによれば16か月かかってるけど。でも君の方が正しければいいね。




■ フランス語版はいつでしょう?待ちきれない!



■ 村上作品は私のソウルフード。



■ 彼がかつての内容の濃さを取り戻してくれればいいな。今でも素晴らしんだけど、「ねじまき鳥クロニクル」に比べると色彩がなくなって来てると思う。村上さんがうまくいくよう願ってる。



■ とてもエキサイティングだ。村上の次の作品を楽しみにしてる!



■ 「1Q84」、「海辺のカフカ」、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」は良かった。「ねじまき鳥クロニクル」も読もうと思ってる。



■ もう一年生きていられるよ。



■ 現代最高の作家の一人だ。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」と「Men without women」以外の彼の作品はすべて持ってる。正直言って彼はノーベル賞に値すると思う!



■ 彼の小説はいつも驚きで満ちている。待ちきれないよ。


ソース12
関連記事

[ 2016/12/03 09:12 ] 日本 | TB(0) | CM(25)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 80847 ]
ノー・ノーベル賞作家ねw
[ 2016/12/03 09:34 ] [ 編集 ]
[ 80848 ]
彼の小説を読んだことが無いので、どうしても単なる左翼活動家として見てしまいます。
[ 2016/12/03 09:36 ] [ 編集 ]
[ 80849 ]
別にノーベル賞なんてどうでもいいんじゃね
無理やり斜め上の人選んで反応楽しんでるだけのやつじゃん
[ 2016/12/03 09:58 ] [ 編集 ]
[ 80850 ]
今年はボブ・デュランが受賞ですね
ボブ・デュランは音楽の人ですよ
もう現状活動している作家に該当者がいないということです
村上春樹も含めてね
[ 2016/12/03 10:01 ] [ 編集 ]
[ 80851 ]
ノーベル平和賞の受賞記念コンサートがStingで嬉しい
[ 2016/12/03 10:13 ] [ 編集 ]
[ 80852 ]
最初の3部作は好きだった
その後のは途中で投げてそのまま
デビュー作は美しかったな
[ 2016/12/03 10:15 ] [ 編集 ]
[ 80853 ]
なんでこんな人気なんだ
もっと面白い人いるやろ
[ 2016/12/03 10:50 ] [ 編集 ]
[ 80854 ]
>>80853

リベラルには人気がある。こいつの作品は薄っぺらい割に精神論的なことを語るが普通に考えると矛盾が多い。それに気づかないのがハルキスト。だからハルキストはバカにされてる。世界的には結構名前は知れてるけど、アンチも山ほど多くて他の作家から、口だけのクソ作品とよくけなされてる

[ 2016/12/03 11:18 ] [ 編集 ]
[ 80855 ]
賞味期限切れw
後世の評価に頼るのみ
[ 2016/12/03 11:45 ] [ 編集 ]
[ 80856 ]
海外での人気は異様に高いねw
[ 2016/12/03 12:13 ] [ 編集 ]
[ 80857 ]
文学賞とは
ノーベル文学賞に何か意味があるのだろうか
この芸術の一部である文学に優劣をつける意味はない

売上や発行部数であれば、村上春樹よりハリーポッター作者である
JKローリングの方が適正かもしれんし、児童文学とはいえ、夢を与えた
だろう

個人として文学賞なるものは現存していない作家が表彰されるのも
有りだと思う、外国であればシェークスピアでもゲーテでも良いし
ドエトフスキーでもコナンドイル良いと思う
報奨金はその記念館みたいなものに寄贈されるのも有りではないかな

どれにしたって読む者によって評価が分かれる、見る者に評価が
分かれる様な芸術分野にノーベル賞はいかがなものかと個人的には
考える
[ 2016/12/03 12:14 ] [ 編集 ]
[ 80858 ]
この人の作品は翻訳しやすいと思う。
そこが海外で人気がある理由の一つ。
内容は、若者の社会参入前の猶予期間に焦点を当てているため、
大学生や、夢見がちな大人などに愛好家が多い。
彼らは左翼や自由主義者との親和性もあり、お互いに引き付けあう関係。
本人は歳を経るにしたがって、支持者の志向に沿うようになり、
発言が一定の層に媚びはじめた。
保守層に嫌われている一因にもなっている。
[ 2016/12/03 12:44 ] [ 編集 ]
[ 80859 ]
あんだけ売れたノルウェイの森ひとつ取っても理解してる人間ほっとんどいないからな。
理解に時間かかるから作品ばかりなのに理解できないからラノベ扱いは失笑モノ
批判のほとんどが的はずれなのも当たり前
[ 2016/12/03 12:50 ] [ 編集 ]
[ 80860 ]
ノルウェイの森なんて理解するべき何かがあるの?
信者達でさえ雰囲気を楽しむだの世界観を味わうみたいなふわっとした感想しか聞かないんだけどww
何か意味深な空気を出しつつ、実のところ別に大した意味も無いのがノルウェイの森じゃん
[ 2016/12/03 13:08 ] [ 編集 ]
[ 80861 ]
いいんじゃいかな 「ポップな純文学」というジャンルを提示した作家なのは違いない
もしノーベル欲しいなら、もっと難解で、ハルキルトから「俺が読みたいのはこんなハルキじゃない!」とdisられるような小説がいいでしょう
[ 2016/12/03 13:16 ] [ 編集 ]
[ 80862 ]
マスコミがやたら担ぎ上げる小説家や芸能人は大抵まともじゃない。
有名になった後々に反日的な政治介入をしだすメッキが剥がれるタイプばかり。
[ 2016/12/03 13:42 ] [ 編集 ]
[ 80863 ]
ノーベル文学賞は、今や左翼のツールとなってしまった
ノーベル平和賞と同じくもう要らないんじゃないか
[ 2016/12/03 13:56 ] [ 編集 ]
[ 80865 ]
ハルキストは文学の理解度が低い人が集まった集団。
そういう方々には読みやすくて簡単なんだろう。
それでいいと思うよ。

海外で人気があるのは、村上春樹自身が海外作品が好きだから外人が好きな文体になってるだけ。
ただそれだけ。
[ 2016/12/03 15:16 ] [ 編集 ]
[ 80866 ]
表に出てきて、思想をまき散らしさえしなければなぁ。
[ 2016/12/03 15:52 ] [ 編集 ]
[ 80867 ]
>>80854
質問がある
貴君が読んだ作品名を一つ答えてほしい
そしてその作品の主人公に対して抱いた感想をストーリーに即して教えてほしい
[ 2016/12/03 17:15 ] [ 編集 ]
[ 80868 ]
いくつか読んだけど薬物中毒者の妄想という印象しかない
[ 2016/12/03 17:52 ] [ 編集 ]
[ 80872 ]
単なる小洒落たラノベ作家だろw
[ 2016/12/03 19:18 ] [ 編集 ]
[ 80883 ]
ミスター過大評価w マスゴミが不自然にゴリ押ししてきたことからどんな思想か読まなくても分かろう。
[ 2016/12/04 03:41 ] [ 編集 ]
[ 80892 ]
文学は時代や個人の好みで評価がガラリと変わるからそもそもノーベル賞には向かないと思う。
村上春樹は評価が高いが個人的にはわざとらしい狙いすぎな文章が多くて薄っぺらく感じる。うまく言えないけど調味料での味付けにこだわってるけど素材にこだわってない料理という感じ。 ても売れているから自分の意見が少数派なんだろな。
[ 2016/12/04 12:45 ] [ 編集 ]
[ 80914 ]
 
・ノーベル左翼賞
・ノーベル反日賞
・ノーベル地球市民賞


どれでもお好きなのをどうぞ。
[ 2016/12/05 10:05 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク