こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

1945年、日本軍急降下爆撃機 最後の瞬間 海外の反応

1945年、日本軍急降下爆撃機 最後の瞬間 海外の反応
スレッド「1945年、日本軍急降下爆撃機 最後の瞬間」より

(海外の反応をまとめました)





■ ゾウの鼻と顔みたいだ。



■ 墜落するまでにはパイロットは既に死亡していただろう。生きたまま焼かれたり溺れたりすることに比べれば少しはましだったかもしれない。



■ この飛行機の種類がわかる人いない?最初に見た時、羽根の形状からアメリカのワイルドキャットの可能性もあると思った。でも日本機だとすると見当つかないよ。



■ どでかい習字の一筆って感じだな。



■ ガソリン満載のF4FかFM2が化学反応を起こしたように見えるが。



■ 龍みたいな煙だな。



■ もしある政府が邪悪な数人の利益のためにこれほど多くの人々に命を差し出させることができるのなら、彼らが君に対しても何ができるのか考えてみた方がいい。君は特別ではない。自分で考え、権力を疑うことだ。



■ これぞまさしく急降下爆撃機だな。



■ この写真には不安になるものがある。クールだし美しいけど、あの炎と煙の柱の先の小さい飛行機の中には人がいるということを思い出すと…。



■ WW2のパイロットを知ってるけど、彼らの「射出」は飛行機を反対にして基本的に落ちることだったらしい。

■ パラシュートは?

■ WW2なら全てのパイロットにパラシュートはあった。手動操作だったけどね。




■ あの小さい白い点々は弾丸かな?

■ 恐らく40㎜ボフォース連装砲だろう。

■ ありがとう。ちょっと調べてみたけど、敵機を避けながらこの対空砲火の中で任務を遂行するのは不可能だと思ったね。まだ全てがアナログでレーダーすらない時代だと思ってた。

■ もっとひどい。この写真の当時に使われていたマーク27には近接信管が備わってて、直撃する必要すらなくなっていた。

■ そりゃ極限状況だな。彼らのトラウマはどれほどひどかったんだろうね。息をするため隠れる空間すらないんだから。

■ アメリカの空母艦隊に向かった日本人パイロットの生存率は低かっただろうね。1942年でもかなり低かったと思うし、1945年ならほとんど自殺ミッションだっただろう。




■ 俺が今まで見た中で最もすごい戦場写真の一つだ。



■ このような衝突がもうないことに感謝。



■ あの煙、どことなくフロリダが巨大化しアメリカみたい。



■ ゴジラみたいだと思った人いない?。



■ これ本当に日本機なのか?グラマンっぽいんだけど。

■ これは彗星だよ。F4Fにしてはウィングが長すぎる。

■ これは沖縄で撃ち落とされる日本機で、ホーネットから撮影されたものらしい。



ソース1
関連記事

[ 2017/02/24 08:31 ] 日本 | TB(0) | CM(20)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 87328 ]
「○○みたいだ」という奴の頭の悪さがウザイ
[ 2017/02/24 08:53 ] [ 編集 ]
[ 87329 ]
おお、美しい
[ 2017/02/24 09:28 ] [ 編集 ]
[ 87330 ]
犬死
[ 2017/02/24 09:35 ] [ 編集 ]
[ 87331 ]
犬死ではない。国家のためにという理由だけで命を投げ出す人がいない国家は必ず滅びる。それが生還の期待のない攻撃に参加した英霊達の心意気だ。燕雀焉んぞ鴻鵠の志を知らん哉。
[ 2017/02/24 10:14 ] [ 編集 ]
[ 87332 ]
戦争は馬鹿馬鹿しい

戦争しないわ、医療や生活環境は向上していくわで個体数が増える一方
地球の限界が何人なのかは知らないけど、それを越えた時、未来の人はどのようなカタチで解決するんだろうね
[ 2017/02/24 10:17 ] [ 編集 ]
[ 87333 ]
ゴジラが飛んでるかと思ったわ
[ 2017/02/24 11:00 ] [ 編集 ]
[ 87334 ]
戦争が馬鹿馬鹿しいって?彼らの奮闘の上に今の日本があるんだ
[ 2017/02/24 11:11 ] [ 編集 ]
[ 87335 ]
爆発してもなお艦に突っ込もうとしてるから弧を描いてるんだろう
[ 2017/02/24 11:36 ] [ 編集 ]
[ 87336 ]
>戦争が馬鹿馬鹿しいって?彼らの奮闘の上に今の日本があるんだ
 
 
うん
そうなの
奮闘の『上に』かは知らんが、奮闘の『後に』我々がいることくらいは知ってるよ
当然、敬意も持ってる
 
その上で、ああいった責任感ある優秀な人たちをバタバタと失うような戦争というものは、実に馬鹿馬鹿しいという話しさ
[ 2017/02/24 12:22 ] [ 編集 ]
[ 87337 ]
※87336
備えは必要とは思うが…まあ、戦争やらないに越したことは無いな
[ 2017/02/24 13:01 ] [ 編集 ]
[ 87340 ]
1945年3月18日、沖縄でCV-7空母ワスプ(二世)に特攻をかけるも撃墜される、空冷エンジン搭載の彗星三三型
[ 2017/02/24 14:13 ] [ 編集 ]
[ 87341 ]
初手ゾウさんにシリアスを奪われたのだが…
[ 2017/02/24 15:11 ] [ 編集 ]
[ 87342 ]
彗星はダイムラーの液冷エンジンをライセンス生産したアツタエンジンを載せた初期型のヤツの方が外見は格好良いけど、三菱製の空冷エンジンに換装した三三型以降の方が、①故障しにくい、②故障しても大量に生産されたエンジンなので部品の調達が容易、③整備員も扱い慣れてるから修理や調整が容易、と言う事で稼働率信頼性が大幅に上がったんだよね。ダイムラーの液冷エンジンを問題無く動かす鋼材技術がまだまだ足りなかったとか、他にも液冷エンジンの経験が乏しかったから、ノウハウ不足だったんだろうね。

大戦前に液冷エンジンを極めれば航空機開発にも幅が出て面白かったとは思うけど、まあこの時の苦労・経験が戦後の技術立国を支えたんだと思いたい。
[ 2017/02/24 16:58 ] [ 編集 ]
[ 87357 ]
>> 87330
>> 犬死

なんでこんなことを言えるんだろう?
まともじゃないな。
[ 2017/02/24 22:56 ] [ 編集 ]
[ 87358 ]
世界から総スカンを受け石油輸入禁止され国外資産を凍結され
解除してほしいなら韓国の傘下に入れなんて言われたら
子供たちの未来の為に戦争でもなんでもやったるわーーー!ってなる。
[ 2017/02/24 23:32 ] [ 編集 ]
[ 87360 ]
確かに彗星に見えるな
[ 2017/02/25 01:14 ] [ 編集 ]
[ 87363 ]
彗星は航続距離を伸ばすために翼全体を燃料タンクにしていたから、燃えると写真みたいになるんだろうなあ。
アメリカ軍機は胴体内に燃料タンクを設置している機種が多いので燃えかたが違う。
[ 2017/02/25 02:09 ] [ 編集 ]
[ 87368 ]
>>87340
CV-18のほうだぞ
CV-7は前に沈んでる
[ 2017/02/25 06:24 ] [ 編集 ]
[ 87396 ]
平気でバカにするコメントをする人
あなた、それでも人間ですか?
必死の覚悟で赴いた人が操縦する機が落ちるのを、そこまでバカにして嘲笑う人
あなた、それでも人ですか?
人間以下なら、さっさと死になさいよ
[ 2017/02/25 12:28 ] [ 編集 ]
[ 87412 ]
えーと、君たち。
急降下爆撃機は特攻じゃないからな

とはいえ犬死といえば犬死だな
1945年の急降下爆撃機はほとんど精神論頼みの資源を捨てるような無謀な作戦ばかりだから。
犬死だよこれは
勇気ある彼らは戦後の復興に必要なものだった
[ 2017/02/25 16:23 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク