こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

ラグビー史上最大の番狂わせ「ブライトンの奇跡」の会場、日本人観光客の定番スポットに 海外の反応

ラグビー史上最大の番狂わせ「ブライトンの奇跡」の会場、日本人観光客の定番スポットに 海外の反応
「ブライトンの奇跡」の会場、日本人観光客の定番スポットに
 2015年のラグビーW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)で、日本代表が34-32で南アフリカ代表を破り、W杯史上最大の番狂わせを起こした英ブライトン(Brighton)のアメックス・スタジアム(Amex Stadium)が、日本人観光客の集まる定番の観光スポットになっている。

 英南岸の町ブライトンは、ロンドン(London)から電車で1時間かからない場所にある。それもあってか、スタジアムはロンドン塔(Tower of London)やナショナルギャラリー(National Gallery)と並ぶ一般的な観光ツアーのコース候補になり、毎週20人から30人の日本人がスタジアムを訪れるという。

 スタジアム関係者によると、日本人観光客は特にカーン・ヘスケス(Karne Hesketh)がトライを決めた場所に設置された記念の銘板に感嘆して帰っていくと話している。

「日本代表がスプリングボクス(南アフリカ代表)を倒した場所を見たいという人が、20人から30人くらいスタジアムに立ち寄り、熱心に写真を撮っていくので、われわれも少しだけ日本語を話せるガイドを使って案内しています」

「彼らがとりわけ感心しているのは、トライの決まった場所にわれわれが銘板を設置したことです。商売目的ではなく、本当に歴史的な瞬間でしたのでそうしました」

 この勝利が、当時の日本代表を率いたエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)をイングランド代表チームの指揮官に起用する決め手になったのは間違いない。

 開催国でありながら屈辱のプールステージ敗退に終わったイングランドは、この一戦でジョーンズHCの手腕に着目し、同氏を招へいした。そしてエディーHCの着任以来、イングランドはテストマッチ16連勝の快進撃を続けている。

(海外の反応をまとめました)





■ あれを額縁に入れておくなんて彼らも粋なことするな。本当に信じられない瞬間だったよ。

■ うん。あれは本当にすごかったね。彼らがスポーツの真の歴史的瞬間を覚えてくれててうれしいね。




■ もう一度あの最後の瞬間を見たいと思った。

https://www.youtube.com/watch?v=soJXFjzwWVI

■ 俺もこの記事を読んでそう思った。ジャージと違う相手(日本)を応援した唯一の経験になったよ。

■ 自分が中立的な立場として見た中で、一番好きなスポーツの瞬間だった。

■ それ100%分かるな。俺にとっても最高の瞬間だったもん。

■ それ以上のことはないな!君がそれを覚えててくれてよかった!

■ 俺もだよ。オールブラックスのファンなんだけど、オールブラックスの試合ですらあんなに多くの感情がこみ上げてきたことはなかった。NZでは早朝だったのでパートナーを起こさないように最高の試合を見ながら心の中で静かに叫んでたよ。




■ 俺もこの試合が大好き。特に16:50ごろに医療チームが映ったけど(多分全員イングランド人だと思う)、彼らが最後のトライが決まった時、本当に取り乱して喜んでた。あれがこの日のことを完全に要約してると思う。



■ 私がスタジアムで撮った映像



■ 南アフリカラグビーにとっての暗黒の日々が始まった日だ…。

■ ワールドカップの前に史上初めてアルゼンチンに負けてたよね?日本に負けたことで全く新しい、お笑いの次元まで行ってしまったが。

■ アルゼンチンに負けることが暗黒の一日だとは思わない。それはオールブラックスがアイルランドに負けたみたいなものだ。両国ともラグビー強国だからな。でも日本だからな。南アフリカにとって最も暗い一日だったと思う。

■ 確かにまずアルゼンチンに負けそして日本に負け、南アフリカの負のスパイラルが始まった…。




■ 南アにとって日本は敗戦率100%の唯一の国だ。



■ 南アラグビーにとってはものすごく恥ずかしい場所。



■ 1週間に20,30人程度で大挙して押し寄せてると言えるのか?



■ ヘイネケ・メイヤー監督のことを思い出させてくれてありがとう。俺たちが彼よりひどい人物で行き詰っていることを考えると心が砕けそうになる。



■ 人は取り憑かれたお城なんかに大挙して押し寄せるだろ…。このスタジアムは南ア監督ヘイネケ・メイヤーのキャリアの亡霊に取り憑かれているんだよ。

■ 南アラグビー界の亡霊だよ。あの日、南アラグビーは死んだ。それ以降みんなが見てるのは気分転換だ。麻薬中毒者が薬物治療するみたいにね。




■ 南アフリカのラグビーにとっては悲劇の一日だった…。


ソース12
関連記事

[ 2017/02/24 19:31 ] 日本 | TB(0) | CM(18)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 87346 ]
日本人として歓喜したのは言うまでもないけど、ラグビーの一つの試合としても熱くなるシーンだった
狂喜乱舞ではなく、ただただ泣けてきたなぁ
他の競技でも歓喜したことはあるが、個人的にはこの試合がNo.1
ていうか、銘板まで置いてくれてるんだね
嬉しいな
[ 2017/02/24 19:56 ] [ 編集 ]
[ 87347 ]
全然知らん
[ 2017/02/24 19:58 ] [ 編集 ]
[ 87348 ]
アルゼンチンは本番ではなかったからなー
しかもワールドカップでの日本相手の逆転劇
[ 2017/02/24 20:00 ] [ 編集 ]
[ 87349 ]
日本のスポーツ史で一番のジャイアントキリングじゃないか
[ 2017/02/24 20:01 ] [ 編集 ]
[ 87350 ]
日本人観光客の定番じゃなくて、日本のラグビーファンの聖地なんじゃないか?
もちろん感動したし熱くなったけど、一般的な日本人はわざわざ行かないと思うけど。
[ 2017/02/24 20:09 ] [ 編集 ]
[ 87351 ]
>2
 
そっかー
そりゃ残念
もし君がスポーツ全般に興味ないような人でなければ、見て損はない試合だぞ

日本チームの勇気にあてられたスタジアム全体の一体感
なかなか見れないシーンだと思う
[ 2017/02/24 20:20 ] [ 編集 ]
[ 87352 ]
あんまり奇跡奇跡って言いたくないなぁ
でも言われるんだろうなぁ
わざわざ関係者が「ブライトンの歓喜」って言葉を使っても焼け石なんだろうなぁ
[ 2017/02/24 20:26 ] [ 編集 ]
[ 87353 ]
ブライトンの奇跡 って言うのか。
あの時の動画一杯見たけど、敵味方ライバル関係なく歓声あげてたよね。

勝てないはずの強い敵に打ち勝つ姿は、見ていて感動したわ。
確かに沢山の観衆を感動させてたけど、記念の銘板作るほどとは・・・。
[ 2017/02/24 20:38 ] [ 編集 ]
[ 87354 ]
ラグビーなんて初めて見たような自分や別チームのファンでさえこの反応なんだから
ずっと応援してきたファンや選手当人たちの喜びは想像のしようもないな
[ 2017/02/24 21:42 ] [ 編集 ]
[ 87355 ]
あれは今世紀見た中で一番興奮したスポーツの試合だった
[ 2017/02/24 21:50 ] [ 編集 ]
[ 87356 ]
スクラム組もうぜ!
[ 2017/02/24 22:09 ] [ 編集 ]
[ 87361 ]
こういったスポーツは愛国心や国粋主義と近接しているから見ないようにしている
面倒くさい人間なのは自覚している
[ 2017/02/25 01:20 ] [ 編集 ]
[ 87362 ]
日本人だけど全く興味ない
外人はこっちみんな
[ 2017/02/25 01:53 ] [ 編集 ]
[ 87364 ]
↑「海外反応」なんか見ててバカかよ お前が見なきゃいいだけだろw
[ 2017/02/25 03:37 ] [ 編集 ]
[ 87365 ]
世界ラグビー史上最大の番狂わせ。
エディ・ジョーンズのお陰。エディが就任する前は、10万回戦っても1回も勝てない相手だと思ってた。
エディのお陰で、日本はティア最強にまで登り詰めた。
[ 2017/02/25 03:48 ] [ 編集 ]
[ 87366 ]
ティア2最強クラスにまで登り詰めた。今や日本は、フィジー、サモア、トンガ、イタリアとも対等に戦える。
すでにグルジア、ルーマニア、アメリカは格下。
[ 2017/02/25 03:57 ] [ 編集 ]
[ 87367 ]
放映権持っていたにも関わらず生放送でやらなかった日テレに殺意が湧いた
[ 2017/02/25 05:08 ] [ 編集 ]
[ 87369 ]
『日本が南アフリカに勝利!』というニュースを最初に見た時は、そんなバカな…んなことあるワケねーだろ とか思っちゃったもんなぁ
一人で録画放送の試合を見てボロボロ泣いてる私に『アンタ、何泣いてんの?』と冷ややかに言っていた彼女も、後から放送された日本チームの特別番組を2度見て2度泣いたらしい
 
スポーツで感動や興奮したことはもちろん他にもあるけど、個人的にはこれが最高
[ 2017/02/25 07:16 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク