こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本の映画館にかつてあった日本独自の文化が話題に 海外の反応

日本の映画館にあった日本独自の文化が話題に 海外の反応
スレッド・今日学んだこと「初期の日本の映画館には弁士というストーリーテラーがいて、サイレント映画のナレーションをしていた。彼らは歌舞伎や浄瑠璃、講談などの伝統から発生した。1930年代初頭、音声映画の到来とともに徐々に消えていった」より

(海外の反応をまとめました)





■ 世界初の音声付き長編映画は1927年のThe Jazz Singerって知ってた?

■ 偉大な三船敏郎はアル・ジョルソンのことを大根役者だと思ってたって知ってた?




■ この人たちが自転車で物語を語る紙芝居を始めたんだろうか?彼らはサイレント映画の衰退とともに現れてるから。



■ それで?アメリカには映画をドラマティックにするためピアノ演奏者がいたんだぞ。



■ テクノロジーが我々の職を奪った!!?(皮肉)

■ 当時トランプがいたらこの時代遅れの職業を永遠に維持しようと必死になったのは間違いない。氷配達人をみんな救ったように!




■ 今ではどの文化圏にもこれを実践してる観客がいる…。



■ 徐々に衰退した?ぎこちない感じだったろうね。「おいおっさん、映画の音が聞こえないから、静かにしてくれない?」



■ 日本の昔の話術である落語に興味があるなら、昭和元禄落語心中が超おすすめだ。彼らの最後を描いた作品で去年アニメ化されて評価がものすごく高い。いわゆるアニメっぽい作品じゃないから本当におすすめ。

■ 彼らの最後?それって落語家のこと?弁士のこと?

■ 落語家のこと。

■ でも落語家なら今でもたくさんいて、山崎や世界のナベアツですら最近落語の世界に入ったんでしょ?

■ 落語の黄金時代の最後ってことを彼は言いたいんだろうね。

■ 昭和元禄落語心中は確かに面白い。アニメファンじゃない人に見せても気に入ると思う。

■ おすすめかどうかは分からないけど、話すのが恥ずかしくないアニメであることは確か。




■ これはすごくクール。



■ こないだ黒澤明について読んでる時、この職業のことが少し出てきたな。彼が子供のころ映画館に行くと弁士がいたそうだ。彼らは感情を込めて大げさに演じるのでどちらかというとパフォーマーのようだったらしい。弁士の熱心な追っかけも生まれて、そのために映画館が埋まることもあったという。話を自分で作って、脚本通りでない弁士もいたと黒澤は思っていたようだ。

■ 黒澤の兄弟が弁士だったんじゃなかったっけ?音声付き映画に負けて自殺したらしい。




■ 彼らは声優になったんだな。俺たちのコンピュータの横に座ってキャラクターに息を吹き込んでいる。



■ 弁士は今でもたまに見ることができる。数年前シアトルで見たよ。すごく良かった。


ソース1
関連記事

[ 2017/03/12 08:40 ] 日本 | TB(0) | CM(12)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 88702 ]
日本独特じゃなかったよ
みんな自分の国の昔を知らないだけ
[ 2017/03/12 09:25 ] [ 編集 ]
[ 88703 ]
一巻の終わり!
ベンベン
[ 2017/03/12 09:30 ] [ 編集 ]
[ 88704 ]
そういや、映画館の客席までお菓子売りしに来てた売り子っていつ頃からなくなったのかな~?
[ 2017/03/12 09:51 ] [ 編集 ]
[ 88705 ]
山ちゃんはまだしも、ナベアツ知られてるのか。すごいな。
[ 2017/03/12 09:58 ] [ 編集 ]
[ 88706 ]
外人さんには、悪魔の手毬唄を見ることをお勧めしたい
弁士について語られてるから

映画としても素晴らしい作品だしね
[ 2017/03/12 09:58 ] [ 編集 ]
[ 88707 ]
弁士は欧米由来の職業じゃないの?
[ 2017/03/12 10:24 ] [ 編集 ]
[ 88708 ]
>>88707

いや欧米だけじゃなくてアジアでも昔から子供に絵本を読み聞かせる人は昔からいたよ
[ 2017/03/12 11:25 ] [ 編集 ]
[ 88713 ]
※88702  外人を欧米人と思いがち・・・ 外人の※は途上国出身の子達の声の割合の方が多いしね また移民の子達だと自身の持つ歴史観については主観が違ったり複雑だからね
[ 2017/03/12 13:25 ] [ 編集 ]
[ 88714 ]
※88704
そういえば東映マンガ祭りとかで、売り子からアイスを買ってもらった記憶がある。
[ 2017/03/12 14:02 ] [ 編集 ]
[ 88721 ]
映画以前には映し絵という幻灯機の様なモノがあった。
映画が出来たからっていきなりポンと産まれた訳じゃ無い。文化というのは数珠繋ぎなんだよ。
[ 2017/03/12 19:51 ] [ 編集 ]
[ 88724 ]
「昭和元禄落語心中」に関しては、主役の悲劇性を強調するため
現実よりも落語の衰退が進んでいる設定になっている
(だから主役が一人で落語を支え、落語と共に心中しようとする)
なので、現実と混同すると見誤るから注意
[ 2017/03/12 20:13 ] [ 編集 ]
[ 88750 ]
>いわゆるアニメっぽい作品じゃないから本当におすすめ。
はあ?アニメを見てアニメっぽくないとか頭おかしいだろ
昭和元禄落語心中も漫画が原作のアニメだ
外人はアニメ=変態アニメと混同しすぎ
[ 2017/03/13 12:00 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク