こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

1885年 日本、インド、シリアで初の女医となった女性の集合写真 海外の反応

1885年 日本、インド、シリアで初の女医となった女性の集合写真 海外の反応
スレッド「1885年に撮られた写真の3人はそれぞれの国(インド、日本、シリア)で初の女性医師になった」より

岡見京子(おかみ きょうこ) - コトバンク
安政6年8月15日生まれ。横浜共立女学校を卒業し,桜井女学校の教師となる。明治17年岡見千吉郎と結婚,渡米しペンシルベニア女子医大でまなび,海外で医学教育をうけた日本初の女医となる。帰国後,慈恵病院につとめ,30年津田梅子らと保養所衛生園をひらき,園主。のち同園内に看護学校をもうけ派遣看護婦制度をはじめた。昭和16年9月2日死去。83歳。青森県出身。旧姓は西田。名は京(けい)とも。

(海外の反応をまとめました)





■ Tokioか。当時はそう呼んでいたんだな。

■ 今でもTokioを使ってるところはたくさんある。

■ 19世紀後半のヘボン式ローマ字まで標準化はあまりなかったんだ。

■ 興味深いことに1868年まではEdoって呼ばれてたんだぜ。

■ Tokyoは東の都って意味で、Edoは入江って意味だね。




■ 彼女たちが最初の女医だったかどうかはともかく、男性支配のあの時代に医療の世界で成功するための努力は凄まじい物だったはず。脱帽だね。3人の意志の固い女性の写真だ。



■ 一体どんな状況でこの3人が写真で一緒になることになったんだろう?

■ 医学校の卒業式。




■ 岡見京は海外で医学教育をうけた日本初の女医ということだね。日本には昔ながらの女医や蘭学の女医がいたからね。



■ この女性たちは本当にすごい。自分が当時生まれてたとしても、せいぜい看護婦どまりで医学の学位を取ろうなんて思わなかったはず。



■ シリア女性の宝石の輝きがすごいね。



■ インドの学校に通ってた母がジョシ博士のことを学校で習ったって言ってたな。



■ 英米だって彼らのほんの数年先を行ってたに過ぎない。



■ 3人それぞれが民族の特色のある素晴らしい服を着てるね。



■ 今のアメリカに入国できるのはこのうち2人だけだ。



■ 1885年にはインドもシリアも存在してないんじゃ?インドはイギリス帝国でシリアはオットーマン帝国の一部じゃなかったっけ?



■ みんな上品だね。



■ 古い写真だなと思うと同時に、医者の世界のような19世紀には男のクラブだったところに入り込むのに、彼女たちがどれほど努力したのか考えずにはいられない。悲しいけど、上から目線で扱われたのは間違いないだろうね。



■ TokyoがTokioって綴られてるのを見たことがなかった。それに関する情報もあまりなかった。クールだけどね。



■ シリアには今より1885年の方が女医が多かったのか…。



■ これぞまさしく古くていいものだな。



■ すごくきれいでパワフルな写真だ。



■ いまだに130年以上時代遅れの国々があることは狂ってるとしか言えないな。


ソース1
関連記事

[ 2017/04/02 08:31 ] 日本 | TB(0) | CM(26)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 90188 ]
江戸時代からいた産婆さんって産婦人科女医じゃないの?
海外の教育を受けた人を医者というなら概念も変わってくるけどどうなの?
[ 2017/04/02 08:57 ] [ 編集 ]
[ 90189 ]
助産師が医者じゃないように産婆も医者じゃない
[ 2017/04/02 09:01 ] [ 編集 ]
[ 90191 ]
西洋医学を修めた人が医者なら日本に女医さんが誕生したのはこれが初だって事?
東洋医学というか、昔ながらの方法に詳しい女性すらいなかったって事かな?

うーむ
[ 2017/04/02 09:08 ] [ 編集 ]
[ 90192 ]
シーボルトの娘の楠本いねは幕末に西洋医学を修めた女医だね
[ 2017/04/02 09:14 ] [ 編集 ]
[ 90193 ]
オスマン帝国ってオットーマン帝国とも読むのか
[ 2017/04/02 09:16 ] [ 編集 ]
[ 90194 ]
シーボルトの娘、楠本イネも西洋医学を修めた産婦人科医と言われてるけど
その人はどうなの?
[ 2017/04/02 09:18 ] [ 編集 ]
[ 90195 ]
国家資格を取得した日本初の女医さんは荻野吟子さんじゃなかったか?
[ 2017/04/02 09:23 ] [ 編集 ]
[ 90196 ]
日本初の公許女医としては 東京女子師範学校(お茶の水女子大学)の一期生で
首席で卒業した荻野吟子がいるな
それまででも西洋医学を学んで女医と言われる人はいたけど(代表的な人は楠本イネ)
公許女医として、はじめて認められたのは荻野吟子だろう
でも、日本に女性を医術開業試験に参加させる前例がなかったので
それが認められるまで15年も掛かったけどな
[ 2017/04/02 09:26 ] [ 編集 ]
[ 90197 ]
おかしいな?日本初の女医さんは「咲さん」だろ!
「せんせい」がそう言ってた。
[ 2017/04/02 09:27 ] [ 編集 ]
[ 90198 ]
>90193

オスマンの英語綴りがOttomanだからでしょ

例えばθをシータと読んだりテータと読んだり
するように、thの音がサ行・タ行どちらでも
OKな場合は多いよ
[ 2017/04/02 09:29 ] [ 編集 ]
[ 90199 ]
江戸時代は別式女といって女のサムライがいたからな
お産婆なんて大名行列横切れるし
[ 2017/04/02 10:15 ] [ 編集 ]
[ 90200 ]
三様の民族衣装が素晴らしい
それも単に集めましたというわけではなく同期の卒業写真とは
[ 2017/04/02 10:38 ] [ 編集 ]
[ 90201 ]
シリアの民族衣装は華やかだね、すばらしい。
[ 2017/04/02 11:01 ] [ 編集 ]
[ 90202 ]
 
※90188
産婆は現代でいえば助産師。
助産師は、妊娠や出産にかかわり、助産行為を行う者。
医師は医療および保健指導を司る医療従事者。
つまり助産師(産婆)は医師ではない。
ここで言ってるのは西洋医学において医師免許を取得した医師のこと。

外国で教育を受けた岡見京子が初の日本人女性医師だが、日本で教育を受けて初の日本人女性医師となったのが荻野吟子となる。
[ 2017/04/02 11:11 ] [ 編集 ]
[ 90203 ]
荻野吟子を扱った小説「花埋み」や、おイネさんの小説『ふぉん・しいほるとの娘』読んだけど、この人知らないなぁ。写真は有名だけど。

こういうのって認定が難しいよね。国の制度も未熟だったころだし。
まあ、みんなただでさえ開業して医師していく苦労は今の比じゃないだろうね。
[ 2017/04/02 11:13 ] [ 編集 ]
[ 90204 ]
日本人どこ見とんねんwww
[ 2017/04/02 11:15 ] [ 編集 ]
[ 90206 ]
 
※90191
>東洋医学というか、昔ながらの方法に詳しい女性すらいなかったって事かな?

漢方医は禿頭にするのが普通だったから、男性しかいなかったと思います。

[ 2017/04/02 11:32 ] [ 編集 ]
[ 90207 ]
間の開いた定期便。
[ 2017/04/02 11:34 ] [ 編集 ]
[ 90208 ]
荻野 吟子が平安時代にもう女医がいたから試験受けさせてくれと言ったとかテレビで昔聞いたことあるから最初の女医は平安京の名もない医師だったんじゃないの
[ 2017/04/02 11:53 ] [ 編集 ]
[ 90209 ]
シリアの人は宝石持って留学したんだろうか。
琴まで携えて。ゴージャス。
[ 2017/04/02 12:28 ] [ 編集 ]
[ 90210 ]
明治7年に医制ができるまでは、実は医師は誰でもなることが出来た。むろん武士である必要もない。今の感覚では怖い感じもするが、その頃は教師も誰でもがなれたのであり、資格や身分がないと慣れない一般的職業は侍と徒士ぐらいのものだった。
当然、ヤブ医者もいたが、それは今と同じである。どの医者にかかるかは命にも関わるから、みな近所の評判の良い医者にかかったのであり、評判の悪い医師はよほど銭のない者しか寄り付かない。なまじ現代のような資格制度があると、資格があるからちゃんとした医者だろうと思って失敗することが多い。医師の国家試験に受かっても数十年間医学の進歩をフォロウせず、自分が昔習った知識と経験や技術だけで治療をする医者も多い。医師にかかるのも自己責任であることは今も昔も変わらない。
[ 2017/04/02 13:45 ] [ 編集 ]
[ 90213 ]
奈良時代には女性の方が向いていると考えられていて積極的に女医の育成やってたけどね
[ 2017/04/02 14:48 ] [ 編集 ]
[ 90215 ]
30年以上前に沢田研二が「TOKIO」という歌を歌っていた
他にも今でも使われている「ギャル」という言葉を流行らせた歌もあった
[ 2017/04/02 16:10 ] [ 編集 ]
[ 90218 ]
このシリア女性のように、本来あの辺の民族衣装は飾りのついた
帽子やヘッドドレスみたいな煌びやかなもので、決して顔や髪を
覆って隠したものじゃないんだよね。素敵な民族衣装なのに何で
自分達で着れなくしちゃうんだろう…。
[ 2017/04/02 19:01 ] [ 編集 ]
[ 90243 ]
エキゾチックで素敵な写真だ。今もこの風情が残っていたらな。
[ 2017/04/03 10:36 ] [ 編集 ]
[ 90385 ]
問診は女性のほうが話しやすくて向いていると思う。
[ 2017/04/03 20:16 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク