こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本とインド 安全保障で協力強化確認 海外の反応

日本とインド 安全保障で協力強化 海外の反応
日印防衛相が会談 防衛協力の強化を確認
 稲田防衛相はインドのジャイトリー国防相と会談し、緊張が続く北朝鮮情勢について「インドを含む国際社会全体の連携が不可欠」だとして、両国の防衛協力を強化する方針を確認した。

 会談で稲田防衛相は「北朝鮮の核・ミサイルの脅威レベルはあらたな段階に達している」として、「朝鮮半島の安定と非核化のためにはインドを含む国際社会全体の連携が不可欠だ」と訴えた。これに対し、ジャイトリー国防相は「日本側の懸念は共有する」と理解を示した。また、中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢についても意見交換し、航行の自由の重要性を改めて確認した。

 インドは海上交通路の要衝に位置しており、日本としては地域の安全保障への危機感を共有するとともに、今年夏に予定されている日・米・印3か国の海上共同訓練などを通じて、今後もさらに防衛協力を強化していきたい考え。

(海外の反応をまとめました)






■ 日本から武器を輸入したりジョイントベンチャーが増えるのかな。インド空軍の古い部隊を置き換えるため、三菱X-2を売るってのはどうだろう?



■ また強化?いまだにUS-2の姿すら見えてないのに…。



■ 彼女のような防衛大臣になら負けてもいいよ。



■ 俺たちはNATOやアジアから撤退して彼らの問題は彼らに任せよう。

■ そんなことしたら同盟国が陥落してアメリカが全世界と戦うことになることになるだろうね。おバカさん。




■ 日印両国は中国を警戒している。軍事協力を強化することは意味のあることだと思うよ。アメリカにとっても同盟国(インドも同盟国だ)が中国に圧力をかけてくれるのはいいことだ。



■ 日本とインドの協力が貿易や製造業にも広がればいいな。



■ アメリカはフィリピンとの相互防衛条約で責任を果たさなかった。その結果中国は南シナ海のフィリピンの領土を侵略した。アメリカは言葉だけで何も行動しないよ。中国と戦争になった時、アメリカは絵にかいた虎になるかもしれない。だからインドと日本はもっと協力した方がいい。



■ アジア太平洋版NATOを作ろう。日本とインドが主要国としてがんばるんだ。



■ 日本の頭脳とインドのマンパワーがあれば中国に勝てる。日本はインドの一人当たりGDPを日本並みにできるだろうか?



■ トランプとティラーソンは我が国の外交の基礎を不安定にすることに成功した。その結果同盟国はアメリカの関与に疑問を持ち、独自に他国との関係を結ぼうとするようになった。目的を達成できてプーチンは喜んでいるだろう。トランプ支持者よ、これがお前らが投票した結果だ。



■ 日米印で南シナ海を航海して中国が置いて行った砂を掃除しないとね。



■ アメリカに命令されて同盟を結ぶことになったんだろうな。



■ 最近結ばれた中国とパキスタンのCPEC(中パ経済回廊)対抗するためかな。CPECは数十億ドル規模の計画で、中国がパキスタンへ通じるルートを刷新し、カラチやグォーダーやその他の港を使うつもりだ。パキスタンはこれで事実上中国の植民地になってしまうけど、経済や雇用で大いに利益を得ることができる。インドはそれが不快なのだ。最大の敵国であるパキスタンと中国が手を結んだので、日米の方を見ているのだろう。

■ CPECよりも中国の真珠の首飾り戦略に対抗するためだと思うよ。それと南シナ海の野望への対抗だと思う。

■ インドはCPECが自国領と主張するカシミールを通るから不快に思ってるんだよ。




■ 最近ではみなが第3次世界大戦に備えて自分の立つ側を選ぼうとしているように見えるのは俺だけ?気味が悪いほど第1次大戦前にそっくりだ。

■ お前だけだ。それとredditにいる何百万のバカ者だけ。

■ 今回の戦争は二つの側しかないとは思わないな。中国はアメリカ側でもないしロシア側でもない。




■ 地域のバランスは必要。



■ 日印は生まれながらの友好国だ。この関係が大きくなることを願うよ。


ソース123
関連記事

[ 2017/05/10 09:03 ] 日本 | TB(0) | CM(16)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 93821 ]
まぁ、インドとは利害がぶつかることはめったに無いからな
中国の背後に位置する国として仲良くしとくのはいいことだ
[ 2017/05/10 09:30 ] [ 編集 ]
[ 93822 ]
インドとは協力しないとね
北、中、ロシア
この三国に対する警戒は
必要だから
[ 2017/05/10 09:51 ] [ 編集 ]
[ 93823 ]
地理的に離れてる方が仲良くし易いなやっぱり
[ 2017/05/10 10:02 ] [ 編集 ]
[ 93824 ]
韓国入ってこようとすると思うけど入れるなよインド。
[ 2017/05/10 10:04 ] [ 編集 ]
[ 93825 ]
豚(虫獄)に真珠作戦か
[ 2017/05/10 10:15 ] [ 編集 ]
[ 93826 ]
 
アメリカはあてにならず、インドなど同盟の相手として論外、中国の衛星国になって屈辱を耐え忍ぶのが唯一生き残る道ではないだろうか。
[ 2017/05/10 10:19 ] [ 編集 ]
[ 93827 ]
日本人が好む好まざると関係なしに今後インドは日本にとって米国を除けば一番大事になる(二番目はインドネシア)

現状の日本は米国に切られたらお終い
だから米国には強く出れない
中国とロシアの下にはつけない以上、そうなった時のためや、米国にも意見ができるようになるようバックアップは必須

中ロに対抗できるポテンシャルを持つ国は世界にインドしかない(あとはブラジルだがあまりに遠い)
よって日印はもっと親密になっていかなきゃならない

現在のインド人の民度が低いなら日本が上げてやらなきゃならない
民度を上げるには経済発展が必須になるので投資もしなきゃならない
個人的には新幹線よりインドのトイレ事情を解決してやるのが友好にもなるしいいと思う
トイレの汚い国は絶対に発展できないし逆にトイレがきれいな国は先進国になれる

インドが日本のGDPの倍くらいに育ったらそれなりに民度も上がってるだろう
最終的には米国以外で初の軍事同盟を結ぶところまで親密になる必要がある
[ 2017/05/10 10:49 ] [ 編集 ]
[ 93828 ]
リベラリストが的外れすぎて笑う
地盤が安定してきたからより堅固な連携を取れるようになったのに
[ 2017/05/10 12:10 ] [ 編集 ]
[ 93832 ]
海外でも既に日米印て印象なのね

韓はもう中露朝(南北)のひとまとめでいいべ

[ 2017/05/10 12:58 ] [ 編集 ]
[ 93833 ]
気を付けなくてはいけないのはインドの周辺国はインドを警戒しているということだ。
中国の周辺国が中国を警戒するようにね。
パキスタン、ネパール、スリランカ、バングラ。
[ 2017/05/10 13:43 ] [ 編集 ]
[ 93835 ]
>トランプとティラーソンは我が国の外交の基礎を不安定にすることに成功した。その結果同盟国はアメリカの関与に疑問を持ち、独自に他国との関係を結ぼうとするようになった。目的を達成できてプーチンは喜んでいるだろう。トランプ支持者よ、これがお前らが投票した結果だ。

オバマの時から破綻してますやん
いや、もっと前からだな…クリントン…いやまだ前だ…ニクソン…ルーズベルト……四カ国条約……いや開国したときからだな…


>アメリカに命令されて同盟を結ぶことになったんだろうな。

そんな影響力、今のアメリカにないでござる
あとアジアの歴史の長さを舐めるな
日本とインドは1000年以上昔から何となく同じ町内の付き合いだ
[ 2017/05/10 14:11 ] [ 編集 ]
[ 93836 ]
インドがどう、目覚ましい発展をしていくか?その基盤があるはずだがどうか?
[ 2017/05/10 14:37 ] [ 編集 ]
[ 93838 ]
インドが一番嫌いで敵対している国はパキスタン
そのパキスタンは中国寄りなんだからインドと日本が組むのは自然なことでしょう
[ 2017/05/10 16:49 ] [ 編集 ]
[ 93854 ]
BRICs繋がりがこわい!!
また中国みたいに、行きはよいよい帰りは恐いみたいなことにならんと良いけど……
[ 2017/05/10 18:33 ] [ 編集 ]
[ 93866 ]
核を持たない国はバカにされるだけ
[ 2017/05/10 19:07 ] [ 編集 ]
[ 93937 ]
==           ==           ==
《 おまけ 》

 〜アメリカの豆知識〜
実は。 『ほとんどのアメリカ人が、新聞を読んでいない。』
★読売新聞の発行部数        :880万部/日  
♨朝日新聞の発行部数        :450万部/日
☆ニューヨークタイムスの発行部数  :180万部/日   
(※日本:アメリカの人口比、1億2500万人:2億8000万人)

 ~ ロシアの豆知識 ~ 
●ロシアのGDP(国内総生産)は、実は韓国よりも少ない。
(つまり。ロシア人は、テョンコよりも働かない……… 。)
●ロシアの人口は1億4000万人と、絶望的に少ない。
(※ロシアの国土面積は日本の45倍だが、人口は日本とほぼ一緒 )
●25年前までのロシアは、『ソビエト社会主義共和国連邦』という、
 “赤い国旗” の国だった… 。

 〜カナダの豆知識〜
①実は。カナダにも、憲法が無い。
②実は。カナダの国家元首もエリザベスⅡ世(イギリス人)である。
③実は。カナダの人口も、絶望的に少ない。
 (※国土面積はロシアに次ぐ世界第2位であるが、
           人口は3100万人[日本の1/3.... ] )


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 日本国民各位。                ★
★ 買い物・無駄遣い・出費は控えましょう。    ★
★ あらゆる物を、再利用して、自作に励みましょう。★
★                日本一心!!!!★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「その国の通貨は、その国の国民の労働力と等価である。」
[ 2017/05/11 10:03 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク