こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

洋風ウェディングドレスに生まれ変わった本物のアンティーク着物 海外の反応

洋風ウェディングドレスに生まれ変わった本物のアンティーク着物 海外の反応
本物のアンティーク振袖を使用した着物ドレスブランド「祥縁(SHOEN)」6月1日(木)レンタル開始!
「祥縁」は、当社が2016年2月に立ち上げたブランドで、和装の美しさと現代的価値観を融合させ、動きやすく、着心地の良いデザインをテーマに、アンティーク振袖を世界に1着だけのドレスとして蘇らせました。“幸せなご縁をかたちに”をブランドコンセプトとしており、ブランド名の「祥縁」は、「祥」はめでたいこと・喜ぶべきこと・めでたいことの兆しを、「縁」はごえん・つながりを意味することから名付けられました。

これまで全国の式場・ゲストハウス・ホテルなどへ向け販売をしてまいりましたが、今回は、海外でのリゾートウェディングや帰国後のパーティなど、様々なシーンでより多くの方々に着物ドレスを着用いただきたいという思いから、ワタベウェディング店舗にて「祥縁」のレンタルを開始することとなりました。また、京都での当社挙式サービス「京都和婚」で、和の雰囲気を大切にしつつもウェディングドレスを着用したい方にもおすすめのドレスとなっています。

今回は5デザインがレンタル開始となり、それぞれ和の美しさを感じることのできる名前が付けられています。「鶴椛(つるもみじ)」は、瑞鳥が茜色の秋空を飛ぶ姿が美しい赤を基調としたAラインのドレスで、優雅な雰囲気が漂います。「藤揚羽(ふじあげは)」は、美しい蝶が丁寧に刺繍された落ち着いた色合いのスレンダードレスです。「蘭舞(らんぶ)」は、花びらをイメージした背中のラッフルフリルが特徴のマーメイドラインのドレスで、ドレス全体を覆うピンクの胡蝶蘭が華やかな印象を与えます。「金鶴(かなづる)」は、スレンダーラインのドレスで、赤い着物にダイナミックに描かれた金の鶴が豪華な一着です。「牡丹菊(ぼたんぎく)」は、牡丹の花が散りばめられたAラインのドレスで、金糸の混ざった深みのあるピンク色が魅力です。…

(海外の反応をまとめました)






■ 全くゴージャスなドレスだ。西洋のメインストリームのデザインとは全く違うね。



■ なぜわざわざ完璧さを損なう?壊れてないんだから、治すこともないと思うよ。

■ 何も壊してないと思うよ。日本の文化が外国の文化を取り入れているんだ。みんな着物文化を愛してるよ。




■ 特別なイベントの時にこういうのを着れたらいいね。



■ 3と5が気に入ったよ。



■ 絶妙だね。



■ ウェディングドレスを買う日本人ってほとんどいないんだよね。



■ 今から日本に行ってウェディング写真を撮る時間あるかな?



■ ためらいなく言える。これは本当に美しい!



■ それぞれのドレスを着るためにまた何度も結婚しなくちゃ。美しい。



■ かわいくてなおかつ伝統的であるところが最高だね。



■ すごくかわいい。写真を見るまでそんなことが可能だとは思ってもみなかった。



■ 美しいけど本物のビンテージ着物っていうのがちょっと残念だね。



■ 着物で結婚したらいいんじゃない?



■ 現代の着物はゴージャスだ。



■ 一つ欲しい…。



■ 昔のままの方がいいよ…。



■ 古い着物の良い再利用の方法だと思う。



■ 私が結婚する時に着たいな。白いド派手なウェディングドレスにはうんざりしてるから。



■ 圧倒的な美しさだね。値段のことは聞かないよ。



■ 本物の着物の方がはるかにきれいだと思う。



■ 着物がかわいそう。悲しくて泣いちゃう。



■ 紫のがすごくいいね。



■ すごくクールでかわいいね。



■ 素晴らしい。伝統と西洋のウェディングを混ぜる本当に良いやり方だと思う。


ソース12
関連記事

[ 2017/06/18 08:31 ] 日本 | TB(0) | CM(35)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 97431 ]
立命館アジア太平洋大学は中国人工作員の巣窟

立命館アジア太平洋大学に忖度して京都の立命館大学に金儲けさせたの誰だよ?忖度した奴追及しないの?なんでマスコミは騒がなかったの?
こんな反日害人だらけの学校は日本の国益には成らない、むしろ有害な存在だ
立命館アジア太平洋大学の補助金は打ち切れ!税金の無駄使い

そしてこんな学校は潰せ
[ 2017/06/18 08:47 ] [ 編集 ]
[ 97432 ]
これはこれでアリだと思う反面、完成された着物の方が良い、と感じる部分もある
[ 2017/06/18 09:00 ] [ 編集 ]
[ 97433 ]
>97431
記事と関係ないこと書くな!
よそでやれよそで!!
[ 2017/06/18 09:00 ] [ 編集 ]
[ 97434 ]
#97432
同感。
[ 2017/06/18 09:04 ] [ 編集 ]
[ 97435 ]
ドレスに限らず古い着物仕立て直すなんてよくあることじゃん
[ 2017/06/18 09:15 ] [ 編集 ]
[ 97436 ]
着物は反物で結構無駄なく再利用を繰り返せるけど、ドレスにされた時どれだけの端材が出たのだろうかと考えると、もったいないと思う複雑な感じだ。
着物が売れないから仕方ないのだろうが。

着物は露出がない服だから、肩を出されるドレスに、伝統と言われるのも微妙な気分になるな。
[ 2017/06/18 09:20 ] [ 編集 ]
[ 97437 ]
きれいに仕立て直し出来ている
[ 2017/06/18 09:28 ] [ 編集 ]
[ 97438 ]
これは和服をドレス風に着付けるんじゃなくって、ほんとにドレスに仕立てるパターンか
も少しデザインにバリエがあってもいいかと思うが、和服から取れる生地の限界があんのかな
[ 2017/06/18 09:36 ] [ 編集 ]
[ 97439 ]
勿体無い。ドレスなんて着物以上に着る機会ないだろうに。
ドレスは旬のデザインも変わるし布地も無駄になるし、着物なら子供孫世代に引き継げるのに。
[ 2017/06/18 09:37 ] [ 編集 ]
[ 97440 ]
ファンタジー世界の花魁みたい
[ 2017/06/18 09:40 ] [ 編集 ]
[ 97441 ]
デザインと着物の柄が素晴らしいコンビネーション
女性なので来てみたい
[ 2017/06/18 09:42 ] [ 編集 ]
[ 97442 ]
何でアンティークを使ったの…?
新しい反物で作ればいいのに…
[ 2017/06/18 09:43 ] [ 編集 ]
[ 97443 ]
再利用は何の問題もないが
デザインはもう少し何とかならんかったのか
[ 2017/06/18 09:44 ] [ 編集 ]
[ 97444 ]
綺麗であると同時に、
着物を下品に着崩しているようにも見え、
それだとウェディングドレスとしてはどうなんだろうかと思ったりする
[ 2017/06/18 09:46 ] [ 編集 ]
[ 97445 ]
関係会社を調べてきた



■国内関係各社

沖縄ワタベウェディング株式会社
株式会社目黒雅叙園
メルパルク株式会社
株式会社ツドイエ
ワタベクリエイティブスタジオ株式会社
株式会社クレッシェンドプロデュース

■海外関係各社

WATABE U.S.A., INC.
WATABE GUAM, INC.
WATABE SAIPAN, INC.
CREATIVE STUDIO GUAM, INC.
WATABE AUSTRALIA PTY. LTD.
WATABE EUROPE S.A.R.L.
WATABE WEDDING VIETNAM CO., LTD.
華徳培婚紗(上海)有限公司
華徳培婚礼用品(上海)有限公司
上海先衆西服有限公司
華徳培薇婷香港有限公司
華徳培婚禮股份有限公司
PT. WATABE BALI
WATABE SINGAPORE PTE. LTD.
華徳培婚礼(ハルビン)有限公司
華徳培婚慶礼儀服務(上海)有限公司

あーね、
[ 2017/06/18 09:49 ] [ 編集 ]
[ 97446 ]
 
鮮やかだがかえって露出が目立つせいで社交場で着るには品がないように見える
花魁に見えるという人がいるもの無理はない
[ 2017/06/18 09:55 ] [ 編集 ]
[ 97447 ]
>97439
だったら西洋風のアレンジなんてしなくとも呉服屋がやっていけるようなアイデア出してくれよ
君の住んでるところにデパートの一角を利用してる以外に呉服屋単体で店を構えてるところがあるのか?
[ 2017/06/18 10:03 ] [ 編集 ]
[ 97448 ]
外人にはウケそう
日本人にはどうなんだろ?
少なくとも通常の着物のほうが似合う
[ 2017/06/18 10:15 ] [ 編集 ]
[ 97449 ]
ドレスの形にすると和の赤が途端に合わなくなるなあ
なんというかこの着物の配色で
肌の色がバーンと見えるのがどうにも品がなく感じてしまうというか

背中から写してるからかもしれないけど、薄紫とピンクのものは小花柄でまだ品があるように見える
[ 2017/06/18 10:32 ] [ 編集 ]
[ 97450 ]
次の世代に受け継いだらって人多いけど
着物にも流行があるし結構着れないのも多いんだよ

うちの祖母が日本舞踊やってたから
沢山の着物持ってたけど、個性的なものが多くて
ちょっと普段には着れないし、正式な場には合わない
亡くなった時沢山着物屋さんに引き取ってもらった

着物着るときこそ何でもいい訳じゃないでしょ
細かくてうるさいマナーが沢山あるから
その場にあう無難なものを買うかレンタルする事になる
ここでもうるさく言ってる人が沢山いるしwww

古い着物着るって古いワンピース着るのとは
伝統的かはともかく感覚的には一緒だからね
よほど高いものはいつの時代も品があるけど
普段着は野暮ったくなっていくもんだよ

次の世代に残せっていう人は普段着物に
ふれてないか、お金持ちの人だね

[ 2017/06/18 11:06 ] [ 編集 ]
[ 97451 ]
50年前にもこういうのあったよね。

もっと言うと鹿鳴館だってさぁ。
[ 2017/06/18 11:18 ] [ 編集 ]
[ 97452 ]
※97450
着物も以外と流行が一回りするもんなんだよ
妹は叔母が30年前に成人式で着た振り袖を着て出たし私も曾祖母の渋い着物きるよ
[ 2017/06/18 11:19 ] [ 編集 ]
[ 97453 ]
踊りで着るような着物を引き合いに、長文で語られましても
[ 2017/06/18 11:54 ] [ 編集 ]
[ 97454 ]
ぜんぜん魅力的じゃないなー、
一般の人のサイクル着物のハンドメイドのほうがよほどすてきだよなー、
と思ったら、>> 97445 ですか、なるほど。
[ 2017/06/18 11:57 ] [ 編集 ]
[ 97455 ]
勿体ない勿体ない言っている人多いけど、アンティークって現代人には小さすぎるものが多いんだよ。
身長150センチに満たなくても割と普通で、今より小さなお尻の人が多かった時代のものだよ。
これを普通に着用しようとすると、多くの成人女性はサイズが合わないし、十三参り位の女児でも体格の良い子は無理だったりする。というか、子供が好む様な色柄とは違うだろし。
[ 2017/06/18 12:40 ] [ 編集 ]
[ 97456 ]
着物って着付けが大変だし、最近は着付けができない美容院もあるから気軽に着られないんだよな。
だからといってこんな形に切り刻まれてしまうのは忍びない。
着崩れに対して周りも寛容なら、セパレートにするとか、ファスナーやスナップボタン、マジックテープで裏を固定できる着付けが要らない着物ってできないかなあ。
[ 2017/06/18 15:47 ] [ 編集 ]
[ 97457 ]
虫食いとか変色した部分でも、洋服みたいに小さいパーツを組み合わせる服にすることで、再利用が出来てるな。
[ 2017/06/18 16:02 ] [ 編集 ]
[ 97460 ]
>97455

洋服と違って着物は継ぎができるから10~20cm位の丈差は大丈夫だし、幅も合わせで調整できるから余程体型差がない限り着れないということはないんだよ
[ 2017/06/18 16:54 ] [ 編集 ]
[ 97461 ]
>97460

どこから継用の布を持ってくるのさ?それでなくても小さいアンティークの着物で。幅も合わせで調節できるって言うけど、着物をよく着る人ほど無理くり着てる着物にはうるさいよ。生地だって劣化するしね。世代を超えて受け継げるなんていうけど、何百万何千万クラスの着物ならともかく、何十万円レベルの振袖なんか殆どが受け継がれもせず、成人式やらで数回着て箪笥の肥やしになってるものが多いよ。実際、皆の家にある「眠ってる着物の数」に対する「再利用された着物の数」ってどれほどある?当然だけど着物文化って絶対無くなって欲しくないし、けど実際そうやって「捨てられてく着物の数」の膨大さを思うと少しでもこうやって再利用とか、若い人に着物に対するハードルを下げて貰う試みはアリだと思うんだけど。
[ 2017/06/18 17:20 ] [ 編集 ]
[ 97462 ]
着物も、ちょっと色が焼けてしまったりして端切れにするにはおしいとかいうのを活用するのはいいんじゃないの。
[ 2017/06/18 17:40 ] [ 編集 ]
[ 97482 ]
なんだかな。
西洋人が家に首を切られた仏像の頭を部屋に飾ってるのを見てる感覚になる。
[ 2017/06/18 19:44 ] [ 編集 ]
[ 97484 ]
》97445
なるほどね、納得。ここにも変な奴が湧いてるしな。
[ 2017/06/18 19:53 ] [ 編集 ]
[ 97488 ]
てか、着物は切らずにドレススタイルにする日本人がいたよね。
[ 2017/06/18 20:06 ] [ 編集 ]
[ 97494 ]
前、着物をドレスにアレンジするってやつより全然いい
やはりドレスはラインが出てないと見栄えがよくないな
[ 2017/06/18 21:29 ] [ 編集 ]
[ 97520 ]
再び日の目を見て着物も喜んでいるだろう。
[ 2017/06/19 09:51 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク