こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本刀ブームの裏で深刻な後継者不足 刀匠文化が危機的状況に 海外の反応

日本刀ブームの裏で深刻な後継者不足 刀匠文化が危機的状況に 海外の反応
“刀剣ブーム”の裏で深刻な刀匠の後継者不足 「二次元」とのコラボで活路

前略)

しかし、華やかな一面がクローズアップされる『刀剣ブーム』の裏側で、“深刻な問題”がある、と語るのは『一般社団法人全日本刀匠会事業部』理事の坪内氏。
 「問題となっているのは刀匠の減少です。平成元年に刀匠会に登録していたのはおよそ300人でしたが、今では188人に。しかも超高齢化が進んでいます」と現状を吐露。では、文化の担い手となる若手の育成はというと、そこは“刀匠”という伝統文化ゆえの障壁があると言う。
 「刀匠になるには、師匠のもとで5年以上の修行が必要となり、しかも完全な無給。なので、一度社会に出てお金を貯めるなり、家族のサポートがないと修行を続けるのは難しい」と坪内氏。また、刀匠は国家資格であり、年に1回、8日間かけて行われる試験に合格する必要がある。さらに、それらを突破した後も独立開業して仕事場をもたなければならず、職場を準備するだけでも1千万円以上はかかるとも。「昨今、刀剣ブームで刀匠への入門希望者も増えています。しかし、修行を続けられる人は非常に少ない」と坪内氏。 …

(海外の反応をまとめました)






■ 自分は剣術のおかげで武道に夢中になったので、これは本当に悲しい。



■ 刀匠を取り巻く法律が最大の障壁の一つになっている。伝統を厳格に守ろうとするあまり、かえってこの手工芸を守る邪魔になっている。



■ マレーシアの刀鍛冶を輸入したらしいよ。クランタン州、トレンガヌ州、ペラ州、セランゴール州、ヌグリ・スンビラン州、サラワク州からね。

■ そうしても日本の国家資格に合格しないといけないよ。修業期間を短縮したり試験回数を増やしたりして問題を解決できるかもね。

■ それはジレンマだな。彼らは日本刀の文化と歴史的価値と、時間がかかって繊細な工程が必要だという刀匠のイメージを両方同時に維持したいわけだ。この問題はある意味意図して作られていると言えるかもしれない。

■ ところでマレーシアの技術は日本の技術とどれほど似てる?輸出しても品質は保証されるのかい?




■ 魅力的な職じゃないよね。問題は解決しそうにないな。

■ どちらかというと趣味の領域だね。




■ 日本がそれを維持するのが大事だと思うのなら、政府が見習いの人たちを財政支援すればいいんじゃない?



■ 驚きじゃないよね。大学に行って授業料を大学に払ってもらうことなんてないもんね。学ぶことでお金はもらえない。働けばもらえるけど。

■ 見習いは職人が刀を作るのを手伝うインターンみたいなものだから。




■ 冶金を少しでも知ってれば分かるけど、日本の玉鋼は現代の鋼と比べるとあまりいいものではない。何回叩いて折り曲げても炭素含有量は現代の鋼には及ばない。そう信じたいところだろうけど、日本刀ではスーパーマンを出血させることはできない。日本刀はその物語や美しい刃文を見るために買うものだ。俺ならクリークスメッサーを選ぶね。

■ そうだね。現代日本で刀鍛冶になるということは道具を作るというより工芸品作家になる感じだね。手ごろな値段の高炭素合金鋼や工具鋼の刃物の方が、手作りの日本刀より高品質だ。

■ 理解してくれて有り難い。「カタナは神をも切れる」というカルト連中を相手にするのは精神的に疲れるんだよね。




■ 見習いに給料を払うことを考えたら?



■ 今や日本刀は伝統工芸で戦争のために作ってるんじゃない。188人でも多すぎると思う。良い職人だけを残せばいいよ。

■ もうみんな高齢で死んじゃうよ。そしたら良い職人が一人もいなくなってしまう。




■ 来年日本に行くんだけど、どこで買える?



■ 刀鍛冶は他の鍛冶と同じく滅びゆく工芸であり技法なんだと思う。



■ 日本の厳しい銃刀法も影響してるんじゃない。



■ 非日本人が刀を本国に輸出することは高価なライセンスが必要で難しい。そのことも市場を縮める要因になってると思う。



■ 適当なこと言ってないで実際日本に行って刀の文化や歴史を学んだらどうだ。ライセンスや輸出についてもそう。従わなきゃいけない手続きはあるけど、それはどの国にもあって、本当に単純だよ。それから刀鍛冶一人で日本刀全部を保存できるわけではない。深みと伝統がある世界なんだ。



■ 今でも首を切ったり手を切ったりする必要のある国へ輸出したらいい。そういう国ならまだいくつか存在するよ。



■ 日本政府が新しい鍛冶職人を生みたいのなら有望な人材への奨学金制度から始めたらどうだろう。それから事業を始める時に補助金を出したらいい。



■ むしろこんなに長く続いてることが驚き。


ソース1
関連記事

[ 2017/08/18 19:00 ] 日本 | TB(0) | CM(34)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 102323 ]
海外で売れるようにした方がいいって
そしたら海外にあるような偽者の刀じゃなく本物が広まるし
職人も職業として安定する、下手すりゃ若い人が商売になると目指す人も出てくるかも
[ 2017/08/18 19:26 ] [ 編集 ]
[ 102324 ]
刀剣で困るのは、せっかく作っても飾っておくしかないということだな
そりゃいくら伝統芸能でも製作意欲は削がれるだろ
浮世絵なら鑑賞してもらう喜びがあるが、日本刀は斬り合いでもしない限り真価を試せない
用途がないというのはモノづくりにおいて致命的な問題だよ
[ 2017/08/18 19:39 ] [ 編集 ]
[ 102325 ]
188人しかいない上にほとんど高齢者ならもう手遅れだね
[ 2017/08/18 19:41 ] [ 編集 ]
[ 102326 ]
中国や韓国で偽日本刀が大量生産される。
[ 2017/08/18 19:41 ] [ 編集 ]
[ 102327 ]
いっつも玉鋼を何度も折り返してーとか言ってるけど、刀の構造事態も切れ味に影響するんだよって、ここでいぅても仕方ないか
[ 2017/08/18 19:45 ] [ 編集 ]
[ 102328 ]
やりたい若者はいるけど経済的理由があったり、厳しい修業と基準をクリア出来ないってことか。
経済的理由ならもっと販路を広げて、見習いが作ったモノでも商品にするとか、外国に売って給料出るようにしないと。時代に合わせないと残らないよ。もしくは国が支援するしかない。
[ 2017/08/18 19:51 ] [ 編集 ]
[ 102329 ]
お前らが刀匠になれば?
[ 2017/08/18 19:52 ] [ 編集 ]
[ 102330 ]
>独立開業して仕事場をもたなければならず、
>職場を準備するだけでも1千万円以上はかかる

最大の難関はここだろうね
[ 2017/08/18 19:54 ] [ 編集 ]
[ 102331 ]
一年で作れる本数が決まってるんだろ
自由に作れないなんてクソじゃん
[ 2017/08/18 19:56 ] [ 編集 ]
[ 102332 ]
 
手っ取り早いのが、三尉以上の自衛官と警部以上の警察官に帯刀させることだな。
[ 2017/08/18 19:57 ] [ 編集 ]
[ 102333 ]
よし!真剣に考えてみる
[ 2017/08/18 19:59 ] [ 編集 ]
[ 102334 ]
後継者の話をしてるのになんで販売だの帯刀だのって話になるの?
[ 2017/08/18 20:01 ] [ 編集 ]
[ 102335 ]
無給なんてやってられるわけないじゃん(笑)
[ 2017/08/18 20:03 ] [ 編集 ]
[ 102336 ]
みんな口先では日本の伝統だの素晴らしいだの言っても
額に汗して仕事する職人()になんてなりたくないからな

空調の効いた部屋でデスクワークしたいから誰かやってくれってのが
ここにいる奴らもふくめ日本人の本音よwww
[ 2017/08/18 20:03 ] [ 編集 ]
[ 102338 ]
現代の技術で出来た高炭素鋼刀に魂が宿るとは思えない
俺も魂が宿ると言う非科学的なものは信用してないが
作り手の姿が想像できるってのはそれだけで特別な価値がある
[ 2017/08/18 20:09 ] [ 編集 ]
[ 102339 ]
五年間無給とかそういうクソシステムをやめることから始めなよ・・・
[ 2017/08/18 20:30 ] [ 編集 ]
[ 102340 ]
※102336
いや生活の保障がないからでしょ
[ 2017/08/18 20:31 ] [ 編集 ]
[ 102341 ]
国内で実用性が無いんだから
廃れて当然だろ
[ 2017/08/18 21:15 ] [ 編集 ]
[ 102342 ]
伝統や文化という言葉が理解できないのに他人を貶す人最高
[ 2017/08/18 21:22 ] [ 編集 ]
[ 102343 ]
今の時代に5年間無給なんて時代錯誤の事をしてれば
後継者不足も当たり前
[ 2017/08/18 21:26 ] [ 編集 ]
[ 102345 ]
工芸品っていうか刀は魔を祓うものでありちょっと前まで出産祝いの守り刀や嫁入りの懐剣として贈る文化や習慣が…みたいなのは外国人にはわからん感覚なのかな
[ 2017/08/18 21:47 ] [ 編集 ]
[ 102346 ]
5年間無給で住み込んで仕事しないと受験資格すらない
仮に試験に受かったとしても数千万かけて工房作らないと開業も出来ない
開業しないと国から玉鋼の配給も無いから資格だけ持ってても無意味
ブラック企業以前に家が工房持ってるのを前提とした世襲制で新規参入を排除してるよな
そんなシステム作ってて人数減ってるとか言われましても・・・
[ 2017/08/18 21:54 ] [ 編集 ]
[ 102347 ]
そもそも刀匠が後継者を育てようと思ってないのでわ。
後継者を育てる=ライバルを育てるとなるのに、
家族以外に教えるとかできないだろう。
[ 2017/08/18 22:09 ] [ 編集 ]
[ 102348 ]
刀鍛冶に限らず、伝統工芸の世界に入りたくても極普通の家に生まれた人間にはハードルが高い。
そこら辺を上手くマッチングさせて奨学金的な補助をするとかの仕組みを国レベルで仕組みを作らなきゃ難しいよ。
[ 2017/08/18 22:17 ] [ 編集 ]
[ 102349 ]
鉄の質が悪い云々は
砂鉄を溶かして流し込むだけの簡単な仕事
とでも思ってるのかね
[ 2017/08/18 22:57 ] [ 編集 ]
[ 102350 ]
伝統工芸なんだから、育成に国のサポートがあったっていいよな。
[ 2017/08/18 23:15 ] [ 編集 ]
[ 102351 ]
むしろ国が率先して徹底的に新規育成を排除してる訳だが・・・
[ 2017/08/18 23:19 ] [ 編集 ]
[ 102353 ]
ダラダラ道路工事する金があるならこっちに回せばいいのにな
[ 2017/08/19 00:12 ] [ 編集 ]
[ 102357 ]
国がお金出して保護したら、今度は文句いいだすアホがいるから、こういうのは難しいんだよな
[ 2017/08/19 07:35 ] [ 編集 ]
[ 102391 ]
無理な話だ。昔、博物館の刀剣イベントに来てた本物の刀匠が、「弟子入り志願者は定期的に来るが、現代で成り立つ職業ではないので諦めるように勧める」と言ってた。本人達がそんな感じなのに、どうにかなるわけがない。
[ 2017/08/19 15:43 ] [ 編集 ]
[ 102398 ]
なんでそんなシステムなの?
もうちょっと変えたらいいんじゃないの?
[ 2017/08/19 18:02 ] [ 編集 ]
[ 102417 ]
五年無給ってキツすぎるな
ほんと補助金出していいんじゃないのか
武道人口少ないのもよくない
[ 2017/08/19 20:13 ] [ 編集 ]
[ 102418 ]
五年無給ってのはシステムとかじゃなく師匠も金無くて払えない
なんかすぐ職人そのものを否定に走りたがるガキっているよな
[ 2017/08/19 20:15 ] [ 編集 ]
[ 102431 ]
無給って法律違反だろ
[ 2017/08/20 01:16 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク