こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

15世紀の日本vsイギリス 勝つのはどっち? 海外の反応

15世紀の日本vsイギリス 勝つのはどっち?

質問者:
 1400年代にイギリスと日本が戦争したら、どっちの軍隊が強い?地形は無視で。







■ 歴史家ではないけど、日本がイギリスを踏み潰すと思う。
15世紀日本の推定人口は1250万で、イギリスはたった250万だから。ロングボウ以外は技術力の差もほとんどなかっただろうから、数で圧倒する日本が有利。

■ イギリスのロングボウを過小評価しすぎだと思う。
それに最近の推計によれば、当時の日本の人口は800万程度だった。この場合、人口比は3:1になる。アジャンクールの戦いでイングランドは6倍のフランス軍に楽勝している。この戦いで決定的な役割を演じたのは、イングランドのロングボウだった。これは400ヤードの有効射程があって、フルプレートアーマーをも貫くことができた。当時の日本兵は鉄に劣る木製の鎧を着ていた。日本はロングボウに対する防御法がなく、イングランドが勝ったと思う。

■ 日本にも「弓」があった。

■ 日本の弓ではイギリス軍のフルアーマーを貫くことはできない。弓があってもイギリス軍相手には大して役に立たなかっただろう。百年戦争で負けたからと言って、ロングボウの有用性が無効になるわけではない。

■ アジャンクールはイギリス有利な地形だったからな。フランス騎士団はぬかるみで馬を使えなかった。フランスが百年戦争で勝ったという事実は当時のイギリスの実力を表していると思う。それにイギリス軍みんなが鎧を付けていたわけではないし。ロングボウの射手ですら、貧農だったので、高価なプレートアーマーを買うことは難しかった。

■ この戦いはイギリスのフランスへの侵略であって、防御する方が圧倒的に有利だったという点を指摘しておきたい。

■ トーマスD.コンランの「日本の出現」と「中世の戦争」という本によれば、日本の弓は「強力で短距離なら鉄の鎧を貫くことができた」と書いてあるよ。

■ 短距離ならね。それに鎧は希少だったろうから、弓は使える武器だったろうね。

■ 日本では鎧はそんなに珍しい物じゃなくて、戦国大名が兵士に配っていた。どれだけ鎧を供給できるかは、戦国大名の豊かさ次第だったろうけど、頭と上半身を防御するものはかなり一般的だったようだ。

■ 15世紀に使われていた日本の弓では鋼鉄製、あるいは鉄製の鎧は貫けなかった。弓は軽装備の兵士を相手にしたものだ。

■ 僕は15世紀の日本の戦いについての本をソースにしているんだけど、君はソースを提示できる?




■ イギリス軍がフランス軍に大勝したって言うけど、フランス軍が強かったことなんて、歴史上一度でもあるのか?

■ フランスはかつては本当にすごかったんだぞ。

■ フランスはヨーロッパの軍事の歴史で最も成功した記録のある国だよ。




■ 日本の侍が着ていた鎧はフランスの騎士が着ていたものより軽かっただろうし、ぬかるみに囚われることもないとなれば、アジャンクールの戦いは日本とイギリスの戦争の参考にはならないよ。

■ 僕の記憶が正しければ、アジャンクールの戦いはロングボウの優秀さと同じくらい、フランスの戦術ミスの結果だったと思う。フランスはロングボウの能力を最大限にできる場所を選んでしまった。

■ イングランドのロングボウは本当にすごかったと読んだことがあるよ。




■ スコットランドも含まれるの?
イングランドというと連合王国を指す場合があるからね。
もしスコットランドも含まれるのなら、9割方、イギリスの勝ちだと思う。



■ 15世紀のアジアの技術はヨーロッパよりはるかに進んでいた。日本はイギリスのロングボウに匹敵する弓を馬に乗りながら撃てたし、(中国が得意だった)単純な火砲にも接触があったはずだ。
 イギリスは人口の面で日本にはるかに劣ったし、日本の兵士たちはプロフェッショナルだった。イギリスではプロの兵士は貴族とその取り巻きだけだった。
 ただし、侵略はすんなりとはいかないのが歴史の常だから、日本がイギリスを侵略しても失敗しただろうと思う。


ソース




関連記事

[ 2014/09/07 07:30 ] 日本 | TB(0) | CM(88)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 27995 ]
想定としては面白くても
やっぱりヨーロッパの国がアジアに負けるっていうのは
イギリス人のプライドが許さないでしょ
[ 2014/09/07 07:42 ] [ 編集 ]
[ 27996 ]
仮想戦争好きな奴多いよな(笑)
生物、特に雄は戦いの本能が強いもんな(笑)
[ 2014/09/07 07:48 ] [ 編集 ]
[ 27997 ]
イギリスじゃね?
戦国大名はそれほど頭よかったわけでもないし、兵士だって信長がようやく兵農分離に着手したばっかだったし
[ 2014/09/07 07:48 ] [ 編集 ]
[ 27998 ]
1400年代か。
信長とか出てきた戦国時代なら日本なんだろうけど
15世紀はどうなんだろう?
このころの日本の軍事力はそれ程でもないんじゃないかな。
[ 2014/09/07 07:56 ] [ 編集 ]
[ 27999 ]
プライドが高かろうが低かろうが勝ち負け関係ないしー
[ 2014/09/07 07:57 ] [ 編集 ]
[ 28000 ]
イギリスの15世紀をちょっと調べた限りじゃ
攻め入った方の負けだな
海上戦はイギリス有利で
陸上戦は日本有利って感じ
[ 2014/09/07 07:57 ] [ 編集 ]
[ 28001 ]
指揮官と戦場によるんじゃねェ
[ 2014/09/07 07:57 ] [ 編集 ]
[ 28002 ]
地形は無視って時点で・・・
[ 2014/09/07 07:59 ] [ 編集 ]
[ 28003 ]
日本もイギリスも同じ封建制度の国
どっちも強いんじゃないかな
けど、イギリスだろうなその時から世界を見ていたから東インド会社
その後の産業革命が起こるわけだし
[ 2014/09/07 08:02 ] [ 編集 ]
[ 28004 ]
せめて地形を考慮しないとなあ
平原じゃ織田も今川に負けただろうし
[ 2014/09/07 08:02 ] [ 編集 ]
[ 28005 ]
16世紀なら日本の圧勝だろうが15世紀じゃいい勝負するんじゃないかね
ただロングボウより和弓の方が高威力なのは既に証明されていたはず
それと射手や武士の錬度は日本の方が上だろう。体格では負けるだろうが

恐らくどれだけ分からん殺しするかの勝負になると思うけど
ネタの引き出しは侍の方が多そうな印象がある
[ 2014/09/07 08:07 ] [ 編集 ]
[ 28007 ]
日本で火器が最初に使用されたのは、応仁の乱からだな
朝鮮や琉球経由で伝来している
[ 2014/09/07 08:12 ] [ 編集 ]
[ 28008 ]
正面からぶつかるなら
武士が「やぁやぁ我こそは何の誰某なり」と名乗りをあげてるところを弓でぷすっ
という元寇の再来になりそうだ
ただ相手の戦い方に慣れたらどうかは分からない
[ 2014/09/07 08:24 ] [ 編集 ]
[ 28009 ]
どっちも制圧出来る程人送れない
[ 2014/09/07 08:33 ] [ 編集 ]
[ 28010 ]
長い内戦で戦いなれた日本が朝鮮半島で無双してた
16世紀後半なら圧勝だろうけどね
[ 2014/09/07 08:34 ] [ 編集 ]
[ 28011 ]
戦国大名はそれほど頭よかったわけでもないし、兵士だって信長がようやく兵農分離に着手したばっかだったし


お前は頭がいいなぁ。
1400年代じゃ信長の父親すら生まれる前だけどな。
[ 2014/09/07 08:35 ] [ 編集 ]
[ 28012 ]
私は生粋の日本人だけど
まあ韓国の圧勝でしょ
[ 2014/09/07 08:37 ] [ 編集 ]
[ 28013 ]
もうハッキリ言っちゃうけど、英国には薩摩だけで十分だと思うよ
[ 2014/09/07 08:39 ] [ 編集 ]
[ 28014 ]
クロスボウならともかく、ロングボウ的な長弓は日本にもあっただろ。
日本は内戦で頻繁に戦ってたし、練度も高いと思うけどねぇ。
[ 2014/09/07 08:39 ] [ 編集 ]
[ 28015 ]
地形や天候などによって勝敗はどうとでもなる。以上。
[ 2014/09/07 08:42 ] [ 編集 ]
[ 28016 ]
 
日本では応仁の乱があってイギリスでは薔薇戦争やってた頃か
共に内戦だけど動因兵力は応仁の乱の時は10万単位で薔薇戦争は万単位だから
10倍の差があったみたいだね
米食は偉大や
[ 2014/09/07 08:53 ] [ 編集 ]
[ 28017 ]
>攻め入った方の負けだな
>海上戦はイギリス有利で
>陸上戦は日本有利って感じ

そう考えるのが妥当だね
[ 2014/09/07 08:57 ] [ 編集 ]
[ 28018 ]
 
日本史だと、終盤は応仁の乱が起きて、戦国時代に突入した頃か…
[ 2014/09/07 09:33 ] [ 編集 ]
[ 28019 ]
15世紀だとちょっと厳しいか
16世紀なら日本だと言い切れるんだがな
[ 2014/09/07 09:34 ] [ 編集 ]
[ 28020 ]
15世紀のイギリス軍が船を仕立てて日本へくる

神風で沈没

15世紀の日本軍が船を仕立ててイギリスに出発

神風で沈没

結論:神風最強
[ 2014/09/07 09:40 ] [ 編集 ]
[ 28021 ]
船に乗って戦場へ赴く時点で神風圧勝の予感
[ 2014/09/07 09:41 ] [ 編集 ]
[ 28022 ]
戦国時代なら日本勝てるんじゃねって思うけど15世紀はねえ…室町時代か…微妙…
[ 2014/09/07 09:44 ] [ 編集 ]
[ 28023 ]
応仁の乱が入っているなら骨皮道賢が足軽を発明した後だから、徹底した放火や後方撹乱で補給線を破壊できるな
[ 2014/09/07 09:52 ] [ 編集 ]
[ 28024 ]
弓矢の性能に関しては、日英に決定的な差はないと思う。
となると、英重騎兵の突撃を日本が防げるかどうか、日軽騎兵の騎射に英軍が対応できるかどうかが問題になりそう。
金拍車の戦いみたいに槍衾を作れば騎兵突撃は防げるんだろうけど、重騎兵を相手にしたことがない武士がそんな戦法を急に思いつくかな?
英軍が軽騎兵の騎射に対応できるかも微妙。西欧騎士軍はモンゴル軍の騎射に対抗できなかったし。でも、モンゴルと日本では同じ弓騎兵でも戦い方が違うんだよなぁ。
だからどっちもどっち。
ただ、敵を捕らえて身代金を要求する英国騎士と、敵の首を取って恩賞を要求する日本武士なら、日本の方が優勢になりそう。
[ 2014/09/07 09:56 ] [ 編集 ]
[ 28025 ]
馬上から射てる長弓とか和弓最強過ぎ
[ 2014/09/07 10:00 ] [ 編集 ]
[ 28026 ]
まるで自分がその時代に生きていたかのように言い切るねw
[ 2014/09/07 10:03 ] [ 編集 ]
[ 28027 ]
>正面からぶつかるなら
>武士が「やぁやぁ我こそは何の誰某なり」と名乗りをあげてる

あの・・・・15世紀なんですけど・・・・・・どこの鎌倉武士ですか?
[ 2014/09/07 10:04 ] [ 編集 ]
[ 28028 ]
ヨーロッパ人は自分らの鎧を過大評価しすぎ
[ 2014/09/07 10:12 ] [ 編集 ]
[ 28029 ]
ロングボウが和弓を凌駕するわけないし、威力も命中精度も安定性も上。
英仏でやってたことは、既に春秋戦国時代で判明してたし、日本でも数世紀前に石弓切った経緯がロングボウを採用した理由と同じ。
目立ってて手柄を挙げやすいから刀より誉ってんで、武家じゃ普通に習う1つになっていったけど、銃が出る前の一番射手の減ってた時代な上に、集団戦自体が遊軍と散兵しかいない状況だし、弓にロングボウほどの期待はできそうにない。
足軽は目を離すとすぐ離散して方々荒すし、組織化された軍隊と戦うのは正直厳しく、直剣使ってた時代の次に過酷な世紀だとは思う。
[ 2014/09/07 10:13 ] [ 編集 ]
[ 28030 ]
当時の日本は応仁の乱
当時のイングランドは薔薇戦争

当時のイングランドはマジで弓弓弓弓な時代だな
ただ、鋼鉄の鎧は役立たず
イングランドの貴族同士なら鋼鉄の鎧で守られて動きが鈍くても拉致られて身代金とられるだけだけど
日本の場合はそういうの関係なく武功として首を狩りにくるからね
[ 2014/09/07 10:20 ] [ 編集 ]
[ 28031 ]
この手の武具などの知識で妄想語りを好む外人さんはよくいるけど
なぜかその後どう状況が変化するかという点まで考察する人はほとんどいないんだよなぁ…
日本人なら当時でも敵さんの武具を手に入れたらお偉いさんが同じもの作らせて更に魔改造するし
敵の鎧が貫けないなら、躍起になって貫けるように改良するさ
だから緒戦で日本が負け続きでもその後どうなるかはわからんね
[ 2014/09/07 10:21 ] [ 編集 ]
[ 28034 ]
戦いは数だよアニキ

特に地形も考慮しない限定付きで尚且つ当時の単純な戦争ならなおさらだ
[ 2014/09/07 10:30 ] [ 編集 ]
[ 28035 ]
海軍力・・・イギリスの優勢
クロスボウ・日本の長弓の性能差は同等のレベル
接近戦・・・日本の優勢
集団の戦い・・・同等のレベル
防具の性能差・・同等のレベル
地理的の有利度・どっちも湿潤気候に適した戦い方
どっちも防衛戦に強い

結論:戦わない方が正解
[ 2014/09/07 10:36 ] [ 編集 ]
[ 28036 ]
名称に率いられた方が勝つ。

ところで、そんなことよりイギリス人の認識の中でフランスさんが可哀想すぎる件。
[ 2014/09/07 10:37 ] [ 編集 ]
[ 28037 ]
 
NHKか何かでやってたんだけど戦国時代の「軍師」っていうのは
戦術を決めるというより天候や吉凶を占う事を重視される存在だったとか
「信長の野望」みたいな感じだとイケてるんだけど、実際はもっと蛮族っぽかったのかも
もっと遡り場所も違うが、お隣中国の「項羽と劉邦」の時代はまさにオドロオドロしい仮面を被った土人の戦いに近かったという説が中国でも有力になっているし、俺達のイメージは小説や大河ドラマ、漫画、ゲームから影響を受け過ぎてるのかも
もちろん、ヨーロッパのもね
[ 2014/09/07 10:38 ] [ 編集 ]
[ 28038 ]
お互い防衛戦は勝てるだろうな。
得意な戦術・戦場が違うし。
英軍は知らないけど。

15世紀末だと幕府の求心力弱くて一枚岩じゃないから侵略は厳しいだろうな。
[ 2014/09/07 10:39 ] [ 編集 ]
[ 28039 ]
ロングボウより和弓の方がデカイんやで
それに騎射もできるんや
[ 2014/09/07 10:41 ] [ 編集 ]
[ 28040 ]
くらだない...

大英帝国時代とか、戦国時代のことよりも、
最も現代に直結してる、20世紀の英国と日本の歴史をもっと勉強したらどう?
[ 2014/09/07 10:41 ] [ 編集 ]
[ 28041 ]
こういう無意味な比較って面白いか?
そもそも、互いに大軍を送り込む手段がないのに。
[ 2014/09/07 10:57 ] [ 編集 ]
[ 28042 ]
当時のイギリスの兵士って末端に至るまで全員フルアーマーを着込んでいたの?
[ 2014/09/07 11:04 ] [ 編集 ]
[ 28043 ]
世界で唯一建国されて二千年近く経つ日本。
もう答えはでてるだろ。
武器や武術豊富、小柄ながらとんでもない力がある。小さな巨人戦闘民族日本。
[ 2014/09/07 11:14 ] [ 編集 ]
[ 28044 ]
楽勝やろ
冗談抜きでサムライ時代は(江戸初期くらいまで)日本が世界一の軍事力だろ

世界一の武器所持数と世界一の練度だぞ
サムライが世界的に人気なのも当時最強だったからに他ならない
[ 2014/09/07 11:16 ] [ 編集 ]
[ 28045 ]
海上では勝ち負け以前に勝負にすらならないから無理
絶対に勝てない
[ 2014/09/07 11:21 ] [ 編集 ]
[ 28046 ]
日本は、そのころ応仁の乱でボロボロだったからな
一休さんのとんちに頼るしかない
[ 2014/09/07 11:32 ] [ 編集 ]
[ 28047 ]
1400年代終盤なら日本。中盤ならどっこい。初頭ならイギリスかな。
ただ、何処で戦うかで大きく左右されるだろうけれど。
[ 2014/09/07 11:53 ] [ 編集 ]
[ 28048 ]
場所は中国でどうだろう。
ロングボウやフルプレートは兵士に行き渡っていたのかな?
日本もどれくらい装備していたんだろう・・・。
[ 2014/09/07 12:04 ] [ 編集 ]
[ 28049 ]
動員兵力が一国の大名程度のイギリスではどう足掻いても勝負にならない。ロングボウがどうとかの問題ではない。
[ 2014/09/07 12:05 ] [ 編集 ]
[ 28050 ]
1対1の御前試合じゃあるまいし
戦術・戦略、地形や人数、武器・防具などトータルで
比べてみないと意味ないじゃんか、そんなの
[ 2014/09/07 12:12 ] [ 編集 ]
[ 28051 ]
日本人でも勘違いしてる奴が多いがプレートアーマーなんてペラペラだぞ。
厚みがあったら重くて動けんからな。
それでも動きながら斬るとなると難しいが突いたら日本刀が突き刺さるぞ。
あと、槍はもちろん通るし弓も通る。
[ 2014/09/07 12:15 ] [ 編集 ]
[ 28052 ]
鎌倉~室町中期ごろの弓はひたすら威力重視。一人では弦を張れないような強い弓と重量のある矢を使用した。騎馬で接敵して射撃し、相手の鎧ごと貫くような使い方もした。
[ 2014/09/07 12:28 ] [ 編集 ]
[ 28053 ]
侵攻か防衛か陸か海かで全く違うだろいい加減にしろ
[ 2014/09/07 12:52 ] [ 編集 ]
[ 28054 ]
人口差(兵力)と、個人的な強さで日本の圧勝じゃね?

イギリス1万vs日本10万位の兵力比になりそう。

しかも日本は、米のかげで農民ですら幼少から武芸を習っていた時代だからな。鎌倉時代末期~江戸時代までは戦乱記で、この時代お日本人は殺し合いに慣れている。

しかも倭寇の全盛期だし。
[ 2014/09/07 13:25 ] [ 編集 ]
[ 28055 ]
15世紀なら東アジアの方が先進的だったので日本有利かもな

16世紀以降はぐんぐん西欧が伸びてくるけど
[ 2014/09/07 13:35 ] [ 編集 ]
[ 28056 ]
戦国後期から安土桃山にかけての時期なら負ける気がしない

織田に徳川軍団、野戦最強上杉謙信、島津義弘、立花宗茂などなど化け物揃い
[ 2014/09/07 13:35 ] [ 編集 ]
[ 28057 ]
15世紀とざっくり言われても
1501年~1600年あるんだし
そりゃー1501年だと「やぁーやぁー我こそは!」と言ってた時代と
1600年の関が原あたりじゃ
具足の形も使われる武器も変わってるし
1543年には種子島に銃が渡ってきてその後日本独自で量産
それに大筒も出てきたりと戦い方も変わってるし・・・

イギリスだって1501年と1600年で全然違うんだし
1世紀でくぎるなよ
[ 2014/09/07 13:39 ] [ 編集 ]
[ 28058 ]
>しかも日本は、米のかげで農民ですら幼少から武芸を習っていた時代だからな。

というかこの頃は農民と武士の区別なんてあんまり無いぞ
[ 2014/09/07 13:41 ] [ 編集 ]
[ 28059 ]
15世紀は1401年~1500年だよ
[ 2014/09/07 13:41 ] [ 編集 ]
[ 28061 ]
なんだよ木製の鎧って相変わらず知ったか外人多いな
[ 2014/09/07 14:11 ] [ 編集 ]
[ 28063 ]
イングランドのロングボウはその矢にも大きな改良が加えられ、ボドキン矢と呼ばれる先端に鋼で作られた四角錘の鏃を付けて、鎧を貫き易くし確実に人体へ致命傷を与えられるように開発されました。
その威力は絶大で、ボドキン矢のロングボウに対しては鎧を装備してもほとんど効果はなかったそうです。
[ 2014/09/07 14:45 ] [ 編集 ]
[ 28064 ]
和弓がロングボウより威力があると言うのはディスカバリーかなんかでやってたな。
問題は個別の弓の威力より戦場での運用だろう。
イングランドはロングボウを集団で狙いをつけず曲射で面を制圧するように用いた。
日本にこのタイプの弓の運用があったかは謎だ。
個々が比較的近距離で狙いをつけて射ていたのが主なのではないか。
[ 2014/09/07 14:57 ] [ 編集 ]
[ 28065 ]
弓兵は接近戦を苦手とし、特に騎兵による突撃戦法には非常に脆い一面がある。イングランドはこの弱点を補うために、地面に木の杭を打ち込んで簡易バリケードにするなど、相手の突撃を防ぐ備えを作ってその後方に弓兵隊を配置した。
ロングボウを利用する陣形は中央に歩兵部隊を配置し、その両翼に相手を包み込むようにハの字に弓兵を配置する。 イングランドではこの際に大量の弓兵を集中投入し狭い間隔で立って並ばせ、狙いを定めず一分間に15-20射という早さで次々と矢を放ち、敵陣に強力な矢の雨を降らせて弾幕を張る戦法をとった。フランス軍が得意とし、射程距離ではロングボウに対して勝っているクロスボウに対してもその優位は揺るがず、テレビ番組の検証ではクロスボウが1射行ううちにロングボウは7射以上射つことができた。
ロングボウを引くために必要な力はしばしば45kgw(100lbf)を超えたため、その習熟は困難を極めた。 イングランドでは自由農民であるヨーマンに給料を出して修練させ、強力なロングボウ部隊を作り上げた。その結果として弓兵の体格は左胸等が発達し左右の体型に著しい差異が生ずるほどであった。
ロングボウは銃の登場によりその後徐々に衰退するが、それでも初期のマスケット銃よりは威力や連射性に優れており、17世紀初頭まで存続した。17世紀以降ロングボウが廃れたのは、武器性能においてマスケット銃に劣ったというよりも、むしろ技術習得の困難さゆえであった。そのため、17世紀中期のピューリタン革命において、どちらかの陣営がマスケット銃ではなくロングボウを用いていたならば、たやすく勝利を飾ることが出来たであろうとも言われる。
[ 2014/09/07 14:58 ] [ 編集 ]
[ 28066 ]
軍事力の有効性はどこで(国、陸海、地形)、どのように(侵略戦、防衛戦、大遠征etc)、どうなりたいか(相手を殺せば勝利、とどまって根拠地作るのが勝利、追っ払えれば勝利etc)
によって全っ然!変わってくるんだから、そういう背景を設定せずに末端の武装だけトリビア披露して満足するのって馬鹿馬鹿しいと思うけどなあ。まあ面白いけどね。
陸戦による一会戦を、アジャンクールと日本のどこかにそれぞれ設定して二つの場合の結果を考える。
また日本とイギリスがドーヴァー程度の海を挟んでいたと仮定して、日本がイギリスに攻め込む場合とイギリスが日本に攻め込む場合の結果を考える
この4パターンぐらいを設定した上で戦いの流れを想像しないと…
[ 2014/09/07 15:15 ] [ 編集 ]
[ 28067 ]
識字率の高い日本が勝つと思うよ
馬鹿は命令したって正確に動けないんだから
[ 2014/09/07 15:20 ] [ 編集 ]
[ 28068 ]
室町から戦国にかけてか。
スレ的には鉄砲はなしって感じだな。
さてどうだろ。
士気という面で日本が有利かもしれない。
彼らの戦争はどこかスポーツ的な側面がある、
一定数兵を減らすと早々に撤退するしな。
[ 2014/09/07 15:22 ] [ 編集 ]
[ 28069 ]
やぁやぁ我こそは何の誰某なり
って勘違いされやすいけど敵を破った時に味方に誰が
やったか知らしめるためで恩賞確保のためなんだよね
悠長に敵に名乗りを上げてるわけじゃない
[ 2014/09/07 15:27 ] [ 編集 ]
[ 28070 ]
五人張りの強弓を引く武士が勝つな
[ 2014/09/07 15:42 ] [ 編集 ]
[ 28072 ]
仮想戦争するのは良いけど、条件を細かく提示して欲しい
地形や気候、情報戦の有無で勝率変動し過ぎ
[ 2014/09/07 16:13 ] [ 編集 ]
[ 28073 ]
場所や期間戦術によるとしかいえないな
重装よろいで山地合戦は不利だしロングボウだからって
赤坂の楠正成相手に勝てるかっていうとそれはない
逆に海上でイギリスに勝てるかというとそれもほぼない
軽装鎧の日本に盾がなかったわけでもない
そして作戦が通用しない場合また別の対策が練られるのも
戦争の常
[ 2014/09/07 16:34 ] [ 編集 ]
[ 28074 ]
名乗りを上げて一騎打ちを挑むなんてのは元寇で既にやめてるだろ。15世紀にそんな事してる奴いないって。
骨皮道賢の足軽もいわゆる傭兵で、大名直属の兵力は一番少ない時期だったと思う。幕府奉公衆と呼ばれた将軍直轄兵力も数百人て規模のはず。戦国時代に突入してから槍、弓や印地打(投石)など兵科ごとに部隊を組織する本格的な集団戦に突入した。
[ 2014/09/07 16:55 ] [ 編集 ]
[ 28083 ]
日本と英国は陸続きじゃないから考えても無駄だよ、
英国が日本に船で侵略しに来るのなら、日本は地の利で勝つだろうし、日本が英国に攻め入るのなら英国が勝つでしょ。
どこか他国の陸戦で、と考えてもそもそも補給なしには戦えないんだから考えるだけ無駄。
剣技や弓での雌雄を想定してるのなら、確かに道具の作りで語るのは正しいけど。
[ 2014/09/07 19:31 ] [ 編集 ]
[ 28094 ]
室町幕府をコケにするヤツはネトウヨw
[ 2014/09/07 20:05 ] [ 編集 ]
[ 28098 ]
本格的に歩兵が騎士に対抗する戦力と看做されるようになったのはイングランドのロングボウ部隊が初である。
クレシーの戦いでは、騎士隊2万人を中心に4万人を超える大兵力であったフランス軍に対して、半数以下の1万5000人で歩兵中心のイングランド軍が大勝利を収めた。
当時、歩兵の弓兵割合は全体の1~2割程度で、精々、2~3千人が一般的だったが、イングランドのロングボウ部隊は全兵の半数を超える1万2000人もいた。
ロングボウは威力が強く、有効射程も400ヤードを超える分、扱いが非常に難しく、長期に渡る訓練が必要であり、一人前の弓兵に育てるには10年以上の訓練を要した。また、効果的にロングボウを使用するには大人数が整然と一斉射撃と速射を行う必要があった。
エドワード1世は全イングランドでロングボウの導入を押し進め、騎兵を除く全てのイングランド兵にロングボウの訓練を義務付けた。
それでも弓兵の数に満足しなかったエドワード1世は、イングランド領内の農民にも給料を出してロングボウを修練させ、最終的には4万人を超える強力なロングボウ部隊を作り上げた。
イギリスのロングボウ部隊は、「1人に付き1分間で平均14本射た」とされる。一方、日本には速射競技はないが、和弓の場合、通し矢で一昼夜(1日)射続けた和佐大八郎の記録から「1分間に6本は射た」という計算結果が出されている。ただし、和佐の場合、1万3千本の矢を射た総合平均から導き出された計算結果であり(日本の場合、秒単位の概念がないため、こうした速射の公式な記録がない)、後半は体力的問題が加わっている。そのため、万全な状態で速射をした場合、その平均以上の記録は出たと考えられ、従って、速射を意識した場合、和弓でも1分間に10本以上の矢は放てたと考えられる。イギリスのロングボウが速射性に勝るものの、和弓も速射性でロングボウとの大差はなかったと考えられる。
[ 2014/09/07 20:16 ] [ 編集 ]
[ 28108 ]
こういうスレだと鎧は木製だとか刀は鉄製だとか
知ったかする連中はどこから知識を仕入れてるんだろう
[ 2014/09/07 20:48 ] [ 編集 ]
[ 28120 ]
設定が1400年代なのに15世紀になって話が進んでるけど?
[ 2014/09/07 21:27 ] [ 編集 ]
[ 28124 ]
1400年代の事を15世紀というのだが
[ 2014/09/07 21:34 ] [ 編集 ]
[ 28129 ]
最後のレスの的確さに草はえた
[ 2014/09/07 21:54 ] [ 編集 ]
[ 28136 ]
まず死を恐れない精神的に狂ってる日本の侍は最凶だな

騎士の戦いは死なない為の戦い
武士の戦いは戦場で死ぬ事が誉で名誉
[ 2014/09/07 23:37 ] [ 編集 ]
[ 28140 ]
 
中世の日本の武士のイングランドのロングボウ部隊とでは、根本的に戦場での『弓』の位置付けが違う。
日本の弓はあくまで騎馬突撃や接近戦闘の補助的な役割だったのに対して、イングランドでは弓がメインで、騎兵なんかは奇跡的に弓の嵐を掻い潜って接近してこれた敵の『残党』を狩るのが仕事で、弓がメインでそれ以外が補助だった。
4万人近い弓兵がロングボウを1分で14回も一斉に速射してくれば、単純計算1分間につき56万本の矢が降り注がれる。
更には矢じりも貫通力を高め、殺傷力の高い特殊なものを使ってたんだから、当時の日本の鎧の素材が何でできてようが、そもそも鎧を着てようが着てまいがほとんど関係ないレベルでしょ。
[ 2014/09/08 00:21 ] [ 編集 ]
[ 28144 ]
16世紀後半で勝負でしたいです(震え声)
[ 2014/09/08 03:17 ] [ 編集 ]
[ 28172 ]
戦う環境とか戦術にもよるけど単純に動員兵力だけで押し通すなら日本じゃない?
[ 2014/09/08 13:05 ] [ 編集 ]
[ 28263 ]
日本軍がイギリスにいくのか、イギリス軍が日本に行くのか
その前提をはっきりしてほしいw
[ 2014/09/08 22:58 ] [ 編集 ]
[ 28311 ]
名無し
日本の武士って朝鮮出兵のの記録では武士1人で5人相手に出来たくらいの錬度だったんでしょ。自分も格闘技やってるから言えるけど錬度の差って絶対に出ると思うな。

日本の兵農分離って元々半農の貧乏武士を分けたって話が最近では有力でそもそもが武士。すなわち職業軍人なんだよね。幼少から剣振って何度も試合して弓撃ってて奴らに金で雇われた農民兵士が勝てると思えないよね。

対弓の戦術だって日本に同じような武器がある以上は日本も分かってただろ。さらに10倍の物量差もあったら日本勝利は決定的だろ。

[ 2014/09/09 10:51 ] [ 編集 ]
[ 28326 ]
結局戦争するような近距離に互いの国があったのなら技術の差なんてあまり無いはず。なら基本は人口ってことになる。
日本の勝利w
でもエゲレスが日本の横にある島国だとしたら、どっちもやあやあ我こそは、やってて一騎打ちとかになるなら白人のほうが強かったかもしれないけどw
[ 2014/09/09 15:19 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク