こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

欧州の戦闘機ユーロファイターに欠陥、英独は年間飛行時間を半減 海外の反応

欧州の戦闘機ユーロファイターに欠陥、英独は年間飛行時間を半減

欧州の戦闘機ユーロファイターに欠陥、英独は年間飛行時間を半減

ドイツ国防省は9月30日、英独伊西の欧州4か国が共同開発した戦闘機ユーロファイター・タイフーン(Eurofighter Typhoon)に製造上の欠陥が見つかったと発表した。

 ドイツ国防省によると、胴体の後部に欠陥が見つかったため、ユーロファイターの納入を一時的に見合わせるとともに、同型機の年間飛行時間を現行の3000時間から1500時間に半減させることを決めたという。

 独ニュースサイト「シュピーゲル・オンライン(Spiegel Online)」は、この欠陥によって最悪の場合、同型機の胴体が不安定になる恐れがあり、この欠陥を最初に発見した英空軍も機体に負荷をかけないよう年間飛行時間を半減させることを決めたと伝えた。

 ドイツと英国はいずれも100機以上のユーロファイター・タイフーンを就役させている。シュピーゲルによるとドイツ空軍は現在、109機のユーロファイターを運用している。

 ユーロファイターは欧州航空機大手エアバス(Airbus)、英防衛大手BAEシステムズ(BAE Systems)、伊航空防衛機器大手フィンメカニカ(Finmeccanica)が設立したコンソーシアムが生産している。

 ドイツと英国が当初250機だった調達機数を半減させているうえ、輸出の商談も数件が成立しなかったことから、エアバスの防衛部門のトップは新たな契約を獲得できなければユーロファイターの生産は2018年にも終わる可能性があると発言していた。


(海外の反応をまとめました)





■ ドイツ人だけど、国防省とドイツ軍にはだんだん腹が立ってきた。俺たちはこの組織に毎年300億ユーロ以上を投じているのにこのざまだ。そのお金は一体どこに行ったんだ?ヘリコプター、ユーロホーク、航空機、官僚機構…、ドイツ軍はめちゃくちゃだ。今の10%の職員でできるはずだ。

■ ロシア製の飛行機を買えばいいだろ?




■ 新技術だから欠陥があるのは当然なんだよ。アメリカ人だけど、F-22にもF-35計画にはいくつかの問題があった。人々は未来兵器に欠陥があると、あまり深く考えずに批判をするものなんだよ。第5世代戦闘機、ユーロコプター、ユーロホークも、斬新でテストを受けていない技術だからね。

■ ユーロファイターは第5世代ではなくて4.5世代だよ。現状では最新技術のほとんどは4.5世代にある。新技術に問題があるというの分かるけど、ユーロファイターは10年以上任務に就いているから。ちょっと長すぎると思う。




■ ヨーロッパではユーロファイターが最高の制空戦闘機であることに変わりはないよ。Saabの新型は除くことになるかもしれないけど。



■ アメリカ人の気持ちが分かった?



■ ラファールを買え。



■ 兵器がちゃんと動くかどうかなんてどうでもいいの。誰かが支払いしてくれればそれでいいのさ。



■ テレビを買ったら機能しなくて返品したけど、納税者はこの役立たずの返金を受けられるのだろうか?



■ 1970年代にロシアのミグに対抗するために作られた、史上最も高価な航空機。スペアパーツの不足でイギリス空軍からは2015-20年に退役することになっている。全くひどい無駄遣いだ。

■ 欠陥にもかかわらず、世界最強の多用途戦闘機であることに変わりはない。それに2020年以降も使われるよ。トルネードが10年以上延長されて使われているようにね。今後何年もユーロファイターはアメリカ以外では最強で居続けるよ。




■ イギリスは世界の戦闘機技術をリードして来たのに、どうなっちゃたの?ハリアーの特許をアメリカに売って、その技術を使ったアメリカ製の部品を買うなんてことをやってるし。しかもそれは欠陥だった。

■ 開発から調達まで完全に無能なんだね。ニムロッドやアークロイヤルを捨てたし、アメリカ海兵隊にハリアーをただ同然で渡すし、何十億ポンドが浪費されたことか誰にも分からない。




■ ドイツ空軍のパイロットって世界で一番退屈な仕事だと思うよ。



■ もともとの年間3000時間飛行ってものすごく高い数字だと思う。



■ インドがラファールを選んでよかった。

■ ラファールは技術的にも政治的にも正しい選択だったね。

■ 5社の戦闘機を長年注意深くテストしたのが報われたね。インドも同じトラブルに巻き込まれるところだった。




■ これは今からでは修復できない類の欠陥なんだろうか。



■ これはひょっとしてドイツはもうユーロファイターを買いたくないから言い出したのだろうか?



■ イギリス人が発見したらしいな。ドイツ人はこの種の問題に対して几帳面だから、彼らが発見すると思ってた。



■ ドイツのエンジニアリングの終わりだな。

■ お前はエンジニアリングのことなど何も分かっていない。このような繊細なものはいくらでも故障する可能性がある。

■ 記事によれば、ドイツの製造者が間違った場所に穴をあけたと書いてあるぞ。20年以上前に設計されて現在使用中の戦闘機でそんなことが起こるなんて、馬鹿げている。

■ 本当の失敗が何なのかはまだわからないね。いずれにしてもユーロファイターが素晴らしい機体であることに変わりはない。




■ ドイツはF-35を買うこともできる。それで問題解決だ。



■ ヨーロッパは戦闘機の製造は諦めて、ロシアのミグかスホーイを買った方が良さそうだな。



■ 西側は戦闘機を作れなくなったのか?まともに飛んでるのがないぞ。



■ ドイツ人は戦争よりサッカーに興味があるのさ。



■ F-22、F-35のよく知られた問題の次はこれか。NATOはこんなポンコツで本気でロシアと中国と戦うつもりか?



■ 俺たちのドイツ連邦軍は平和の軍隊だから、飛行許可の出ない無人機、飛べないヘリコプターに戦闘機、弾の出ない銃を持っているのさ。真の平和主義だろ!


ソース1
ソース2
ソース3



関連記事

[ 2014/10/02 11:30 ] その他世界 | TB(0) | CM(32)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 31407 ]
あやうくポンコツを買わされるところだった
F-35にして正解だった
[ 2014/10/02 12:05 ] [ 編集 ]
[ 31410 ]
最後皮肉すぎる。

しかし、折角IS掃討でタイフーンの宣伝ができると思ってたろうに。
またラファールに持っていかれるのか。
[ 2014/10/02 12:39 ] [ 編集 ]
[ 31411 ]
どう見ても失敗作やね
[ 2014/10/02 12:43 ] [ 編集 ]
[ 31412 ]
今頃なんだろ。
飛行停止とか飛行制限じゃないならエンベロープ関係なさそうだし、
疲労試験ミスったのかね。
長いこと使ってたら特定部位にフラッターが出易くなるとか。
[ 2014/10/02 12:43 ] [ 編集 ]
[ 31413 ]
前から思ってたんだけどドイツの技術力をみな過大評価しすぎなんだよ
[ 2014/10/02 12:48 ] [ 編集 ]
[ 31415 ]
日本安く買い叩くチャンスだろ。もちろん買った後に魔改造する権利付で。
[ 2014/10/02 12:56 ] [ 編集 ]
[ 31417 ]
不細工で弱そうだと思ってました
[ 2014/10/02 13:03 ] [ 編集 ]
[ 31418 ]
>飛行許可の出ない無人機、飛べないヘリコプターに戦闘機、弾の出ない銃
日本かよ
[ 2014/10/02 13:04 ] [ 編集 ]
[ 31419 ]
>ドイツはF-35を買うこともできる。それで問題解決だ。
いや、F-35も問題大杉w
[ 2014/10/02 13:12 ] [ 編集 ]
[ 31420 ]
>ヨーロッパではユーロファイターが最高の制空戦闘機であることに変わりはないよ。

AESAレーダーも搭載してないのに欧州最強の制空戦闘機名乗るとか無理あんだろ。
現状ではラファールの方がいいだろ。
[ 2014/10/02 13:14 ] [ 編集 ]
[ 31421 ]
 
ある程度欠陥が出るのは仕方ないがそれでも最近は多すぎ
今後は特化した機体を使い分けるのが良いかもな
通販の多機能調理器具みたいに廃れていくわw
買うまでは良いんだが、使ってみるとてんで駄目
[ 2014/10/02 13:25 ] [ 編集 ]
[ 31422 ]
※31420
AESAは別に大きなアドバンテージでもないよ?
むしろ全て位相同期な分、大きく振れないし、尖塔電力は小さい。
高圧使わなくて良いとか整備性とかがメリット。
採用するか否かの問題だよ。
バイクのチェーンドライブとシャフトドライブみたいなもん。
[ 2014/10/02 13:33 ] [ 編集 ]
[ 31423 ]
※31415
日本はこと航空機に関して言えば魔改造する技術力とかねーよ
大部分は苦肉の策の塊なんだぞ

だから今ATD-Xで基礎技術を磨いてる所だってのに
[ 2014/10/02 13:59 ] [ 編集 ]
[ 31424 ]
いつ空中分解しても不思議ではないけど、代替機なんか無いし、具体的改修案もないから、取り合えず飛行時間半分にして使いますってか。
[ 2014/10/02 14:07 ] [ 編集 ]
[ 31425 ]
※31423
てか、魔改造って大幅改良の意味じゃないって。
[ 2014/10/02 14:22 ] [ 編集 ]
[ 31426 ]
※31424
そこまで深刻だったら飛行停止か、形態や速度・高度域の制限飛行になるよ。
年間飛行時間の制限で済むってことは、整備間隔縮めたりして
なんとか対応できるってことでしょ。
[ 2014/10/02 14:35 ] [ 編集 ]
[ 31427 ]
魔改造魔改造って言ってる奴はただの馬鹿だろ
[ 2014/10/02 14:45 ] [ 編集 ]
[ 31429 ]
これってイギリスが発注したはいいが、予算不足で日本に代わりに買い取ってくれと泣きついてきたあれ?
[ 2014/10/02 17:13 ] [ 編集 ]
[ 31431 ]
実質機体寿命が半分になったのか!
詐欺じゃん!!
[ 2014/10/02 17:43 ] [ 編集 ]
[ 31432 ]
また不具合か、ドイツの看板が泣いてるな
フランスは協同開発抜けて正解。
[ 2014/10/02 19:10 ] [ 編集 ]
[ 31435 ]
ドイツの優秀な頭脳集団はアメリカに流出しているし、いまだにそれに歯止めがかからない状態だから・・・
ドイツからの国外流出は結構深刻なんよ(アメリカの方が能力認めて活かしてもらえるし、相応の報酬も得られるが、ドイツだとそれに制約があり、社会保障大国であるが故に、本来得られるはずの報酬の1/3以上を国に搾取されるからね)
[ 2014/10/02 19:29 ] [ 編集 ]
[ 31436 ]
必ずしも全ての人がドイツの厳しい労働法やいろいろな法規則に従って制約受けた仕事をしたいと思っているわけじゃないから・・・
[ 2014/10/02 19:33 ] [ 編集 ]
[ 31447 ]
日本人の多くは、過去のドイツの名声をいまだに維持しているのと、労働環境や社会福祉など隣の芝生で無い物ねだりの目だけで見てドイツ持ち上げている人多いけど、ドイツも実際にはいろいろな深刻な問題抱えている国だから。
[ 2014/10/02 21:02 ] [ 編集 ]
[ 31449 ]
大学に逃げ込んで学生やるか、やりたいこと、資格・能力を思う存分活かすためにドイツ国外に逃げるか
[ 2014/10/02 21:07 ] [ 編集 ]
[ 31453 ]
ロシア製もロシア人しか知らない欠陥を抱えてると思うぞ
ただロシアはそれを公表しないだけど
[ 2014/10/02 21:35 ] [ 編集 ]
[ 31461 ]
空爆に参加したくないのでウチの台風ちゃんがお腹痛いということに
[ 2014/10/02 22:27 ] [ 編集 ]
[ 31464 ]
インドの兵装の揃え方はコレクション的な感じで実践向けじゃないな
もしくは技術を盗もうとしてるのか
[ 2014/10/02 22:58 ] [ 編集 ]
[ 31466 ]
ドイツはもう製造業やめたほうがいいんじゃないかな。
[ 2014/10/02 23:15 ] [ 編集 ]
[ 31479 ]
なんだか求められるものにたいして世界的に技術力が追い付いていない状況になりつつあるような印象だね。
どこの国、どんな産業分野でもだけど、技術の頭打ちになってきている気がする。資源的にも人類の限界が近いのかも。
[ 2014/10/03 09:04 ] [ 編集 ]
[ 31976 ]
これもしかして、日本に売りつけようとしてた段階でこの情報知ってたんじゃないだろうな
なんか物凄くそういう気がするわ
元々イギリスとかが購入数を減らした分を買わないかと提案があったものだし
欠陥見つかる→イギリスドイツが購入数削減→日本に販売打診→日本拒否→欠陥発表
この流れじゃないの
[ 2014/10/07 01:28 ] [ 編集 ]
[ 45316 ]
タイフーンのボロがでたわけだけど、ラファールも十分怪しい
これからボロが出るよ 先代のミラージュ2000でどれだけ台湾空軍が泣いたか 
F-35がベター
[ 2015/04/21 21:25 ] [ 編集 ]
[ 63820 ]
いまどきステルス能力もなくAESAレーダーもなく最強なわけないだろ 日本のF-15J改善2型に封殺される程度の戦闘機
[ 2016/05/02 13:56 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク