こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

今度は100%国産 海軍将校「中国が2隻目の空母を建設中」だと認める 海外の反応

今度は100%国産 海軍将校「中国が2隻目の空母を建設中」だと認める 海外の反応

解放軍海軍の高級将校、「中国が2隻目の空母を建設中」だと認める・・100%中国国産―香港紙

香港紙・商報は、100%中国国産の空母が間もなくお目見えすると報じた。中国人民解放軍の複数の高級将校が8日、同紙の取材に応じ、「遼寧」号より先進的な純国産空母が建設中であることを明かしたという。9日付で観察者網が伝えた。
海軍副政委の丁海春中将は、現在は建造中であるとした上で、「完成後の引き渡しを待って、訓練を開始する」と語った。海軍動力・電気工程の専門家、馬偉明少将も「艦載機の弾発射技術も離陸技術も全く問題ない。米国にも劣らないと言える」と語った。これは中国軍が初めて空母建設を公に認める情報である。
中国の2隻目の空母は早ければ年内にも進水すると海外メディアが報じているが、解放軍の元軍政委、劉暁江上将は「海外メディアの報道は正しくない。工業部門が進める生産フローはかなり複雑だ」と否定した。中国初の空母「遼寧号」と比べ、具体的にどの部分が改良されたのかについては、工業製造部門と設計部門のスタッフしか知らないという。


(海外の反応をまとめました)





■ 本当に建造中なら衛星写真があるんじゃないかな?こんなに大きなものを隠して作れないだろう。



■ 我が軍がインテリジェンスと研究に基づいてお金を使ってくれることを願う。一時の政治的な思い付きじゃなくて。



■ アメリカの最新空母ジェラルドフォードのコピーになると思うよ。中国人はコピーは得意だが進歩やオリジナルな考えは欠いている。これは自由な思想や表現がないからだ。ビジネスでも戦争でもこれは影響してくる。

■ アメリカの空母のようにはならないと思う。STOLかジャンプ甲板型だと思う。アメリカのような空母を運用している国って他にあったっけ?




■ 空母を持つだけじゃ半分。もう半分は熟練の乗組員だ。アメリカは空母乗員の訓練課程を完成させるのに4分の3世紀かかった。



■ 先進的な船体を持ったからといってすぐに作戦に入れるわけじゃない。中国が乗員の訓練をして機能するようになるには3から5年はかかるだろう。その後、パイロットは空から見ると切手のスタンプのように見える空母に離着陸しないといけない。



■ また海を汚す臭い船が一隻現れた。



■ 空母なんて先進国との全面戦争では脆弱すぎるよ。空母損失の大きさを考えてみて。空母こそ最大の資源の使い道だと中国が判断したのは驚きだ。

■ そうだけど、空母は先進国同士では使われていない。第2次大戦後の空母は戦力投射手段として最も効率的だと証明している。もし君の言うような戦争が起こったら、違う段階の武器が使われることになると思う。




■ 敵を過小評価するな。アメリカ政府は学んでいるのだろうか?



■ 見た目は空母だろうけど、清の皇后の石の船のようなものになるんだと思う。



■ もし原子力船じゃないなら補給船が必要だから長くは運用できずに、沿岸戦力になるのがせいぜいだと思う。パイロットも晴天の穏やかな海に着陸することを訓練している段階だし、日本の潜水艦なら簡単に沈めることができると思う。日本海海戦から始まって日本海軍のシーマンシップの経験は長いよ。



■ 今あるのはロシアのお下がりだから、事実上これが初の空母だな。



■ 無人機の時代に空母は時代遅れだと思う。無人機の発射設備とその運用室があれば十分だよ。

■ 現代海軍にとって空母は大きくて高価な的だよね。

■ 超音速で世界のどこにでも届く無人機なら空母に取って代わるだろうね。今のところは軍事力を展開するために空母が必要だけど。

■ 航空母艦を無人機母艦に名称変更すれば解決。




■ 店にある中国製と同じ品質なら恐れる必要はない。



■ アメリカ海軍が空母と共に経験してきた時間の長さを考えると、中国の空母が使い物になるには相当長い時間が必要だろうね。

■ 実戦経験が必要だと思う。




■ 中国はこれを南シナ海に派遣して周辺国を脅すんだろうね。



■ 空母それ自体は海に浮いた的だよ。大事なのはタスクフォース。



■ 日本の先進的な潜水艦があるのに、空母に何の意味があるんだろう。



■ 常に海に一隻ある状態を確保するためには3隻は必要だろうね。



■ この空母は中国が一から作っているの?ソビエト空母である遼寧のコピー?

■ コピー+盗んだ技術だと思う。

■ アメリカの技術にインスパイアされたね。




■ 中国初の空母からは早期警戒管制機が発艦できない。早期警戒管制機は低空から侵入してくるミサイルを発見するうえで欠かせない。遼寧を守る早期警戒管制機は今のところ陸上からでないと離陸できない。つまり中国空母は海岸線から遠く離れては行動できないということだ。1隻目もろくに機能しないのに2隻目を持つ意味が分からない。



■ 空母は時代遅れの金食い虫だと思う。中国に散財させよう。

■ 東風-21で空母を時代遅れにしたのは中国だという皮肉。



ソース12




関連記事

[ 2015/03/21 18:10 ] 日本 | TB(0) | CM(6)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 44034 ]
 大きくて高価な的を作るのか…
[ 2015/03/21 19:06 ] [ 編集 ]
[ 44035 ]
フィリピンとベトナムに機雷と対艦ミサイルを日米で提供したら、空母もオワコンじゃね?
[ 2015/03/21 19:16 ] [ 編集 ]
[ 44036 ]
今あるやつをちょっと拡大コピーしてみましたって感じだろうな
[ 2015/03/21 20:26 ] [ 編集 ]
[ 44058 ]
標的艦?
[ 2015/03/22 01:46 ] [ 編集 ]
[ 44062 ]
ジェラルドフォードのコピーなんて無理に決まってんだろ。下朝鮮人のイージス艦より酷いことになりそうだ
[ 2015/03/22 03:13 ] [ 編集 ]
[ 44067 ]
なるほどね、で?、各パーツは日本製なのね
[ 2015/03/22 10:05 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク