こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

三菱リージョナルジェット、初飛行へ 海外の反応

三菱リージョナルジェット、初飛行へ 海外の反応

三菱重工と三菱航空機、MRJのトラブルによる試験中断報道を否定…初飛行計画は示さず

三菱重工業は、三菱航空機が開発、製造するMRJ(三菱リージョナルジェット)がトラブルで一定期間、試験を中断したと報じられたことを否定するコメントを発表した。

一部報道でMRJが初飛行を延期すると報じられ「3月に何らかのトラブルで一定期間、試験を中断したとみられる」とされた。

三菱重工と三菱航空機では、「試験用治具の調整などに時間を要したことは事実だが、トラブルにより試験を中断したものではない」として、トラブルによる試験延期を否定した。

また、MRJのスケジュールは、初飛行の具体的日程も含めて製造・試験状況を踏まえ慎重に検討しているとしており、初飛行の具体的な計画は明示していない。


(海外の反応をまとめました)





■ 美しい飛行機だ。日本の幸運を願うよ。



■ ボンバルディアのCRJ-100、200より広いといいな。窓際が好きだけど、CRJの窓側の席の狭さにはいつもがっかりしているから。

■ CRJはもともと企業用ジェットとして開発されたからな。航空会社のリージョナルジェットとして使うものじゃないんだよ。




■ 日本のことだからトランスフォームするだろう。

■ 空のゴジラだ!




■ 日本がまた中国を引き離している。



■ ロシア機のノックオフにしか見えない中国機と違って、美しい飛行機だな。



■ 日本製の質が高いのはわかるけど、値段はどうだろうね。



■ 三菱が自動車にもっと努力しないのは残念なことだけど。



■ ボーイングとエアバスに対する日本からの挑戦だな。ブラジルと中国からも来ている。みんないいものだよ。



■ 軍用機への第一歩ですね。



■ 日本はNATOのようにアメリカの同盟国であり、友好国だ。共産中国とヒトラープーチンのロシアは敵国だけど。



■ 質の高い飛行機になりそうだね。三菱のエレベーターに乗ったことある?いつ動き出して止まったのかわからないよ。一切音を出さないんだ。



■ ボーイングは心配しないとね。



■ ボンバルディアの新しいCシリーズが今年リージョナルジェット市場に登場するのだが。そのことに触れられていないのはおかしなことだ。



■ この飛行機が日本製の時計や自動車くらいの高品質であればいいね。よりよい飛行機をより安く。ボーイングとエアバス、ボンバルディアは要警戒だ!



■ これは駄目だな。アメリカの東海岸から西海岸へ飛ぶこともできない。



■ ボーイングの市場が日本に占領されてしまうのか。悪いニュースだ。



■ 尾翼にはゼロ戦のマークでお願いします。



■ 高品質なものを作るというモノヅクリと、絶え間ない向上を意味するカイゼンの国。



■ シャープだな。



■ 20パーセントの燃費改善!空のプリウスだ!



■ 日本はブラジル、カナダと競争に勝てるだろうか。



■ 素晴らしい飛行機だ。がんばれ日本。日本の質の高い製造業を考えると売れると思うよ。



■ 日本が自動車で達成した業績を考えると、飛行機でもすごいことをやってくれると思う。中国も商用機を作っているし、面白いことになると思う。


ソース




関連記事

[ 2015/04/11 11:00 ] 日本 | TB(0) | CM(3)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 44902 ]
強度試験に時間取られてるんだってなこれ
何にしても遅延するってことだ
[ 2015/04/11 11:53 ] [ 編集 ]
[ 44903 ]
正確な納期、見積りを出すのにも経験が必要ってコトだな。
[ 2015/04/11 14:09 ] [ 編集 ]
[ 44904 ]
「一部報道」って日経新聞・・・。

まぁ燃料電池車を「究極のエコカー」と毎日連呼する新聞だしw
[ 2015/04/11 19:18 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク