こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

「ぜひイギリスにも欲しい」 川崎P-1哨戒機に対する海外の反応

「ぜひイギリスにも欲しい」 川崎P-1哨戒機に対する海外の反応

redditの飛行機板、川崎P-1スレより


(海外の反応をまとめました)





■ イギリスはP-8でなくP-1を選んで欲しいと本気で思うな。

■ 何で?機体の生産率は低いし、エンジンの生産率も低い。つまり初期購入費用は安いかもしれないが、パーツやメンテ費用は高くつくことになるかもしれないよ。

■ それにP-8の方がほぼ確実に能力が高いしね。

■ P-8よりクールだと思うんだよ。どっちもセクシーな機体だけどさ。

■ P-1にはフライバイライト、MAD、4つのAESAレーダーという優れた特徴がある。これはP-8にはない特徴だ。エンジンが4つだという点も、イギリスにはなじみがある。日本は海外に売りたがっているようだから、安く売ってくれそうだし。もし販売が決まったら、ライフサイクルコストもアメリカと競争できるか計算されるだろう。結局はP-8になるんだろうけど、夢を見させてくれ。P-1の形が好きなんだ。

■ 僕もP-1派だな。P-8で十分だろうけどP-1はイギリスにもっと多くのことを提供してくれると思う。利点は君が挙げてくれたけど、僕はイギリス空軍のラウンデルが付いた日本機を見てみたいんだ。かなりクールだと思う。

■ 日本にはもっと激しく売り込みをして欲しいね。ボーイングとのPR合戦だよ。イギリスにとって理想的な機体だし、現状では世界一優秀な海上哨戒機だと思うよ。

■ 悲しいことにアメリカはイギリスがP-8を選ぶまで駄々をこねるだろうね。P-1が国際市場で上手く行けばいいね。

■ 最近日本と防衛協力を結んだからか、かすかな可能性は残されていると信じたい。




■ イギリスのエンジンを積んでいいというなら、イギリス空軍はP-1を選ぶかもしれないよ。



■ 風防ガラスの大きさにはいつも混乱させられるな。そのせいで、この機体が実際よりものすごく小さく見える。



■ 何でエンジン4発なんだ?民間機は全部2発だよ。この小さい機体には余分だと思うけど。

■ 恐らく生存性が高まるんだろうね。軍用機なので厳しい条件で運用されるから。

■ 民間機はコストを重視するけど、政府は任務が達成できればコストは度外視でいいからね。

■ そんなに小さい機体ではないけどね。風防ガラスが大きいせいでP-1はかわいく見えるね。

■ 対潜任務だけでなく海上哨戒も任務だからね。北朝鮮船はRPGや対空砲なんかで撃って来るから。だから4発積んで余裕を持たせているのだろう。




■ E195のエンジン4基版という感じだな。

■ DC-8の赤ちゃん版と思ってた…。

■ 僕にはP-3のジェット版に見えるよ。




■ 本当に美しい飛行機だね。



■ 信じられないことに本当は可変翼機にしたかったらしいよ。

■ B-1とAC-130を合わせたような機体になっていたかもしれないと聞いたことがある。素早く到着し、低速で長期間滞在できる機体。




■ P-3に長年乗っていた者としてはターボファンエンジンが付いた哨戒機なんて本当に奇妙に見えるよ。



■ 日の丸は現代飛行機にはちょっと合わないね。でもこのグレーの機体は大好きだよ。特にこれは美しい。



■ 究極に美しくて、おかずにできるほどだ。


ソース1
関連記事

[ 2015/05/08 20:15 ] 日本 | TB(0) | CM(39)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 45997 ]
イギリスはP-1だろうな。でも当て馬にされるようになっただけでも
大したもの。
[ 2015/05/08 20:42 ] [ 編集 ]
[ 46000 ]
この手の製品は安くて良いからといって売れるもんでもないからなぁ
イギリスはアメリカから買うでしょ

日本だってどっかの国が安くていい戦闘機作っても結局アメリカから買うだろうし
[ 2015/05/08 21:41 ] [ 編集 ]
[ 46001 ]
P-8は無人機とのセット運用が前提で、確実にコスト高なんだが・・・
低空飛行ができないからMADも付いてない。
民間機改造が、哨戒機専用に開発された機体に勝てるわけないでしょ。
[ 2015/05/08 21:46 ] [ 編集 ]
[ 46002 ]
実は対艦・潜・空攻撃機なんだけどねw

(攻撃機の任務も果たせる哨戒機)

攻撃機としての実力をお披露目する機会が中国、韓国相手にありそうなので、お楽しみのお待ち下さい。

金を払っても欲しい国が買えばいいだけ。 価値も分からない国にはそもそも不要。
[ 2015/05/08 21:47 ] [ 編集 ]
[ 46003 ]
※45997
P8の間違いかな?
[ 2015/05/08 21:47 ] [ 編集 ]
[ 46006 ]
それでもイギリスくらいしか最近日本から買ってくれてない。新幹線もそう。
[ 2015/05/08 22:29 ] [ 編集 ]
[ 46007 ]
P-8は無人機の母機でアメリカほどの規模の軍だから意味がある
イギリスには手に余るかもしれない
日本の作ったP-1はP-3と運用思想が同じだと思うからP-3の後継ならP-1の方がいいと思う
でも米英同盟の強固さを考えればP-8に決まりでしょう

それはさておき自衛隊機は型番を工夫して欲しい
ややこしいだろ?
[ 2015/05/08 22:30 ] [ 編集 ]
[ 46009 ]
インドのP-8Iを考えると、やはり日本はP-1を開発して正解だったと思う。
個人的には、電子機器やエンジンでイギリス製のものを積んだP-1のイギリス版も見てみたい。
[ 2015/05/08 22:42 ] [ 編集 ]
[ 46010 ]
 運用方法が違うから、どう使うかってのが重要だとは思うけどね
まぁ、大西洋地域ならP-8で良い気がするけど
 日本みたいに常時ピリピリしてないだろうから通常は高速で広範囲を哨戒して不審な所があれば無人機で再哨戒って方が良さげ。
 日本は周辺国が周辺国だから低速で念入りに哨戒する頻度が多いだろうからP-1
[ 2015/05/08 23:05 ] [ 編集 ]
[ 46011 ]
ドーバー海峡に日本製機が飛ぶとか胸熱だな
[ 2015/05/08 23:53 ] [ 編集 ]
[ 46013 ]
候補として割りこめただけでも大きな一歩
[ 2015/05/09 00:32 ] [ 編集 ]
[ 46015 ]
P-8には無人機(MQ-4C)が必要だから~って言う批判ははっきり言って的外れ
戦闘機におけるハイローミックスを例にF-15にはF-16も必要と言うのと同じ事

個別で十分な戦力になると言う当たり前の事を無視した上、相互に組み合わせる事でより効率的に効果を発揮するという”運用構想”の利点を、そのまま同時運用しなければ使えないと曲解したうえ欠点として論ってる訳で
[ 2015/05/09 01:30 ] [ 編集 ]
[ 46016 ]
>>46015

言いたいことはわかるけれど、F-15とF-16の比較と同じとは言えない。
「P-3Cの後継としてP-8Aをそのまま運用できるのか?」という問いに対して米軍はMQ-4Cによる補佐を付け、インド軍はP-8AへMADとAPS-143C等を追加させP-8Iとした。
P-8Aの能力がP-3Cより上であることは違いないけれど、P-3CにできてP-8Aにはできないことがあるという事実も変えられない。
だから川崎P-1にも当て馬にしては勝機がある訳で。
[ 2015/05/09 04:10 ] [ 編集 ]
[ 46023 ]
※46001が言うようにP-1とP-8は同じ哨戒機だけれども
想定している運用条件や設計開発思想が違うからどっちの
機体に合った状況を想定するかだな
P-8は民間機ベースだから超低空で低速哨戒が苦手で
ある程度の高度から広いエリアを全体的に哨戒し低空は
無人機を随伴させてカバー、だから機体にMAD(潜水艦
探索用磁気探査装置)が付いていない
P-1は哨戒機の名機P-3をアップグレードしたような内容で
機体の大型化による搭載量増加にエンジンのターボファン化
による高速性を実現してなお且つ4発エンジンの利点を
生かして哨戒海域ではエンジン半分停止して長時間の
低空哨戒を実現、低空哨戒が得意なので対潜攻撃能力も高く
兵装スペースが多様化されているので対潜装備はもちろん
対艦ミサイルや中長距離対空ミサイル、対地ミサイル
通常爆弾までカバーし搭載量が多く航続距離も長いため
能力的には小型の爆撃機と言っても良い
アメリカやオーストラリアみたいに広い海域を少数で監視
して低空で確認したり攻撃する可能性が低いならP-8
日本みたいに複雑で長い海岸線を低空で監視して
場合によっては対潜、対艦攻撃を考えなくてはならないならP-1
[ 2015/05/09 12:37 ] [ 編集 ]
[ 46025 ]
P1の調達価格は「 200億円 」、将来、国内価格は「 124億円? 」ぐらいに持っていこうとしている。
P8の米軍調達価格は「 $1.8億ドル($120円で216億円)」だが、開発費を含めた単価は「 117機360億ドル=3.0億ドル 」。
インドのP8Iは、開発費高騰の前の契約で「 2.3億ドル(276億円、整備費込み) 」。
オーストラリアは、「 8機40億ドル=5億ドル(部品・整備費を含めた総額) 」
英国には「 300億円 」以下は無理で、バーゲン価格でも「 350億円 ?」。
MQ-4Cは米軍調達価格で「 70機128億ドル=1.2億ドル 」もするし。
[ 2015/05/09 12:45 ] [ 編集 ]
[ 46026 ]
広域偵察機としてはP-8
対潜哨戒機としてはP-1のほうが優秀だろうね
P-3の強化版が欲しいならP-1のほうが良いと思う
中型爆撃機にもなるみたいだし
早期警戒機バージョンも作る予定みたいだからそっちも配備するなら
運用面で低コスト化できる
イギリスと共同開発する超長距離対空ミサイルがP-1用武装だと
夢が広がるなぁ
[ 2015/05/09 12:53 ] [ 編集 ]
[ 46028 ]
可変哨戒機見たかぅたのう
[ 2015/05/09 15:25 ] [ 編集 ]
[ 46029 ]
イギリス用としてはP-1は航続距離が短いらしい
空中給油受けられないのが駄目みたい
[ 2015/05/09 15:41 ] [ 編集 ]
[ 46031 ]
>>46029
P-1の航続距離が短い……P-3Cの2割増しでは不足ってことなのか?
パッと探せる範囲でP-1の航続距離は8000km(4320nmi)でいいみたいだけど、P-8の飛行可能距離がよく分からない。

日本語版Wikipediaだと戦闘行動半径が2000海里(3700km)で、英語版だと2222km(1200nmi)。
どちらにしろP-8の戦闘行動半径がP-3Cより1割ほど短いのは確か(P-3の飛行距離も英語と日本語で違う)なので、航続距離はP-1の方が長いと推測できる。

で、英語版WikipediaのP-8の戦闘行動半径の説明には「4 hours on station (for anti-submarine warfare mission)」とあったけれど、イギリスには哨戒機の対潜行動可能時間が4時間では不足なんだろうか?
それに哨戒機の中の人の休憩時間も気になる(休憩室があればどうにかなるんだろうけれど)。
[ 2015/05/09 18:20 ] [ 編集 ]
[ 46045 ]
横浜に住んでるからたまに上を通るんだけど
エンジン音が独特って言うか、今まで聞いた事の無い音がするよ

[ 2015/05/09 22:58 ] [ 編集 ]
[ 46049 ]
英国に1機「 300億円 」以上する哨戒機を買う金あるかな・・

さらにMQ-4C(1機140億円以上)がないと、役に立たないし。

英国やカナダ、NZも、P3Cの発展型で、せいぜい100~150億円程度のものを欲しかったのに・・
P1が買えるのは「 米国 」のみ。ひょっとしたら、インドが合弁で・・ち言い出しそう。
[ 2015/05/10 08:33 ] [ 編集 ]
[ 46050 ]
実際に鹿屋航空基地祭で近場で見たことあるけど、画像ではわからない滑らかなボディーしてたな
[ 2015/05/10 09:09 ] [ 編集 ]
[ 46068 ]
四発はいいとしてなんでターボプロップにしなかったんだろ
速度よりも航続距離が必要な機体なのに
[ 2015/05/10 15:53 ] [ 編集 ]
[ 46074 ]
>>46068
理由は現場への移動時間短縮と電源確保だったと思う。
たしかにターボプロップにくらべたらターボファンは燃費で不利かもしれないけれど、P-1はP-3Cよりも航続距離が長いので、日本で使う分には恐らく問題ない。
[ 2015/05/10 18:09 ] [ 編集 ]
[ 46075 ]
>46074
おお、なるほど
ありがとうございます
[ 2015/05/10 19:14 ] [ 編集 ]
[ 46196 ]
P8の場合、メンテ用のパーツを米国に頼るしかなく、重要パーツの供給は(いちいち米当局の許可が必要で)時間がかかるため、稼働率が低くなることは見えている
[ 2015/05/13 05:15 ] [ 編集 ]
[ 48083 ]
今回、イギリスが買うかは解りませんが、いずれ売れるでしょう。
時間の経過と共に価格はこなれてくるだろうし、信頼性は増してくる。P8と比べて、電子機器の性能は大差ないでしょうが、飛行性能では、P1がかなり有利な気がしますね。
初めての事なので、10機でも売れれば上々、もっと売れるでしょう。
また、あの機体を使って、早期警戒機や給油機を造るべき。そっちからも、引き合いが有るかも。
[ 2015/06/22 22:03 ] [ 編集 ]
[ 48690 ]
性能差と政治力の間
イギリスにとって日本のP1と米国のP8を競合させる事はどちらに決定してもメリットがある。
[ 2015/07/05 08:24 ] [ 編集 ]
[ 48691 ]
P1はP3Cの正当な継承者・哨戒機としての王道を歩む最新鋭機。
[ 2015/07/05 08:25 ] [ 編集 ]
[ 48692 ]
イギリスの厳しい財政状況を考えると、開発費も安く導入費用はP8よりかなり安く押さえられるというのは十分に魅力。
[ 2015/07/05 08:26 ] [ 編集 ]
[ 48693 ]
無人機(子機)を使うというコンセプトの違いはP8の開発の遅れ、グダグダぶりからくる究極の誤魔化しに見える。
[ 2015/07/05 08:26 ] [ 編集 ]
[ 48694 ]
無人機との併用という未来技術の先取りとは言えP8の高額な開発費用を考えると導入費用の高騰は避けられない。
[ 2015/07/05 08:29 ] [ 編集 ]
[ 48695 ]
P8の哨戒機としての単機運用性能がP1より劣るというのであれば米英同盟の政治的緊密さを考えてもかなり微妙。
ましてや調達費がより高額となればなおさら財政の厳しいイギリスにとって頭の痛い問題。
[ 2015/07/05 08:31 ] [ 編集 ]
[ 48696 ]
根拠なし
46023>4発エンジンの利点を 生かして哨戒海域ではエンジン半分停止して長時間の低空哨戒を実現

★根本認識からして間違ってる。P3Cはターボプロップのプロペラ機。P1はターボファンのジェット機。ジェットエンジンを止めて再始動させるメリットは空力学上も無い。P1のジェットエンジン4発搭載はP3Cより高速移動、生存性を高める為のもので2発を止めて低速運用する為ではない。
[ 2015/07/05 08:42 ] [ 編集 ]
[ 48697 ]
ウソつき
新規開発においてP3CとP1の運用思想は踏襲されているとは言え、P3Cに出来てP1にできない(やらない)事もある。そのひとつが2/4エンジン停止による燃費稼ぎと低速飛行。どこかの情弱が思いつきや想像だけで勘違い記事を垂れ流し、それを真に受けたド素人がそのままの内容を確認もせずに流用転載。ネットにはこういう知ったかぶりのニセ情報も氾濫しているので要注意!。
[ 2015/07/05 08:56 ] [ 編集 ]
[ 48940 ]
しかし海外に売るといっても、必要としかつ買える国って、
英国、韓国、インド、オーストラリアくらいか?
[ 2015/07/10 10:05 ] [ 編集 ]
[ 49046 ]
>信じられないことに本当は可変翼機にしたかったらしいよ。
なぜそこまで知っているww確かにあのトンデモ案が実現するのは俺も結構見たかったがな。
ちょっと残念だが、その夢は将来空中発射型弾道弾母機を作る時のために取っとくさ。
[ 2015/07/12 19:40 ] [ 編集 ]
[ 49406 ]
>>48940
>>英国、韓国、インド、オーストラリアくらいか?

インドは既にP8のインド軍仕様を購入しているし、韓国は予算が足りなさ過ぎて、哨戒機の増強のためにS-3バイキングを購入せざるえない状況じゃなかったっけ?
[ 2015/07/18 06:58 ] [ 編集 ]
[ 51049 ]
>■ 日の丸は現代飛行機にはちょっと合わないね。でもこのグレーの機体は大好きだよ。特にこれは美しい。

旭日旗なら確実に合ってかっこいいのにな
[ 2015/08/22 20:48 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク