こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本を抜いて中国が韓国人の最も嫌いな国に 海外の反応

日本を抜いて中国が韓国人の最も嫌いな国に 海外の反応
韓国人の最も嫌いな国ランキング、中国が日本を抜く
 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国への配備をめぐり中韓関係が悪化する中、韓国人に他国の好感度を尋ねたアンケート調査の嫌いな国ランキングで、中国が日本を抜いたことが明らかとなった。

これまでは慰安婦問題をはじめ、旧日本軍による戦時中の残虐行為をめぐる論争が主な理由となって、日本が北朝鮮に次ぐ嫌いな国の地位を常に占めていた。

 しかし現在、中国は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するため韓国に配備されたTHAADについて、自国の安全保障を脅かすものとして強く反発しており、経済報復として、国内にある韓国系小売店数十店の閉鎖や、韓国への団体旅行の禁止といった一連の措置を取っている。…

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/03/22 10:11 ] 韓国 | TB(0) | CM(29)

サムスントップ逮捕で韓国に激震! 海外の反応

サムスントップ逮捕で韓国激震! 海外の反応
韓国激震!「サムスントップ逮捕」の巨大衝撃
サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(49)が2月17日早朝、朴槿恵(パク・クネ)大統領側に数百億ウォン台(数十億円)の賄賂を送った容疑などで逮捕された。

1938年に李副会長の祖父となる李秉喆(イ・ビョンチョル)氏が創業して以来、同グループのトップが逮捕されたのは今回が初めてだ。李副会長の逮捕で、昨秋以来韓国を揺るがしている崔順実(チェ・スンシル)氏による国政不正介入事件は新しい局面に入る。大企業と大統領との間にある「黒い取引」という実態が露呈することになるだろう。収賄側である朴大統領をターゲットとした特別検索の攻勢は、さらに強まりそうだ。…

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/02/17 18:31 ] 韓国 | TB(0) | CM(32)

韓国、時速1000キロ夢の超高速列車「ハイパーチューブ」開発へ 海外の反応

韓国、時速1000キロの夢の超高速列車「ハイパーチューブ」開発へ 海外の反応
韓国、時速1000キロの「夢の列車」開発へ
韓国の研究機関と大学が共同で真空管トンネルを時速1000キロで走る夢の超高速列車「ハイパーチューブ」を開発する。

韓国建設技術研究院や韓国交通研究院、蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)など8機関は「ハイパーチューブ」の技術開発に向けた研究協力協約(MOU)を17日、締結した。

ハイパーチューブはカプセル状のリニアモーターカーがほぼ真空のチューブトンネルの中を時速1000キロで走行する高速列車システムだ。

これら8機関は、カプセル車両の推進や浮上技術、チューブインフラ、運行制御など、ハイパーチューブ関連の主要核心技術を共同研究する。実務協議会と諮問委員会を構成して機関別研究分野を調整し、協力案づくりを進めていく計画だ。

韓国鉄道技術研究院の関係者は「今回の研究は未来交通手段であるハイパーチューブ研究開発事業の第一歩」としながら「研究協力を通じて2019年までの3年間、実験室水準の技術を開発する。その後、商用化に向けた議論は汎政府レベルで進められるだろう」と説明した。

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/01/19 09:36 ] 韓国 | TB(0) | CM(78)

中ロ、韓国のTHAAD配備への報復措置強化で合意 海外の反応

中ロ、韓国へのTHAAD配備に対する報復措置強化で合意 海外の反応
中ロ、THAAD配備への報復措置強化で合意=新華社
米国が昨年、最新鋭の地上配備型ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備を決定したことに対し、中国とロシアは報復措置を強化することで合意した。新華社が13日に報じた。

新華社は中ロ安全保障会議の後に発表された声明を引用し、報復措置は「中ロの国益や地域の戦略的バランスを守ることが目的だ」と伝えた。具体的な内容は明らかでない。

新華社によると、声明では「中ロが抱く安全保障上の懸念に配慮し、朝鮮半島へのTHAAD配備を中止するよう米韓に促した」としている。

(海外の反応をまとめました)
[ 2017/01/16 09:31 ] 韓国 | TB(0) | CM(25)

サムスン、今度はフランスでGalaxy J5が爆発 海外の反応

サムスン、今度はフランスでGalaxy J5が爆発 海外の反応
サムスン 別モデルのスマホが爆発という報告
 フランスのサムスンユーザーは彼女のGalaxy J5が出火し爆発したと言っている。このモデルは全世界でリコールされたGalaxy note7とは違うものだ。
 Lamya Bouyirdaneさんは家族の集まりで4歳の息子に渡してもらったスマホが熱くなっていることに気付いたという。彼女はそのスマホが膨れて煙が出ているのに気づき、投げ捨てたという。
 「煙を見た時パニックになって反射的に投げ捨てました」とBouyirdaneさん。フランス南西部ポー在住の3児の母だ。
 スマホはその後出火し背面が爆発したが、彼女のパートナーがすぐに消火したという。
 この電話は去年6月、新品をオンラインでディスカウント購入したものだという。

(海外の反応をまとめました)
[ 2016/11/08 09:36 ] 韓国 | TB(0) | CM(22)
スポンサードリンク
スポンサードリンク