こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

福島は大丈夫か?三陸沖でM5.9の地震が発生したことに海外が大騒ぎ 海外の反応

福島は大丈夫か?三陸沖でM5.9の地震が発生して海外は大騒ぎ 海外の反応
三陸沖でマグニチュード5.9の地震
 気象庁によると、21日1時37分頃地震が発生。震源地は三陸沖で、震源の深さは約10km、マグニチュードは5.9と推定。東日本全体の震度は1~2。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/21 07:45 ] 日本 | TB(0) | CM(50)

中国がスパイ容疑で日本人を逮捕 海外の反応

中国がスパイ容疑で日本人を逮捕 海外の反応
中国当局がスパイ容疑で日本人を逮捕 国産の空母絡みか
2017年9月19日、「中国当局がスパイ容疑で拘束していた日本人を逮捕」と報じられた問題に関し、環球時報は日本メディアが中国国産空母に言及しつつこれを伝えたことを指摘した。

遼寧省大連市を拠点とする大連日報は満州事変が勃発した日に当たる18日、「スパイ行為に関わった疑いで大連市国家安全局の取り調べを受けていた日本人が検察機関によって18日に逮捕される見通し」と報じた。また、中国外交部の報道官は同日の定例記者会見で「わが国の関係機関は国の安全に危害を及ぼす行為に関わった疑いのある日本人を取り調べた」と発言、領事協定に基づきこれを日本側に伝えたことを明らかにした。

環球時報は、この件を報じた日本メディアが「軍港都市・大連で今年4月に中国初の国産空母が進水した」と説明し、空母絡みの軍事機密に関わる容疑が持たれている可能性を指摘したと紹介。また、2015年以降、中国でスパイなどの容疑で拘束された日本人が少なくとも12人に上ると伝えられたことも報じた。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/20 18:15 ] 日本 | TB(0) | CM(30)

損害額数十億円? 北ミサイル連発で日本のテレビ局が悲鳴を上げているらしい 海外の反応

損害額数十億円? 北ミサイル連発で日本のテレビ局が悲鳴を上げているらしい 海外の反応
予定ネタがパア 北ミサイル発射「Jアラート」に民放悲鳴
 民放各局が悲鳴を上げている。北朝鮮がミサイルを発射するたびに、報道特番を編成しなければいけないためだ。15日朝もミサイル発射とともに、政府から全国瞬時警報システム(Jアラート)が発動され、対応に追われた。特に影響を受けるのが生放送の番組だという。

「ニュース番組ならまだいいのですが、北朝鮮がミサイルを発射するのは不思議なことに各局がワイドショーを放送している時間帯にぶちあたる。最近の情報番組は視聴率を取るためにエンターテインメント要素が7割以上を占めているが、Jアラートのたびに予定していたネタが全て飛んでしまうんです」(民放関係者)

 実際に大打撃を食らったのが日本テレビ系「ZIP!」だった。Jアラートが発信された15日は、16日に最終回を迎えるドラマ「ウチの夫は仕事ができない」をプッシュする“電波ジャックの日”。ところが、Jアラートの影響で予定が飛んでしまったという。主演する関ジャニの錦戸亮や松岡茉優もスタンバイしたまま出番はなし。編成や制作スタッフは大混乱になったという。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/19 17:50 ] 日本 | TB(0) | CM(48)

「ようやくルックスのいいEVの登場だ!」ホンダがEVコンセプト発表 海外の反応

「ようやくルックスのいいEVの登場だ!」ホンダがEVコンセプト発表 海外の反応
【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ アーバンEVコンセプト…市販デザインはどうなる?
ホンダ『アーバンEVコンセプト』は、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。



(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/18 18:20 ] 日本 | TB(0) | CM(28)

東シナ海上空で米爆撃機B1と空自戦闘機F15が共同訓練を実施 海外の反応

東シナ海上空で米爆撃機B1と空自戦闘機F15が共同訓練を実施 海外の反応
東シナ海上空で米爆撃機と空自戦闘機が共同訓練を実施していた 北朝鮮を牽制
 小野寺五典防衛相は9日、航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB1戦略爆撃機による共同訓練を、東シナ海上空で同日実施したと記者団に明らかにした。北朝鮮の建国記念日の訓練実施により、核実験や弾道ミサイル発射を牽制する狙いがあるとみられる。

 小野寺氏は北朝鮮への圧力強化の一環だとは明言しなかったが「今後も共同訓練を通じ、日米間の協力関係を一層強化する」と強調した。

 空自によると、那覇基地のF15戦闘機2機と、グアムのアンダーセン空軍基地のB1戦略爆撃機2機が、編隊を保ちながら飛行した。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/18 09:51 ] 日本 | TB(0) | CM(17)
スポンサードリンク
スポンサードリンク