こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

もはや「男の世界」ではない 猟師になる日本女性が増加中 海外の反応

もはや「男の世界」ではない 猟師になる日本女性が増加中 海外の反応
鹿を狩る女性たち - 日本の農地は私たちが守る
日本では、猟に出る前の男性に女性が声をかけることがタブーとされていた時期があった。しかし、今では政府の要請もあって、銃を手にした女性の猟師が増加し始めている。

過去10年、日本の農業は最大で年間1億7000万ドル(約189億2200万円)の「害獣」被害に遭ってきた。野菜などの作物を食べる動物の中でも、特にシカとイノシシが急増しているためだ。農林水産省は、「害獣」の数の抑制と農家の保護のために猟師たちに協力を求めている。

その一方で、高齢化や農村の過疎化により男性の猟師は減った。現在、各地の猟友会や地方自治体は、女性の積極参加を促している。…

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/16 10:00 ] 日本 | TB(0) | CM(71)

【悲報】 ニコンのカメラは男性専用? 海外で批判の的に 海外の反応

【悲報】 ニコンのカメラは男性専用? 海外で批判の的に 海外の反応
ニコンのカメラは男性専用? 海外で批判の的に
カメラメーカーのニコンが、新製品の「D850」を宣伝する目的で展開した広告イベントを巡って批判にさらされている。

ニコンの宣伝イベントには、D850を試用したプロの写真家32人が登場する。問題は、その32人全員が男性だったことだった。

写真情報ブログの「Fstoppers.com」がまずこの話題を取り上げ、このカメラは男性専用なのだろうかと皮肉った。

続いてツイッターなどソーシャルメディアでも批判の声が高まり、「ニコンはD850の女性バージョンは発売しないの? ピンク色とか?」(アマチュア写真家のフアン・カルロス・ムニョス氏)などと揶揄(やゆ)するコメントも。

女性フォトジャーナリストのリア・ボス氏は、ニコンのカメラを愛用する米国人写真家の立場から、「32人の写真家が全員男性だったことにひどく失望した」と苦言を呈した。

批判を受けてニコンは、「この問題を提起してくれたことに感謝する」との談話を発表し、「残念ながら、私たちがこのイベントに招待した女性写真家は出席できなかった。この分野への配慮が不十分だったことは認識している」と言い添えた。女性写真家は何人招待したのかという質問には返答がなかった。

直近の年次報告書によると、ニコンの従業員の女性比率はわずか10.6%。2021年までに25%に引き上げるという目標を掲げている。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/15 17:40 ] 日本 | TB(0) | CM(128)

北朝鮮ミサイル発射 太平洋へ通過の模様 海外の反応

北朝鮮ミサイル発射 太平洋へ通過の模様 海外の反応
<北朝鮮>ミサイル発射 太平洋へ通過の模様
 政府によると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸から東北地方に向けてミサイルが発射された。7時6分ごろ、北海道上空から太平洋に抜けた模様。政府はJアラートを発令して警戒を呼び掛けた。

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/15 08:15 ] 日本 | TB(0) | CM(38)

「日本列島を核で海に沈めてやる」北朝鮮が日本を脅迫 海外の反応

「日本列島を核で海に沈めてやる」北朝鮮が日本を脅迫 海外の反応
北朝鮮「列島、核で海に沈める」=制裁に便乗と日本非難
 14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。

 その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

 声明は「わが軍や人民の声」として、「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」と主張した。

 さらに、米国を「決議でっち上げの主犯」と決めつけ、「わが軍や人民は、米国人を狂犬のように棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」と警告。声明の英語版は日本人を「ジャップ」、米国人を「ヤンキー」と蔑称でののしっている。 

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/14 16:01 ] 日本 | TB(0) | CM(58)

世界最高加速を目指す日本の電気自動車「owl」初公開 海外の反応

世界最高加速を目指す日本の電気自動車「owl」初公開 海外の反応
世界最高加速を目指すEV「owl」初公開へ…0-100km/h 2秒以内
人材派遣・受託開発のアスパークは、9月12日に開幕するフランクフルトモーターショーに出展し、世界最高加速を目指す電気自動車『owl』を世界初公開すると発表した。

owl最大の特徴は、その圧倒的な加速力。フルカーボンボディやマグネシウム鍛造ホイールなど軽量素材を取り入れ、0-100km/h加速2秒以内という、乗用車世界最高加速を目指して現在開発している。

また全高は990mmと低く、かなり低いビューポイントでの運転を実現したデザインとなっており、owlならではの特別な加速感を十分に体感できる仕様となっている。

詳細は、9月12日に会場ブース内にて行われる記者発表にて公開予定。またモーターショー会期中は、最新3D技術を駆使した演出で加速を体感できる特別展示スペースを用意する。


https://www.youtube.com/watch?v=TbTYbe1a86U

(海外の反応をまとめました)


[ 2017/09/14 08:40 ] 日本 | TB(0) | CM(26)
スポンサードリンク
スポンサードリンク