FC2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

着々と進む福島の除染作業、BBC特派員が取材 海外の反応

福島第一原発の燃料取り出し、BBC特派員が取材
2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた福島第一原発では、発電所周辺の安全を確保する作業が行われている。

水素爆発を起こした3号機は外部の建物がほとんど壊れ、内部では炉心がメルトダウン。放射線レベルは人間が近づけない高さに達した。

こうした中、原発内部に残された88トンもの燃料を遠隔操作のクレーンで取り出す作業が始まっている。

BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が、燃料の取り出しや除去土壌の貯蔵作業を取材した。

動画


(海外の反応をまとめました)






■ あの袋は鉛でコーティングされてる?鉛のように安定してて重い元素でないと放射線は吸収できないから。

■ 放射線についてもっと勉強してください。ネットは素晴らしいツールです。放射性粒子には1mmしか空気中を移動しないものもあれば、何百ミリもある鋼鉄を通り抜けてはるかに遠くまで飛んでいくものもある。全てはどれだけエネルギーを持ってるかにより、全ての放射性物質が同じということはない。君も毎日放射線を浴びてるんだよ。それが宇宙由来であれ岩やガスの元素崩壊由来であれね。今度飛行機に乗る時や病院に行く時は放射線のことを気に留めてみてね。




■ イギリスはアイリッシュ海にゴミを捨ててて、それは今でも海の中に漂っている。



■ 太平洋はどれだけきれいにできるの?



■ 再生可能エネルギーにスイッチしなければならないね。原子力は再生不可能なソースから電力を生み出す上で最も安全でクリーンな方法だけど、それでもこのような問題が起こってしまう。我が家では電力は風力とソーラーで賄ってるよ。



■ ノープロブレム…。大きな穴を掘って全部埋めればいい…。灰という灰、塵という塵まで。



■ 人類はこの種のゴミの処理を続けられるほど能力を持っていない。歴史が証明するでしょう。



■ 日本人が何で地震と津波がたくさん起こる土地の海のそばに原発を作ったのか全然理解できない。

■ 原発は湖、川、海のそばに建てられるものなの。冷却用の水を大量に入手できるから。




■ チェルノブイリではコンクリートに、日本ではプラスチックに埋めてる。なぜ違うの?

■ 物質によるから。日本のように放射性物質に汚染された土を除去するのは原子炉全部を封印しなければならないチェルノブイリよりはるかに簡単。




■ 除染作業がしっかり進んでいるようでよかった。プラスチックはふさわしいのかな?動物が噛み破るかも。



■ インドみたいな国でこれが起こったなら…。どうなることやら。



■ 汚染土を宇宙に捨てることができれば最高だけど。



■ 全てが隠されてる。ゴジラのドキュメンタリーが公開された後に、除染作業はうまくいってるっていう馬鹿げた報告を信じることができる?



■ クリーンで途絶えることのない電気なんて存在しないんだよ。



■ 気候変動の危機から原発こそ進むべき道だと考えてる人へたった一言:福島。



■ こういう事故の後でも、原子力は環境への影響という点から石炭やガス、大規模なリチウムバッテリーよりましなオプションだ。放射性降下物や放射性物質による汚染より大気汚染の方がはるかに人々の寿命を短くしている。



■ すごいものを見てしまった



■ これはジョークのつもりか?リポーターは防塵マスクをしてるだけじゃないか。これが今のジャーナリズムか。情けない。日々海に垂れ流される何トンもの放射性ゴミのことは?コメント欄には原発がいかに素晴らしいか書いてるし。まじでジョークだろ?



■ 除染作業に携わる勇敢な人々だ。



■ 攻殻機動隊の日本の奇跡はまだ?



本日の人気記事

韓国人「日本人が韓国を侮辱!」→日本人「韓国より中国の方がマシ」「韓国には尊敬という単語が無い」韓国U-18代表チームの優勝セレモニーのニュースが日本に伝わった結果‥ 

海外「雲の上の人だった!」米国で注目される皇后雅子さまの優秀な女性の姿に海外が感動

タイの人気漫画に韓国人から批判殺到!「『Teen Mom』を公開中止にせよ!」【タイ人の反応】



ソース1
関連記事

[ 2019/05/31 17:30 ] 日本 | TB(0) | CM(18)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 149445 ]
後進国で同じ事故が起きても、結局日本が除染作業の手伝いしてる気がするわ

そしてこういう事故からも日本は何かしらノウハウを蓄積していくんだろう
[ 2019/05/31 17:56 ] [ 編集 ]
[ 149446 ]
>>1袋につき1トンの放射性の土が詰められている
放射性物質に汚染された土だろ?土自体が放射性を持ってるわけじゃない。

>>大量の放射性物質の煙が空に巻き上がっている
水素爆発で瓦礫やホコリが巻き上げられただけで、「大量の放射性物質」と言えるのか?

>>放射能レベルはとても高くここには数分しかいられません。
線量くらい書けよ。数分で100ミリシーベルト被爆するわけじゃないだろ?
[ 2019/05/31 17:59 ] [ 編集 ]
[ 149447 ]
もうBBCの取材とか受けなくていいのに。
好きあらば日本下げする奴らだぞ。
[ 2019/05/31 18:14 ] [ 編集 ]
[ 149448 ]
>これはジョークのつもりか?リポーターは防塵マスクをしてるだけじゃないか。これが今のジャーナリズムか。情けない。日々海に垂れ流される何トンもの放射性ゴミのことは?コメント欄には原発がいかに素晴らしいか書いてるし。まじでジョークだろ?

なぜ君の認識と実際の映像が食い違ってるのか
考えて見ればいいんじゃねえかな
[ 2019/05/31 18:19 ] [ 編集 ]
[ 149449 ]
無知な奴に限って烈火のごとく文句垂れる風潮
[ 2019/05/31 18:25 ] [ 編集 ]
[ 149451 ]
英国は福島を責めることなんて出来ないだろうに、何言ってんだ?

まさかウィンズケール原子炉火災事故の事をもう忘れてんの?
[ 2019/05/31 18:42 ] [ 編集 ]
[ 149452 ]
汚染のレベルで言えば
過去2000回以上行われてきた核実験の方がやべーだろ。
[ 2019/05/31 18:48 ] [ 編集 ]
[ 149453 ]
宇宙へ投棄する時代までは地球で保管だろな。

[ 2019/05/31 19:06 ] [ 編集 ]
[ 149454 ]
チェルノブイリのときはあれだけ大騒ぎしてたのに
いざ自分の国で事故が起きると
安全基準をひきあげた上で安心してくださいって連呼する
[ 2019/05/31 19:07 ] [ 編集 ]
[ 149455 ]
原発には賛成だけど、最終処分場の問題を先送りにして商業発電を進めるのは欺瞞。粛々と開発してブレイクスルーを目指せ。
電力自給も大事だが、省エネ方面でも成果があるし、商業原発には大義を見出せない。
[ 2019/05/31 19:12 ] [ 編集 ]
[ 149458 ]
加速炉が実用レベルに成れば、汚染土の問題はほとんど解決するでしょ。
まあ加速炉が実用化する頃は、土壌汚染も自然崩壊でかなり下がっているけどさ。
[ 2019/05/31 19:34 ] [ 編集 ]
[ 149459 ]
マイクロ・ブラックホールを作って、そこにすべての廃棄物を放り込む。
[ 2019/05/31 19:35 ] [ 編集 ]
[ 149460 ]
 
除染よりも『除鮮』をしろ!!
[ 2019/05/31 19:50 ] [ 編集 ]
[ 149462 ]
BBC ってどこかの国について報じる度に、その国の人たちからボロクソ言われてるよ
[ 2019/05/31 21:00 ] [ 編集 ]
[ 149463 ]
>>149446
>水素爆発で瓦礫やホコリが巻き上げられただけで、「大量の放射性物質」と言えるのか?

あの日の翌日の東京で俺のガイガーカウンター(チェルノの時買った)が今まで見たことのない数値で鳴り出したよ。恐怖だった。
それに、日本各地で線量の高い吹き溜まりみたいのが問題になってるじゃん。大量だろうがよ。
[ 2019/05/31 21:00 ] [ 編集 ]
[ 149465 ]
基本的に励起されて一時的に放射能を帯びた冷却水に
放出を待ちすぎて割れた原子炉から漏れた燃料成分が一部混じったもので
一時的に励起された元素(ヨウ素など)は半減期8日とかで
もう計測すらできないレベル(8日ごとに半分に放射能半分になる代物なんで)
比較的半減期が長いセシウム(2年)ですら今年で8年目で1/16。
どんどん放射能の話が聞かれなくなってるのは放出された放射能は
『計測不能』なレベルまでエネルギーを放出し尽くしてただの元素になってるから
[ 2019/06/01 06:07 ] [ 編集 ]
[ 149466 ]
実際言うほど大したことでもなかったな
実害よりも風評被害の方が酷かった
どいつもこいつも放射能と聞いただけでビビるからな
[ 2019/06/01 08:21 ] [ 編集 ]
[ 149523 ]
原発で作られた電気を使って原発批判の書き込み

身の程知らずで滑稽だね
他の発電方法にデメリットないならとっくにそっちを選んでるんだよ
[ 2019/06/01 13:31 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク