FC2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

神戸で世界初の液化水素運搬船が進水 海外の反応

神戸で世界初の液化水素運搬船が進水 海外の反応
世界初の液化水素運搬船 進水式 神戸
次世代エネルギーとして期待される水素を1度に大量に運ぶことができる液化水素の運搬船の進水式が、神戸市で行われました。こうした船が造られたのは世界で初めてです。

(海外の反応をまとめました)






■ ナイス。



■ 失敗するわけないよね。



■ これはすごくかわいい。純粋な無公害の水素だ。あの炭素の醜さを全て取り除いた。



■ オーストラリアはソーラーから作る水素で世界をリードできるかもしれない。でも悲しいことに…。



■ ヒンデンブルクは船とみなされてると思ってた :)

■ 液体ではなかったけどね。




■ ヒンデンボート?



■ 政府には電気自動車をプッシュするように水素燃料電池技術を推し進めて欲しいな。長期的にみて電気自動車が内燃機関に取って代わる解決策とは思えない。数百万台分のリチウムイオン電池を埋め立てることの意図せぬ、まだ分からない影響は言うまでもない。

■ 燃料電池はエネルギー変換による効率の損失と同じように多くのレアアースを必要とするから有望な代替手段ではない。全ての主要な自動車メーカーがほとんどこの技術を捨ててしまったのには訳がある。




■ オイルタンカーがたまに衝突するみたいにこれが事故ったら何が起こる?

■ タンクが破れたら少なくとも水素に関しては気体になるだけでクリーンアップ作業はほとんどか全く必要ない。水素を-253Cにキープしておくための冷媒による悪影響の方が大きいと思う。

■ 最悪の場合、爆発だろうね。でも環境への影響は最小限になると思う。

■ 水素は石油のように海を汚染しないのはいい面。

■ 実は記事に船は二重船体で爆発に対して安全だと書いてある。

■ オイルタンカーも二重船体だけどよく破れて漏らすよ。

■ ガスに点火するスパークがなければ問題ないけど、そうでなければ大爆発。

■ 液体のままだと仮定すると燃えない。酸化剤がある場合のみ爆発するはず。良いことに錆は発生させない。




■ これがディーゼルパワー式だという事実。水素は化石燃料の産物であるという事実。まだまだ先は長いね…。

■ 水素は化石燃料の産物である必要はない。



ソース12


本日の人気記事

【中国の反応】GPファイナル羽生結弦は惜しくも2位、けどそんなことより1位の「ネイサン・チェンは中国人か否か」で白熱w

親北団体、今度は駐韓米国大使館前で「ハリス大使斬首コンテスト」予告=韓国の反応

日本政府「韓国との接し方は”丁寧な無視”、感情的に対応してはいけない」→韓国人「…(ブルブル」=韓国の反応
関連記事

[ 2019/12/13 09:31 ] 日本 | TB(0) | CM(12)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 164000 ]
酸素は有用な気体でどんどん生産されているけど、酸素を生産する工程で発生する水素は単価も安く買い手も少ないので大気中に廃棄されている。
ちなみに気体の水素も液体の水素も単体では発火したり爆発することはなく、飛行船ヒンデンブルグ号の事故のように布地などの燃えやすい物体の燃焼を早める程度だ。
[ 2019/12/13 09:40 ] [ 編集 ]
[ 164001 ]
将来的に水素発電所も可能だな。
[ 2019/12/13 10:08 ] [ 編集 ]
[ 164002 ]
水を電気分解させて、酸素と水素作って、その水素で発電するの?
なんかいまいち利点がわからん。
まあ、結局水素作る電気は火力や原発で作られたもんなんだろうけど。
蓄電池の代わりってだけでしょ。
[ 2019/12/13 10:35 ] [ 編集 ]
[ 164003 ]
まあ一番は製造コストよ
掘れば出る連中にどう対抗するか、ここが重要
化石燃料原料じゃ今と変わらんし、水の電気分解じゃ電気代が高い日本じゃ不利

海外でいかに安く大量に生産するかが鍵だね
[ 2019/12/13 10:41 ] [ 編集 ]
[ 164004 ]
ガイジンには理解出来ないよ、頭悪いから
[ 2019/12/13 10:56 ] [ 編集 ]
[ 164005 ]
お前らって本当に文句しか言わないね。
頭のいいひとたちが考えたんだから
お前らの出した結論より社会のためになることは間違いないよ。
[ 2019/12/13 11:00 ] [ 編集 ]
[ 164008 ]
それを思考停止とひとは言う
[ 2019/12/13 13:20 ] [ 編集 ]
[ 164010 ]
水素燃料サイクルが本領発揮するのは核融合発電が実用化されてからの話
核融合の燃料は海水から事実上無尽蔵に取れるからな
[ 2019/12/13 13:59 ] [ 編集 ]
[ 164012 ]
今回は豪州の石炭埋蔵量の半数を占める褐炭を利用して水素を作り液化して輸送するというもの。
これのメリットは褐炭が量が多いが乾燥が必要であったり自然発火する性質上世界的にもほとんど利用されていないため価格が安いこと、
液化することで大量輸送が可能であること
従来の資源メジャーとのWinWinな契約が結べることにある
将来的には安い電力による水の電気分解が想定されるがまだその段階ではない
というのも日本みたいに水が豊富な国は少ないから。将来、世界では深刻な水不足になるのは間違いない。そんな中で安定的な水素供給を可能にする手段としても今回の技術は必ず活きるだろう。
豪州にとって水素社会はプラスに働くだろうから日本と協力をより一層強めていく。
[ 2019/12/13 16:48 ] [ 編集 ]
[ 164024 ]
ぼっかぁぁーーん
はい放射能
[ 2019/12/13 19:19 ] [ 編集 ]
[ 164035 ]
これ一昨日テレビで紹介されてたな
川崎重工のタンカーで、水素を液体化することで大量輸送が可能になる
液体水素を運搬するための容器製造は種子島のロケット基地で培った技術だとか
現時点では水から電気分解の方法だと製造コストが高すぎるので、褐炭から精製した水素がメインになる
オーストラリアの褐炭は埋蔵量が豊富だけど自然発火しやすい性質があり使用用途が限られていて価格が安い
いずれは水の電気分解方式のコストが抑えられて実用化されていくだろうが、それまでの繋ぎとして褐炭精製の液体水素が日本の主力になるだろうという話
[ 2019/12/14 00:21 ] [ 編集 ]
[ 164103 ]
>164024
中学のとき理科の成績悪かったでしょ?
[ 2019/12/15 17:58 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク