FC2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

日本 vs インド 電車の洗車を比較してみた 海外の反応

電車の洗車 日本 vs インド

動画

via Gfycat



(海外の反応をまとめました)






■ シカゴの電車洗車:死ねばいいのに、くそ電車ども。

■ ジャック ダニエルにラッピング広告としてスペースを売ることができるのに、何で電車を洗う。




■ 当然でしょ。日本はお尻を洗う技術の最前線にいるんだ。電車はそのスケールアップバージョンに過ぎないよ。

■ 世界のほとんどがいまだにあのような原始的なお尻の洗浄技術なのが俺にはさっぱり理解できないよ。

■ トイレットペーパーが嫌い。粗くてあちこちに付くから。

■ 水にかぎるね。




■ 恐らくインドで史上初めて何かが洗われた瞬間。

■ 笑うべきなんだろうけど笑えない。




■ ああやって俺たち楽しんでるのさ。



■ ここには映ってないけど洗車が終わったら電車は洗車ステーションと合体して巨大メカになって空に飛んでいくんだ



■ インドの電車の乗客だったら…。暑いからと窓を開けてたらよどんだ水をぶっかけられるなんて。

■ 切符を買えないで外にぶら下がってる人たちならささらに悲惨。

■ インドに住んでたらクソみたいな国に住むことに慣れるんだろ。




■ 待った。君たち電車を洗うの?



■ これは嘘だな。インドの電車であるわけがない。外に乗る数百の人がいないじゃないか。

■ そう、これはパキスタンの電車。ソース:俺パキスタン人。




■ 君ら電車洗うの?東ヨーロッパの電車を見てみな。



■ 日本はインドのテクノロジーに付いていけてないみたいだ。



■ 一方アメリカでは「電車って洗わないといけないものなの!?」



■ インドではなくパキスタンだな。インドもそんなに変わらないけど。



■ いくつかの窓開いてるよね。



■ イギリスでは雨に洗わせる。出発プラットフォームでは汚くて、最終プラットフォームではピカピカになってる。



■ おんなじ発想だろ。一つの方が速いというだけ!


ソース1


本日の人気記事

ドイツの国立オペラ劇場が旭日旗を使用!韓国人が猛反発…劇場側「芸術の自由、そのまま使用する」=韓国の反応

韓国人「世界の学会定説、日本人とアジア人の遺伝子が違う理由の論文」

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客さん「日本人の友よ、これが一体何なのか教えてくれないか?どうもありがとう!」
関連記事

[ 2020/02/15 10:15 ] 日本 | TB(0) | CM(13)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 167245 ]
踊るのかと思った
[ 2020/02/15 10:58 ] [ 編集 ]
[ 167247 ]
雨の日に洗剤かけて走らせとけば良いんじゃないか?
[ 2020/02/15 11:04 ] [ 編集 ]
[ 167248 ]
台湾はフランス洗車機使ってたが、鉄粉おとしがあまく錆びるとかで日本製導入し直したとかなんとか
[ 2020/02/15 11:11 ] [ 編集 ]
[ 167249 ]
血痕がついてもこれなら綺麗になるわけだ
[ 2020/02/15 11:34 ] [ 編集 ]
[ 167250 ]

ガキの頃水溜りの上に留めた自転車を漕いで遊んだりしたけど
背中が泥水まみれになってた
[ 2020/02/15 11:47 ] [ 編集 ]
[ 167251 ]
ただのネタやんっw w w w w
[ 2020/02/15 11:57 ] [ 編集 ]
[ 167252 ]
ネタだと思ってるの?
[ 2020/02/15 12:12 ] [ 編集 ]
[ 167253 ]
ガンジス川突っ切るんじゃなくてよかった
[ 2020/02/15 12:42 ] [ 編集 ]
[ 167254 ]
コスト、時間、環境保全
総合的にインドの勝ち
[ 2020/02/15 14:09 ] [ 編集 ]
[ 167278 ]
インドは名目GDPで日本を超えてる世界第3位の経済大国
[ 2020/02/15 19:44 ] [ 編集 ]
[ 167281 ]
インドなのかパキスタンなのかはっきりしろ
[ 2020/02/15 20:34 ] [ 編集 ]
[ 167288 ]
まあ自動車用をそのままでかくした発想だよな
[ 2020/02/16 10:46 ] [ 編集 ]
[ 167371 ]
>>167278
トイレすらない国に憧れるバカ
不潔な国だからコロナウイルスが心配だよねえ
[ 2020/02/16 23:42 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク