FC2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

フランスも中国包囲網に!日米仏が初の離島上陸訓練実施へ 海外の反応

《独自》日米仏で初の離島上陸訓練 来年5月、対中包囲網を強化・拡大
自衛隊と米軍、フランス軍が来年5月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)など離島の防衛・奪回作戦に通じる水陸両用の共同訓練を日本の離島で初めて実施することが5日、分かった。日米仏の艦艇と陸上部隊が結集し、南西方面の無人島で着上陸訓練を行う。

(海外の反応をまとめました)






■ 計画に変更がない限り、HMSクイーン・エリザベスの最初の作戦展開は南シナ海を通過することになっている。おそらく海軍合同演習に向かうのだろう。西側が中国の行動にうんざりし、国際システムの中で手なずけられるとはもはや考えていないということだろう。

■ もしその通りにならすごいことになりそうだ。




■ この反中っぽい連携が正式に何らかの同盟や機構になるのかが興味深いところ。そしておそらくより重要なのはインドがそれに参加するかどうか。

■ SEATO!

■ 現状を見る限り、予見可能な未来に正式な、あるいは制度化された"反中国"同盟のようなものはできないと思う。合同演習や安保の枠組みのようなものは間違いなく増えるだろうが、制度化されたものはメンバー国の中国との関係に深刻な影響を及ぼすだろうから無理だと思う。世界経済がいかに複雑に絡んでるかを考えると、それは飲みにくい薬になる。特にアジア太平洋地域にとって。最近行われた4か国安保対話の共同声明の欠如を見てみても、各国がそれぞれに声明を発表し、中国へのアプローチのばらつきを示した。




■ 地政学のことは分からないけど、そもそも日本は軍隊やそれに近いものは持っちゃいけないことになってるんだろ?

■ 日本には自衛隊という軍隊がある。世界の多くの国より優れているけど、憲法によって厳しく自衛のみに制限されている。

■ 日本に軍隊はないよ。自衛隊があるんだ。ちょうど空母は持ってなくて2万トンのヘリ駆逐艦を持ってるみたいに。




■ これはEUでフランスが支配的な軍事大国になるという野望をさらに固めるための新たな動きだと思う。EUは軍事力という点で常にアメリカの陰に隠れてきたが、アメリカがますます孤立主義的になってる今、EU内の軍事的支配に空白が生じるだろう。当然、その役割を担うのは英仏の2国だが、ブレグジットでイギリスは自らそのチャンスを捨て、フランスのみが唯一の競争者となった。フランスはそのことをよく分かっている。地中海、特にトルコに対して軍事的に力を展開し始めたのはそのため。ドイツの後ろ盾がある限り、フランスの世界での役割はますます大きくなり、より攻撃的になると予想する。

■ ドイツはどうなの?彼らもEU内で支配的な力になりたがってるようだけど。

■ 経済的には既にそうだけど、軍事的にはアメリカが残していきそうな役割を果たすために必要な力は持っていない。フランスのみがそれを担うだけの力を持っている。

■ ヨーロッパがドイツとの第3ラウンドの準備ができてるとは思えないな。

■ ドイツはそうなることを望んでいない。現段階では主に貿易だけを望んでおり、EU内で各国がルールを守って欲しいと思ってるだけだ。

■ 孤立主義はアメリカの外交政策でずっと続く特徴ではないよ?1月20日から正反対のことが始まるから。




■ いいね!世界は中共の人権侵害や軍事的侵略、知財窃盗などに対してともに立ち上がる必要がある。

■ 島の前でアホらしい行進をして?

■ 映画館に行こうとして人が撃たれるここアメリカの人権状況もかなりひどいぞ。




■ フランス?彼ら戦争が始まった瞬間に銃を捨てるぞ。



■ フランスがこの地域と航行の自由の権利を守る同盟に参加してくれるのは良いことだ。共産中国が沖縄の島々を狙ってる。自由世界は決してそれを起こさせてはならない。中国は日米仏豪印台英の海軍艦隊に勝つチャンスがあると思わないことだ。史上最短の戦争になるだろう!



■ 中国には戦争準備と領土強奪をやめて欲しいものだ。日本には敵対国から自国を守るために彼らが必要と思うあらゆる措置を取る権利がある。


ソース123


本日の人気記事

韓国人「来年からアジア所得1位の最先進国は韓国です。日本は追う側です」

激白!黒人元K-POP研修生が芸能事情を語る!「アジアの美容基準は有毒」「韓国芸能界は偽物」海外の反応

【悲報】韓国が新たな反日ネタの発掘に成功…さっそく海外でネガティブキャンペーン開始=韓国の反応
関連記事

[ 2020/12/08 10:17 ] 日本 | TB(0) | CM(19)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 191288 ]
EUで暴利を貪ってるドイツだけは
つい最近になって通信関係で中国に、売春関係で南朝鮮に阿ってるから
今のうちに何とかした方がいいと思うわ
[ 2020/12/08 10:23 ] [ 編集 ]
[ 191289 ]
中国の軍事的脅威よりも、経済や産業技術で支配力を高められる方が遥かに危険
将来有望な電気自動車も中核的技術は、中国製に圧倒されてるのが現状
彼等とは対話と圧力で“暴走”を防ぐよう、世界中で知恵を絞るしかない
[ 2020/12/08 10:40 ] [ 編集 ]
[ 191290 ]
現状世界は、100年前から列強国な集まり

G7 vs 中国ロシア韓国朝鮮 だから

[ 2020/12/08 10:50 ] [ 編集 ]
[ 191292 ]
もっともっと中国に圧力・牽制を加えるべし。
今加えずば、必ず世界の未来に重大な禍根を残すと思う。
[ 2020/12/08 10:59 ] [ 編集 ]
[ 191293 ]
トランプ政権が「コロナウイルスは中共の生物兵器」と認定し、
しかもその生物兵器の目的が今継続中である大統領選挙にてバイデンを勝たせようと画策したもので
戦争そのものを仕掛けたからね中国は。そりゃ武力制裁へとシフトされるはずだわ。
野放しにしてれば今後も各国が侵略される。

日本政府は有事に中国人を入れるなよ。とにかく二階やら茂木のような親中や売国どもや左派マスゴミらは消え失せろ。
[ 2020/12/08 11:13 ] [ 編集 ]
[ 191294 ]
仏は装備運用練度を視察したいだけで関わる気など更々ない
[ 2020/12/08 11:26 ] [ 編集 ]
[ 191295 ]
ドイツは赤組ですが何か?
[ 2020/12/08 11:26 ] [ 編集 ]
[ 191296 ]
米英加豪印日の支.那包囲網に仏も参加
中共を血祭りに上げて支.那を分割統治しようぜ
[ 2020/12/08 12:00 ] [ 編集 ]
[ 191297 ]
これは第二次世界大戦の名残なんだよ。戦勝五か国は敵国条項該当国に正当な理由で軍を駐留できる。もう死んだ条項だと思っていたら、中国に続いてロシアまで敵国条項を盾にしてきた

米軍が居なくなれば他の戦勝国が日本に軍を駐留させるだろうし、今でも日本の米軍基地は連合国の基地でもある。小泉・安倍でも国連改革は出来なかった。あとは次期大戦で米英仏側について中国に勝利するしかない。中国が戦えばの話だが
[ 2020/12/08 12:37 ] [ 編集 ]
[ 191298 ]
日本には空母も駆逐艦も有りません
全部護衛艦です
[ 2020/12/08 12:59 ] [ 編集 ]
[ 191299 ]
今のドイツ軍は軍事予算削られまくってボロボロだぞ
戦車はみんな中古車として他国に売っちゃったし
潜水艦は整備不良で出港できない
ドイツ人は何とも思わないのかな
[ 2020/12/08 13:50 ] [ 編集 ]
[ 191300 ]
世界最大の借金を増やし続けるアメリカの国内では数多くの官公庁が予算不足で機能停止に追い込まれて窓口を閉鎖しまくってるからな
そんなアメリカが何故か太平洋方面の軍備だけは恒久的に削減しないと考える方が不自然だろうよ
いつまでも聖域扱いされ続ける可能性がとっくに消えてる米軍としてはここに来て中国の管理を日本に委託したくてたまらないというのが本音なんだよ
[ 2020/12/08 14:28 ] [ 編集 ]
[ 191301 ]
ドイツ軍が表だって出てこないなら、例の法則は発動しないな。
あとは韓国があっち側につけば勝てるか。
いや、フランス軍か。
白旗を準備といた方がいいかな。
[ 2020/12/08 16:09 ] [ 編集 ]
[ 191302 ]
島の前で行進しない奴こそアホだろ
[ 2020/12/08 16:34 ] [ 編集 ]
[ 191303 ]
奴隷のドイツ人は朝鮮人の植民地同然だろ
惨めなもんだ
[ 2020/12/08 16:35 ] [ 編集 ]
[ 191304 ]
>>191294
空母を送ってそんな言い訳が通じるわけがない
そもそもフランスは4か国連合とパートナーだと明言している
[ 2020/12/08 16:37 ] [ 編集 ]
[ 191305 ]
翻訳者はアカかシ ナ朝 鮮なのかな
こんなとこ見なくていいな
[ 2020/12/08 16:41 ] [ 編集 ]
[ 191315 ]
もっとも差し迫った脅威に晒され
もっとも危機感を持つべき日本はどう行動するのか。
[ 2020/12/08 18:34 ] [ 編集 ]
[ 191316 ]
ついこの間まで中国の犬だったドイツはまだ消極的だから信用できない
[ 2020/12/08 18:38 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク