FC2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

海外「江戸時代の日本の人魚の絵が不気味で面白過ぎる」 海外の反応

江戸時代の人魚の絵 1828年頃

画像
Drawings of a "mermaid" or human-fish creature. Japan, Edo Period, around 1828 [3500x3740] from r/ArtefactPorn




(海外の反応をまとめました)






■ 川原慶賀による人魚の絵。通常彼は実在の動植物を描いていた。グロテスクな"人魚"の絵は一般的ではないが江戸時代初期から存在していた。同じ画家による似たような人魚の絵が2枚あるけど、残念ながら低解像度のため投稿はしなかった。



■ ジョージ王朝時代のイングランドを舞台にした人魚の小説がある。



■ わからないよ。10代のアマビエがぎこちないグランジの段階を経ている姿かもしれない!



■ P・T・バーナムはこの怪物の偽物の死体を"フィジー人魚"として興行して回った。小さいころコネティカットのバーナム博物館で見て、少しも好きになれなかったことを覚えてる。

■ フィジー人魚 - Wikipedia




■ 母が言うには、人魚がボートの隣に泳いできて、港までずっと拍手して笑ってたとおばあちゃんが真顔で言ったそうだ。
面白いけど、19世紀のドイツの内陸部で農奴同然で育って海を見たことがない人物が、イルカを知らなかったとしても全く理解できることだ。



■ 人魚って歳を取るとああなるんだ。



■ 人魚の画像が好きな彼女にこれを見せたらすごく怒りそう…。



■ アーカンソーのホットスプリングスにはミイラ版の人魚がある。



■ この人、うちのオフィスにいるわ。



■ 全然セクシーじゃない。



■ 好きになれないわ。



■ "手を描くのは苦手でして…"



■ 船員:構わない、やったよ。



■ ハイチの文化では人魚は悪魔であると信じられていて似たような絵を描いてる。不思議だ。



■ 面白い!



■ アリエルがあんなことに。



■ 死んだ猿を食べて死んだハタみたいだ。



■ 爪がきれい。



■ それで、どっちを選ぶ?上?下?



■ アリエルと同じくらいヤレる。



■ 飢えた中国人に狩られて絶滅してしまったのだろう。



■ これが船員を深海に誘惑するところは想像しにくいね。


ソース123


本日の人気記事


【韓国の反応】日本コロナ感染者5500人超…緊急事態発出は効果ナシ?…韓国人「5000人しか罹ってないのが不思議w」

韓国人「反日してる精神病は、海外の日本の評価を実際に見るといい」=韓国の反応

外国人視聴者「2人とも我慢強い!」日本人の旦那さんがほとんど日本語がわからない奥さんに日本語だけで話すチャレンジ
関連記事

[ 2021/01/22 09:15 ] 日本 | TB(0) | CM(16)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 193429 ]
人魚って外国の伝説の生き物じゃなかったっけ⁉︎
[ 2021/01/22 09:20 ] [ 編集 ]
[ 193430 ]
※1昔から日本にも伝わってるよ
妖怪としてな
西洋の人魚と違い
おぞましいもので
確か口は腐った肉の臭いがし、血がしたたっていて乱杭歯、目は充血してるような感じで人間をむさぼり食う化け物
集団で船を襲ったり、転覆させて乗ってる人間を…っていう感じ
ただ八百びくにのように人間と会話ができる・意思疎通ができる人魚もいるみたいにはなってる
ぶっちゃけゾンビに魚の尾がついた感じっぽい
死体から連想されたんだろうね
日本には昔、人魚のミイラという作られたものがあるが魚の尾に猿の子供の上半身をつけたものだよ
[ 2021/01/22 09:37 ] [ 編集 ]
[ 193431 ]
八百比丘尼、白比丘尼の伝説が各地に残ってるし、小川未明の童話『赤い蝋燭と人魚』の元となった伝説が新潟にあった。
南国の『人魚=ジュゴン』ということとは別に日本各地に『海=異界』の存在としてあったらしい。
[ 2021/01/22 09:39 ] [ 編集 ]
[ 193432 ]
そこで折れ曲がって直立すんの?
魚の中に入れた足で立ってるよね?
[ 2021/01/22 10:04 ] [ 編集 ]
[ 193433 ]
そもそも「上半身が人間、下半身が魚」という種族に対し「上半身が美女」という解釈が一般的なのがおかしい
人間だって老若男女美醜様々なのに、半分魚の生命体が人間にとって美しく思える若い女性の姿をしている保証なんてないし、仮にいたとしても人間の美女と同じくらいの割合でしょ
そういう意味ではこっちの絵の方がよっぽど現実的だと思うね
[ 2021/01/22 10:09 ] [ 編集 ]
[ 193434 ]
河童の親戚みたいな感覚なのかね
美女ってほうがモンスターとして珍しいと思うな
[ 2021/01/22 10:13 ] [ 編集 ]
[ 193435 ]
オッサンやん・・・・・・
[ 2021/01/22 10:23 ] [ 編集 ]
[ 193436 ]
大きな魚に食われたオッサン。
[ 2021/01/22 11:10 ] [ 編集 ]
[ 193437 ]
>■ この人、うちのオフィスにいるわ。

激しくワロタ
[ 2021/01/22 11:23 ] [ 編集 ]
[ 193439 ]
不気味な醤油差しだなあ
[ 2021/01/22 14:11 ] [ 編集 ]
[ 193440 ]
人魚を想像して見ると夢を砕かれるやつ
[ 2021/01/22 14:28 ] [ 編集 ]
[ 193442 ]
>>193433
古代ギリシャの神話伝説には、下半身が魚の怪物ないし妖精的な種族がけっこう出てくるが、少なくとも初期には、必ずしも女性に限ってはいなかったことが壺絵などからもわかる。ポセイドンやトリトンにも、下半身が魚や海棲生物になっている図像は多い。
だが沿岸漁業ならともかく、戦役をふくむ外洋航海ということになれば、従事する船乗りはほぼ100%が男性だ。「水に引き込む」「誘惑する」存在に女性性が強調されるようになったのはこのためだろう。つまり、むしろ「被害者(?)側の性別」が規定要因になっているのではないかな。人魚ではないが、『オデュッセイア』のセイレーンのくだりなども示唆的だ。
夢魔には男性のインキュバスと女性のサキュバスがいて、それぞれ夢を見る側の性別に対応している。人魚が女性のイメージで定着したのは、船乗りが男性の仕事として定着したことと無関係ではあるまい。
[ 2021/01/22 15:38 ] [ 編集 ]
[ 193443 ]
豆井戸
[ 2021/01/22 16:23 ] [ 編集 ]
[ 193465 ]
平安時代から、人魚のミイラは日本に伝わっていた。

多くは、中国からの交易品。
初期は東南アジア当たりで作られた「猿+魚」の工芸品。
日本では『祀ると雨乞いに効く』『病が治る』『不老不死になる』『魔除けになる』等といわれていた。

そのうちに、日本でも作るようになった。
『猿+魚』。絵画に描かれたのは、そのうちに1つだね。

江戸時代には、ポルトガル商人に売りつけていたんだから商売人は逞しい。
[ 2021/01/22 19:57 ] [ 編集 ]
[ 193471 ]
※193429
人魚のミイラなんて日本に昔から伝わってるだろ・・・
[ 2021/01/22 20:29 ] [ 編集 ]
[ 193483 ]
子供のころ、人魚のミイラを見たことがあるが、これよりグロテスクだった。
今考えれば、魚と猿を縫い合わせた剥製なんだったんだろうけど。
[ 2021/01/23 00:58 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク