fc2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

海外「戦前の日本で起こった猟奇的事件の犯人、阿部定が逮捕された時の写真がこちら」 海外の反応

警察に逮捕された直後の阿部定。彼女は恋人を窒息死させた後、性器を切断し、着物の中に入れて持ち歩いた。切断した性器と性交したとも伝えられている(1936年5月20日)

画像


(海外の反応をまとめました)





人気の記事

海外「クレイジーだ!」日本の動画配信ランキング、トップ10が全てアニメで海外困惑!!(海外の反応)

韓国人「留学生にとって世界最高の都市ランキングとそれに対する外国人の反応をご覧ください・・・」

海外「未来だ」20年前に東京で撮影された世界的な二人組(海外の反応)




■ 超変人だ...彼女は超変態!

■ それが分かってても、彼女、そんなに悪くなくない?

■ やめとけ、魔女の誘惑に負けるなよ。

■ 男はどこまで行っても男だ。俺は行くよ。

■ 彼女はマンイーターだ!




■ 笑ってやがる...そして周りは全員とても警戒しながら監視している!



■ 男たちは万が一に備えて距離を置いている。



■ この写真の表情は最高だな。彼女の不敵なにやけた顔と、特に後ろの男の非常に警戒した表情が。



■ wikipediaによると、彼女は6年の刑を受け、5年服役したそうだ...

■ その処罰は驚くほど軽いけど、なぜだろう?wikipediaには説明がない。

■ 窒息は偶発的なものだとされたのかな?死後に切断したのなら、軽い刑罰になるのは想像に難くない。判決で女性が子供扱いされることは珍しくなく、ジェンダーバイアスが女性有利に働く分野の一つ。




■ これは映画にもなってる。
https://www.imdb.com/title/tt0074102/?ref_=fn_al_tt_1

■ これは本当に素晴らしい映画だけど、エンディングの前でいつも怖くて見るのをやめてしまう。

■ この映画好きだけど、強烈に嫌悪感を催す要素が入ってる。47カ国かそこらで上映禁止ということで、尖がった学生時代に発見したわ。




■ この犯罪の詳細が公表されたときのデマでは、石田の陰茎が驚異的なサイズであると切り出した。しかし逮捕のあと、定に質問した警官はこれを否定した。「石田のモノはちょうど平均であった。私を性的に喜ばせたいというテクニックと奉仕的な愛撫をする石田が好きだった」と定は答えている。定の逮捕後、石田の陰茎と睾丸は東京医科大学の病理学博物館へ送られた。第二次世界大戦後まもなく、一般に公開していたようだ。

■ かわいそうな石田さん。今やインターネットの伝説だ。

■ 彼女にまた盗まれたか。




■ これをオカズにするのは難しいけど、俺ならなんとかやれると思う。



■ いいけど、何でみんなあんなにかっこいいんだよ(笑)



■ 真のヤンデレ。



■ こういう刺激的な事件の関係者の表情が写る写真は実に興味をそそるね。


ソース1


人気の記事

【韓国の反応】「独島が描かれている」…駐韓日本大使館、文大統領の旧正月の贈り物を受け取り拒否。韓国の反応「国家間の礼儀を日本は習わなかったようだ。」

日本と英国はウィズコロナ拡大…防疫パス・ステイホーム終わらせる=韓国の反応

韓国人「悲報:米国さん、露骨な韓国パッシングを開始…(ブルブル」
関連記事

[ 2022/01/23 16:55 ] 日本 | TB(0) | CM(25)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 212844 ]
>石田の陰茎と睾丸は東京医科大学の病理学博物館へ送られた。
>第二次世界大戦後まもなく、一般に公開していたようだ。

ひどw
[ 2022/01/23 17:08 ] [ 編集 ]
[ 212845 ]
男尊女卑社会で自分たち女性には選挙権さえなかった暗い時代だな。
[ 2022/01/23 17:10 ] [ 編集 ]
[ 212846 ]
チン〇切り取りとか海外、特に南米では日常的に行われてるやろ
ポッカキットの動画とか殆どが南米由来の物やん
つか日本だと半年~一年は話題になりそうな珍しい残虐な事件が海外では当たり前の様に起きてるのにね
海外では今日も今日とて想像を絶する凄まじい拷問で死んでる奴が大勢居るやろ
[ 2022/01/23 17:18 ] [ 編集 ]
[ 212847 ]
手記によると窒息プレイの果てに男が死んで、愛しい男と離れたくなくて…って経緯なんよね
ソロでやって死ぬ人もままいるから窒息プレイはアカンよ
[ 2022/01/23 17:22 ] [ 編集 ]
[ 212848 ]
一般に公開されたってw気の毒すぎる。
[ 2022/01/23 17:33 ] [ 編集 ]
[ 212849 ]
>男尊女卑社会で自分たち女性には選挙権さえ
それは世界どこでもそうだったよ。欧米で女性が選挙権を一体いつ獲得したと思ってんだろ。しかも結構な国が戦後で日本よりも遅い。
[ 2022/01/23 17:36 ] [ 編集 ]
[ 212850 ]
窒息プレイのよさがわからないよ、、、
[ 2022/01/23 17:36 ] [ 編集 ]
[ 212851 ]
なんかすげーいい表情やんか
[ 2022/01/23 17:42 ] [ 編集 ]
[ 212852 ]
坂口安吾が阿部定について書いてるよ
青空文庫で読める
[ 2022/01/23 17:53 ] [ 編集 ]
[ 212854 ]
男尊女卑社会で自分たち女性には選挙権さえなかった暗い時代だな。

女には召集令状が来ないからな。
[ 2022/01/23 18:00 ] [ 編集 ]
[ 212855 ]
>欧米で女性が選挙権を一体いつ獲得したと思ってんだろ。

調べてみるとスイスが一番遅くて、国レベルで女性参政権が認められたのが1971年。地方自治体などでも全面的に認められたのが1991年だそうな。
わずか30年ほど前なんだな。
[ 2022/01/23 18:18 ] [ 編集 ]
[ 212857 ]
男尊女卑社会で自分たち女性には選挙権さえなかった暗い時代だな。

なぜ体験した訳でなく暗い時代と、まして何のいわれもない理由で
不当な扱いを受けていたと決め付ける。いわれは大いにある相応な
扱いかも知れんだろう。能力差や実績、そういう部分からはまるで
目を逸らし、現代に於いても釈然とされてないのは正にそういうと
こやぞ
[ 2022/01/23 18:27 ] [ 編集 ]
[ 212858 ]
あれ、でも死んだ後にちょんぎったんだろ?
そこまでギャースカ騒ぐぐらいサイコかなぁ??って思うけどね
[ 2022/01/23 18:53 ] [ 編集 ]
[ 212859 ]
これは男にのみ徴兵義務が課せられていたくらい時代だな。
[ 2022/01/23 19:02 ] [ 編集 ]
[ 212860 ]
大島渚の「愛のコリーダ」初公開時は小学生で未見だから
「愛のコリーダ2000」という検閲カットされた部分をかなり戻して劇場公開したの観た
大島渚は戦メリ・御法度と腐女子好みな作品もあるせいか、か女性観客多かった
観る前に予想したようなエロ映画じゃなくて、アッケラカンとした性を描いた映画だった
行為中お互いに首を絞めるプレイに気持ち良くなって
でも男は「息を吹き返す時苦しいから、途中で止めずに最期まで絞め続けてくれ」と頼んだんだよ
男は既婚者で本妻から逃げてた
女も男を本妻と分かち合わず独占したかった、自殺幇助みたいな要素もある
ラストに「逮捕された定の表情は晴れやかだった。世間から不思議なほどの同情が定に集まった」と大島渚のナレーションが入ってた


[ 2022/01/23 19:56 ] [ 編集 ]
[ 212862 ]
何かの記念写真みたいwwwwww
[ 2022/01/23 20:30 ] [ 編集 ]
[ 212863 ]
今この話題を取り上げる理由は日本を叩きたいだけなんじゃないのw
[ 2022/01/23 20:33 ] [ 編集 ]
[ 212864 ]
「阿部定事件」か・・・
詳細とか別に知りたくないが、

生まれつきの狂人とかいないし、
何かしらの理由が有るんだろ。
[ 2022/01/23 20:44 ] [ 編集 ]
[ 212865 ]
阿部定と聞くと、いつもナベサダを思い出す
[ 2022/01/23 21:13 ] [ 編集 ]
[ 212866 ]
ワイは阿部サダヲ
[ 2022/01/23 21:49 ] [ 編集 ]
[ 212867 ]
>男尊女卑社会で自分たち女性には選挙権さえなかった暗い時代だな。

なんで男なのに女の振りしてんの?
[ 2022/01/23 22:55 ] [ 編集 ]
[ 212868 ]
隣のひげ刑事が定に笑えと言って、定は笑ったんだよ
[ 2022/01/23 22:57 ] [ 編集 ]
[ 212869 ]
この写真は記者に頼まれて、此方を向いた瞬間を捉えたものて別に笑っていた訳では無い、笑っている様に見えるのは唯の偶然。
定はお嬢様だったのに男に騙されて、そこから転落した悲しい人生だよ。
[ 2022/01/23 23:08 ] [ 編集 ]
[ 212872 ]

タイなんか、しょっちゅうだろ?

[ 2022/01/24 00:42 ] [ 編集 ]
[ 213107 ]
現在の日本も犯罪者がこうやってニッコリ笑っている写真を規制せず掲載するべきだ。
[ 2022/01/29 06:34 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク