fc2ブログ

こんなニュースにでくわした

気になった英語の記事や掲示板などを翻訳しようと思います

海外「ピカソに匹敵する!」 1814年、日本人絵師、松本奉時による「蛙」 海外の反応

松本奉時による「蛙」。1814年



(海外の反応をまとめました)





人気の記事

韓国人「訪日したペロシ氏、訪韓と違ってガチでご満悦の様子…」→韓国人「また負けた」「外交大惨事…(ブルブル」

韓国人「日本の岸田首相、米国ペロシと会い笑顔で握手(ブルブル)」→「日本は中国の顔色をうかがわないね」「日本の影響力はさらに大きくなるだろうね・・・」

【韓国の反応】「可愛く見えるから」猛暑でもマスクやアームカバーを着用する日本の女性たち。韓国の反応「日本人は愛情欠乏症患者のよう。/不細工なアジア人たちの外見執着。」




■ カエルはお気に召さなかったようだ..

■ あるいは非常に心配している。




■ これめっちゃ好き。松本奉時さん、この究極の傑作で趣味の悪い世界に恵みをもたらしてくれてありがとう。
皮肉で言ってるんじゃないよ。実際にスマホの背景にしてるから。

■ 絶対このタトゥー入れるわ。

■ 冷蔵庫にこの絵ハガキが貼ってあるんで毎日見てるよ。素晴らしい。




■ 我が家ではこれの小さなプリントを額縁に入れて飾ってるよ。美しいと思う。とてもゆるくて大雑把だけど、カエルの本質を捉えているように見える。人間の脳が本物のカエルを見た時に感じるものを表現しているような感じ。少なくともそれが私の解釈だし、飾ってる理由の一部。



■ これのプリントをキッチンに飾ってる、同じように不機嫌なカエル2匹と一緒に😂



■ 元祖カエルのペペ。



■ なんと、娘の誕生日にアマゾンでこのTシャツを買ったんだよ。歴史的なアート作品とは思いもよらなかった。



■ 何から何までピカソの牡牛と同じくらい良い。大好き。



■ なぜ1800年代のアジアの芸術は同時代のヨーロッパの芸術と比べてこんなにもモダンで親近感が湧くんだろう?(最後の20年は別として)。何か考えのある人はいるだろうか。



■ 日本人はグラフィックの面でとても進んでいた。あの画は当時のイングランドでは全く理解されなかっただろう。



■ これ凄く気に入った。見たことなかったけど、どうやら人気みたいだ。



■ 彼は時代の先を行きすぎてた。



■ 彼のこと大好き。



■ ニョロゾはここから来てたのか。



■ 自分が今まで見た中で最高の芸術作品だわ。



■ かわいい。



■ 彼女の家にこれの印刷がある!まさかここで見ることになるとは :)



■ 文字にはなんて書いてあるの?



■ 文字通りこれが描かれたシャツを今着てるんだわ。ワオ。



■ すごく、すごく日本的だ。


ソース1



人気の記事


韓国人「日本に到着した米国ペロシの様子をご覧ください・・・」→「喜んでる?」「すごく楽しそうだね・・・」

海外「大谷翔平、祝・23号&24号ホームラン!」球団記録タイのチーム7本のホームランで芸術的な直江!

韓国人「韓国と日本のアスファルトの品質の最も大きな違い」
関連記事

[ 2022/08/05 16:02 ] 日本 | TB(0) | CM(35)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
[ 221941 ]
松本奉時は蛙をこよなく愛し、珍しい蛙の飼育や様々な蛙グッズのコレクションをしたと言われている

へー
[ 2022/08/05 16:12 ] [ 編集 ]
[ 221942 ]
海外では有名らしい
[ 2022/08/05 16:15 ] [ 編集 ]
[ 221943 ]
全く知らなかったが
漫画的なこともあって親近感はあるものの
特別スゴイとも感じない
[ 2022/08/05 16:32 ] [ 編集 ]
[ 221944 ]
松本奉時の蛙は大阪では結構有名
[ 2022/08/05 16:34 ] [ 編集 ]
[ 221945 ]
確かに可愛いな
[ 2022/08/05 16:35 ] [ 編集 ]
[ 221946 ]
こういうシュールなヘタウマを褒めればセンスあるって風潮が嫌い
[ 2022/08/05 16:36 ] [ 編集 ]
[ 221947 ]
版画?
[ 2022/08/05 16:37 ] [ 編集 ]
[ 221948 ]
蛙の松本ほうじ、鶏の伊藤若冲
飛び抜けた鬼才に交流があったってのも興味深いし、
突き詰められる時代背景も面白い。
[ 2022/08/05 16:41 ] [ 編集 ]
[ 221949 ]
俺もこれ好き
[ 2022/08/05 16:45 ] [ 編集 ]
[ 221950 ]
これはいいね。子供にはわからないだろうな
[ 2022/08/05 16:52 ] [ 編集 ]
[ 221951 ]
良いと思うけど、コレをTシャツにプリントするとピョン吉に…おっと歳がバレるな(笑)
[ 2022/08/05 17:08 ] [ 編集 ]
[ 221952 ]
221946
分からないなら黙って立ち去ればいいのにガキかよ
[ 2022/08/05 17:32 ] [ 編集 ]
[ 221953 ]
おやびんって感じだな

最近カエルを本格的に飼う人増えてる気がする
ミヤコヒキガエル可愛い
[ 2022/08/05 17:44 ] [ 編集 ]
[ 221955 ]
単純なのにぱっと見でカエルだと
分かるものな
よーく見ると本物とは全然違うのに
そうにしか見えない
[ 2022/08/05 17:59 ] [ 編集 ]
[ 221956 ]
最初子供の絵かと思った
[ 2022/08/05 18:09 ] [ 編集 ]
[ 221957 ]
これのすごいところはデフォルメの完成形として1800年代に存在した事
[ 2022/08/05 18:18 ] [ 編集 ]
[ 221960 ]
猿描きの狙仙三兄弟、鶏描きの若冲の絵は写実的なのに、カエル描きの奉時の絵はデフォルメされてるのが面白い。
カエル~ヒキガエル~客引きの連想から、旅館や商店などに人気が有ったらしいから、そういった店用にわざとユーモラスに描いたんだろうな。
[ 2022/08/05 18:38 ] [ 編集 ]
[ 221961 ]
書き込みの少ない絵は下手な絵と一刀両断にされる事が多いんだよな
特に絵を描く習慣の無い人間ほどそう思うらしい
あれがヘタウマに見えるのかと自分なんかは逆に驚くけど
[ 2022/08/05 18:56 ] [ 編集 ]
[ 221962 ]
松本奉時が亡くなったのは1800年なんだが1814年てなんか変だな
[ 2022/08/05 19:07 ] [ 編集 ]
[ 221963 ]
さすが鳥獣戯画が国宝の国だな
蕪村や仙厓さんなんか人気あり過ぎて本人はうんざりしてたらしいし、こういう絵も人気あったんだろうな
[ 2022/08/05 19:14 ] [ 編集 ]
[ 221964 ]
この時代は割とこんな感じにガマを描いている。
禅僧も描いている。
[ 2022/08/05 19:36 ] [ 編集 ]
[ 221965 ]
デザイン大国ニッポン!の面目躍如だね。
[ 2022/08/05 20:17 ] [ 編集 ]
[ 221966 ]
意図的に引き上げられた価値観とかどうでもいいわ
[ 2022/08/05 20:18 ] [ 編集 ]
[ 221967 ]
あおりのアングルで描いてるのも面白いね
[ 2022/08/05 20:30 ] [ 編集 ]
[ 221968 ]
恥ずかしながら知らない作品と作者
めちゃくちゃ可愛い
[ 2022/08/05 20:32 ] [ 編集 ]
[ 221969 ]
どうしても我が国からは、かわいいが溢れてしまうな
[ 2022/08/05 21:04 ] [ 編集 ]
[ 221970 ]
ヘタウマってw 馬鹿なのかな
[ 2022/08/05 21:07 ] [ 編集 ]
[ 221971 ]
ナニコレカワイイ
いや初めて見たけどマジカワイイじゃん
[ 2022/08/05 21:27 ] [ 編集 ]
[ 221972 ]
まぁかわいく描いてるなぐらいにしか思わなかったけど良いものなのか
[ 2022/08/05 21:45 ] [ 編集 ]
[ 221973 ]
俵屋宗達の白像図とかもめっちゃいい
デザインセンスにうなる
[ 2022/08/05 22:27 ] [ 編集 ]
[ 221974 ]
デザインセンスも無いだろ
絵を描かない奴ってこういう絵を褒めれば通ぶれると思ってんのか
可愛くしたいならもっと丸くすればいいし手足の書き方が気持ち悪い
作者はカエルが好きらしいけどカエルの良さが一個も無い
つまり下手
[ 2022/08/05 22:34 ] [ 編集 ]
[ 221975 ]
印象派ってそういうもんだよな
正しい写実じゃなくて自分の脳の中にある物体のイメージに近いもの
それが捉えられてる絵は似てなくても魅力がある
[ 2022/08/05 23:03 ] [ 編集 ]
[ 221976 ]
松本何時って言うの?
[ 2022/08/06 00:05 ] [ 編集 ]
[ 221977 ]
松本奉時
[ 2022/08/06 00:05 ] [ 編集 ]
[ 222005 ]
1800年代に庶民が絵を描く事が出来るかなって言ったら日本くらいだろうな、あとは中国の一部くらいか
[ 2022/08/06 19:54 ] [ 編集 ]
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク